キャタピラー

カーライフニュース - キャタピラー

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

キャタピラ ショベルローダ、エンジン停止のおそれ リコール

by 纐纈敏也@DAYS on 2019年09月06日(金) 10時45分

キャタピラージャパンは9月4日、ショベルローダ「926M」「930M」「938M」のエンジンコントローラ配線に不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。対象となるのは、2016年3月29日から2017年4月20日に輸入された150台。

エンジンコントローラ配線が不適切なため、配線と油圧ホースが干渉するものがある。そのため、配線被覆が摩滅、ショートし、警告灯が点灯して、最悪の場合、エンジンが停止するおそれがあ・・・

ニュースを読む

キャタピラー、バラ荷材向け「Cat 950 GC ホイールローダ」発売へ

by 纐纈敏也@DAYS on 2019年07月29日(月) 14時00分

キャタピラージャパンは、「Cat 950 GC ホイールローダ」を8月1日より発売する。

950 GC ホイールローダは、砕石、骨材、砂、チップ、石炭などのバラ荷材の積込みや横持作業用に専用開発したマシン。すでに市場導入している「950MZ」と同じ3.3〜3.4立方米クラスのラインアップに加わった。

新機種は、高い積込み性能と荷の保持性で評価を得ている「パフォーマンスシリーズバケット」を装着。また製品積込みやマス切り作業等、トラック・・・

ニュースを読む

キャタピラー、次世代ショベルカーの無人化施工デモを実施

by 丹羽圭@DAYS on 2019年07月10日(水) 12時30分

キャタピラージャパンは7月5日、次世代油圧ショベルによる無人化施工のデモンストレーションをメディア向けに行った。

今回行われた無人化施工デモは、キャタピラーの油圧ショベル『Cat320(キャット・サンニーマル)』を使って、掘削(くっさく)・積込作業を自動で行うもの。開発は大成建設と共同で行われており、今回のデモも三重県員弁郡にある大成建設の実験場で行われた。

建設現場を再現した実験場には、本日の主役であるCat320が待っていた。C・・・

ニュースを読む

キャタピラージャパンは、災害対応の迅速化に貢献する、Cat次世代油圧ショベル用リモートコンロールキット「Catコマンド」を2019年中に発売すると発表した。

Catコマンドのリモートコントロールにより、災害時や足場の悪い現場、人が立ち入ることができない危険作業区域で安全な作業が可能となる。操作は最大400m離れた場所からモニタ付きの専用コンソールを使って指1本で可能。運転席から現場を見ているような感覚で、掘る、積む、均すなどの油圧ショ・・・

ニュースを読む

キャタピラージャパン合同会社と大成建設は共同で、油圧ショベル『Cat 320』をベースマシンとし、掘削・積込などの作業を自動化する技術開発に着手した。一定規模の建設現場内で複数の建設機械を自動連携させた、無人化施工の実現が目標。

生産労働人口の減少や高齢化が社会問題となる中、建設産業においても、生産性の向上や人手不足の解消は大きな課題となっている。近年、国土交通省は、様々なICTの活用により建設現場の生産性を向上させる「i-Const・・・

ニュースを読む

キャタピラー、ショベルローダ816台をリコール 火災のおそれ

by 纐纈敏也@DAYS on 2019年04月20日(土) 13時45分

キャタピラージャパンは4月18日、ショベルローダ「914G2」などの電源リレーに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

対象となるのは「914G2」「924H」「924Hz」「924K」「926M」「930H」「930K」「930M」「938K」「938M」「950K」「962K」の12機種で、2011年12月9日〜2017年3月30日に輸入された816台。

電源リレーにおいて、キャップの材質が不適切・・・

ニュースを読む

日本キャタピラーは4月5日、日本科学未来館で開催中の企画展「『工事中!』〜立ち入り禁止!?重機の現場〜」にて、油圧ショベルで新元号「令和」と「平成」を書き上げる書道パフォーマンスを披露した。

今回のパフォーマンスを行ったのは、日本キャタピラーの総合研修施設「D-Tech Center」でデモンストレータとして働く、中 理絵氏。油圧ショベルのバケットの先ににつけた筆で「平成」の文字を書きあげた後、いよいよ「令和」へ。多くの来場客が見守る・・・

ニュースを読む

キャタピラージャパンは、8トンクラスの次世代油圧ショベル「Cat 308 CR(後方超小旋回型油圧ショベル)」および「Cat 308 SR(超小旋回型油圧ショベル)」を4月1日より発売する。

新機種は、業界初のテクノロジーを多数採用する次世代油圧ショベルだ。ジョイスティックレバーからの電気信号を元にコントロールバルブの各スプールの動き、油圧ポンプの吐出量を電子制御する次世代型油圧システムを採用。作業機のスピード、レバー反応速度を3段階・・・

ニュースを読む

キャタピラー、i-Construction対応の中型ブルドーザ「Cat D8T」を発売

by 纐纈敏也@DAYS on 2019年03月18日(月) 15時30分

キャタピラージャパンは、オフロード法2014年基準をクリアする、i-Construction対応中型ブルドーザ「Cat D8T」を発売した。

Cat D8Tは、ロックアップ機能付フルタイム自動変速パワートレインを採用。希望の車速をサムローラーで選択できるほか、ロックアップ機能でエンジンパワーをダイレクトにトランスミッションに伝達し、軽負荷作業時において最大11%の燃費低減を実現する。新型セミユニバーサルブレードは、ブレード容量を19%・・・

ニュースを読む

キャタピラー、i-Construction対応の次世代油圧ショベルを発売

by レスポンス編集部 on 2018年08月29日(水) 11時08分

キャタピラーは、現場に役立つテクノロジを結集したi-Construction対応の大型「次世代油圧ショベル」を8月31日に発売する。

今回発売する大型「次世代油圧ショベル」は、多種多様な現場のニーズに対応するため、約5年にわたりグローバルに市場調査を実施し、その結果を踏まえて開発した。i-Constructionに対応し「生産性」の高い「Cat336油圧ショベル」と、バランスを追求した「Cat336GC油圧ショベル」の2モデルで、両モ・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2018-2019
ただしがe燃費を使ってみるようです
e燃費アプリ

車レビュー

ぬ

変なところで実用性がある軽トラック

車種名:ホンダ アクティ
投稿ユーザー:ぬ***** さん
総合評価:

平成12年式のHA7初期型です。主に農作業に使用しています。 燃費は大体...[ 続きを見る ]

CF4152

燃費(通算37回目)

車種名:ホンダ シャトル (ハイブリッド)
投稿ユーザー:CF4***** さん
総合評価:

給油(通算37回目)を10/6に行いました。前回の給油から464.4km...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2019 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針