キャタピラー

カーライフニュース - キャタピラー

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

キャタピラージャパン合同会社は、建設現場の未来の働き方を提案するキャタピラー次世代マシン用の遠隔操作テクノロジ「CatCommand(Catコマンド)ステーション」を2022年に発売する。キャタピラージャパンが5月12日、発表した。

CatCommandステーションは、2020年に発売した油圧ショベル対応遠隔操作アタッチメント「CatCommand(Catコマンド)」を発展させた、遠隔操作ソリューションだ。次世代マシンに標準装備された・・・

ニュースを読む

キャタピラージャパンは、「Cat 315 GC」油圧ショベルを12月10日より発売した。

315 GCは、0.5立方メートルクラスの一般土木作業用に必要な掘る・積む・均すといった機能・性能に特化したシンプルな設計。旋回幅3.96メートルと優れた狭所作業性能を発揮し、スペースのない市街地などで活躍する。

新機種は、エンジン定格出力や油圧馬力の向上と電子油圧制御による作業負荷に応じた最適制御により、生産性向上と燃費低減を両立。作業負荷に・・・

ニュースを読む

キャタピラージャパンは、新型ホイールローダ、Cat『910』『914』『920』の販売を12月1日より開始した。

今回発売のCat910(バケット容量1.3立方米、運転質量7150kg)、914(バケット容量1.6立方米、運転質量8270kg)、920(バケット容量2.0立方米、運転質量9260kg)は、従来機『910M』『914M』『918M』からのフルモデルチェンジ機。オフロード法2014年基準に適合し、国土交通省低騒音型建設機械・・・

ニュースを読む

キャタピラージャパンは、次世代ブルドーザ、Cat『D1』『D2』『D3』を12月1日より発売した。

今回発売したCat D1(運転質量 乾地車:8100kg、湿地車:8545kg)、D2(運転質量 乾地車:8340kg、湿地車:8650kg)、D3(運転質量 乾地車:9360kg、湿地車:9895kg)の3機種で、従来機『D3K2』『D4K2』『D5K2』からのフルモデルチェンジ機。車格はそのままにモデル名の変更も実施した。

新機種・・・

ニュースを読む

キャタピラー、重機5台によるリアル「パックマン」を公開

by 纐纈敏也@DAYS on 2020年10月25日(日) 12時30分

キャタピラーは、「Catトライアルシリーズ」の新作動画「Catトライアル#9:パックマン」を公開した。

Catトライアルシリーズは、ブルドーザとの綱引きや巨大なジェンガ、砂のアートなど、人とCatマシンが数々のチャレンジに挑んできたビデオシリーズ。過去8作で合計1800万回以上の再生回数を記録している。4年ぶりのリリースとなった9作目では、キャタピラーの製品、テクノロジー、サービスを紹介しながら、キャタピラー95周年とパックマン40周・・・

ニュースを読む

京商は、米国キャタピラー社の建機を1/24スケールでリアルに再現した「CAT RC建機シリーズ」を発売した。

老舗のダイキャストカー製造メーカー「ダイキャストマスター」が手がけたこのモデルは、プラスチックモデルでありながらも、スケールクオリティの高さが特徴。組み立て不要の塗装済み完全完成車体で、2.4GHz送信機や走行用バッテリーなどもセットになっており、すぐに遊ぶことが可能。付属のコントローラーを駆使すれば、ブームやアーム、バケット・・・

ニュースを読む

キャタピラージャパンは、「キャタピラー・グローバルオペレータチャレンジ・アジア大会」を開催し、来年ラスベガスで行われる「グローバルオペレータチャレンジ世界大会」のファイナリスト3名を決定した。

アジア大会は11月19〜21日に埼玉県秩父市のD-techセンターで開催し、日本、東南アジア、中国の地域予選を勝ち抜いた33名が参加。競技はテクノロジを搭載した次世代油圧ショベル320、ホイールローダ950MZ、ミニ油圧ショベル308の3機種で・・・

ニュースを読む

「2019キャタピラー グローバルオペレーターチャレンジ アジア大会が21日、埼玉県の秩父D-Techセンターにて開催された。このイベントでは、重機オペレーターが最新の機器で、その操縦技術を競う。アジア大会では、東南アジア、中国、日本から各地の予選を勝ち抜いた33名が参加した。

オペレーターチャレンジは、もともとヨーロッパで開催されていたものだが、2019年よりアメリカ、アジアも大会に加わった。イベントの目的は、重機オペレーターの技術・・・

ニュースを読む

キャタピラ ショベルローダ、エンジン停止のおそれ リコール

by 纐纈敏也@DAYS on 2019年09月06日(金) 10時45分

キャタピラージャパンは9月4日、ショベルローダ「926M」「930M」「938M」のエンジンコントローラ配線に不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。対象となるのは、2016年3月29日から2017年4月20日に輸入された150台。

エンジンコントローラ配線が不適切なため、配線と油圧ホースが干渉するものがある。そのため、配線被覆が摩滅、ショートし、警告灯が点灯して、最悪の場合、エンジンが停止するおそれがあ・・・

ニュースを読む

キャタピラー、バラ荷材向け「Cat 950 GC ホイールローダ」発売へ

by 纐纈敏也@DAYS on 2019年07月29日(月) 14時00分

キャタピラージャパンは、「Cat 950 GC ホイールローダ」を8月1日より発売する。

950 GC ホイールローダは、砕石、骨材、砂、チップ、石炭などのバラ荷材の積込みや横持作業用に専用開発したマシン。すでに市場導入している「950MZ」と同じ3.3〜3.4立方米クラスのラインアップに加わった。

新機種は、高い積込み性能と荷の保持性で評価を得ている「パフォーマンスシリーズバケット」を装着。また製品積込みやマス切り作業等、トラック・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2019-2020
e燃費アプリ

車レビュー

NISMO:NE

e-powerからの乗り換えです。まだ500kmほどしか走行していないの...[ 続きを見る ]

A男

エンジン絶好調!

車種名:ホンダ シャトル (ハイブリッド)
投稿ユーザー:A男***** さん
総合評価:

購入から1年半が経過、走行距離も23000キロとなりエンジンは絶好調とい...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2021 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針