ヤンマー

カーライフニュース - ヤンマー

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

ヤンマー『X47エクスプレスクルーザー』、独iFデザインアワード受賞

by 纐纈敏也@DAYS on 2022年04月16日(土) 19時00分

ヤンマーのフラッグシップクルーザー『X47 エクスプレスクルーザー』が、ドイツの「iFデザインアワード2022」を受賞した。

iFデザインアワード」は、ドイツで1953年から続く世界で最も権威のあるデザイン賞の一つ。国際的なデザインの専門家が集まり、厳正で中立な審査基準に基づいて評価し、受賞デザインを選定している。

X47は奥山清行氏によるデザインの47フィートのクルーザーで、ヤンマーブランドのフラッグシップモデル。マリーナから高速・・・

ニュースを読む

ヤンマーグループは、3月31日から4月3日にパシフィコ横浜および横浜ベイサイドマリーナ、さらにオンライン(3月18日〜8月31日)で開催される「ジャパンインターナショナルボートショー2022」に出展する。

ヤンマー舶用システムは、パシフィコ横浜会場にて、フィッシングクルーザーの人気モデル『EX34A』『EX28C』、漁船・観光船・フィッシングなど幅広い用途に利用できる『ZD32G』の3艇を展示する。今回の展示では、新規オプションとして・・・

ニュースを読む

ヤンマー、グローバル向け産業用エンジンのインド新工場が稼働開始

by 纐纈敏也@DAYS on 2022年02月01日(火) 06時45分

ヤンマーホールディングスは、インドのタミル・ナドゥ州に建設した産業用小型エンジンの新工場の量産稼働を1月28日より開始した。

当初はインドトラクターメーカーITL社にて生産しているヤンマーブランドのトラクター向けなどに産業用エンジンを生産・供給し、2022度以降はグローバル市場に向けて展開していく。

急速に経済成長が進むインドをはじめとした新興国では、農業機械や建設機械の普及に伴い今後も産業用エンジンの需要拡大が見込まれている。同社・・・

ニュースを読む

ヤンマー、自動整地システム搭載の後方超小旋回ミニショベルを発売

by 纐纈敏也@DAYS on 2022年01月06日(木) 11時00分

ヤンマー建機(YCE)は1月5日、同社で初めてマシンコントロール機能を搭載した後方超小旋回ミニショベル『ViO30-6 ブレード3Dマシンコントロール(3DMC)仕様』を発売した。

新機種は『ViO30-6』をベースに、チルトアングルブレードと、自動整地システムを新たに搭載する。熟練者でなくても高精度な敷き均し作業が可能となったほか、丁張りも不要。小規模な駐車場や道路の補修工事等、日本国内特有の狭小な現場での効率的な整地作業に貢献する・・・

ニュースを読む

ヤンマー、トラクターなどの公道走行対応に伴う仕様変更実施へ

by 纐纈敏也@DAYS on 2021年12月27日(月) 16時00分

ヤンマーアグリ(YAG)は、農作業安全への取組みを強化するために、2022年1月1日より一部のトラクターと作業機にて公道走行対応に伴う仕様変更を行う。

直装式の作業機を装着したトラクターは、一定の条件を満たした場合には、公道での走行が認められている。

トラクターに作業機を装着した状態で全幅1.7mを超える場合は、左側ミラーの装着が必要となる。今回の仕様変更で、トラクター「YT1シリーズ」は従来オプションだった左側ミラーを標準装備する・・・

ニュースを読む

ヤンマーアグリジャパン(YAJ)は、国交省が推進する空港内緑地部の草刈自動化施工の導入にて、興和ビルメンテナンスを通して鹿児島空港へYTトラクター『YT488A ロボット仕様』を2台納入した。

空港着陸帯などの地表面には、航空機の安全な運用を目的に植生が施されている。着陸帯の維持管理費における草刈関係の割合は41%と高く、航空機の運行時間外での作業が中心となるため、時間的制約や対応者の確保などの課題があった。これらの課題に対して、アグ・・・

ニュースを読む

ヤンマー初の電動ミニショベル、プロトタイプのティザー動画公開

by 纐纈敏也@DAYS on 2021年11月25日(木) 06時15分

ヤンマー建機は、欧州向けに開発中で、ヤンマー初となる電動ミニショベル『SV17e』のプロトタイプのティザー動画を公開した。

SV17eは、欧州市場を対象とした1.5から2.0トンの電動ミニショベル。急速充電が可能なバッテリーを搭載し、ゼロエミッションに対応できるように設計している。

同機は、ドイツ・ミュンヘンにて開催される建設機械・資材の見本市「bauma 2022」(2022年10月24日〜10月30日)での製品公開を目指して、日・・・

ニュースを読む

ヤンマーパワーテクノロジー(YPT)は10月13日、燃料電池システムを搭載した実証試験艇を用いて、世界初となる船舶への70MPa高圧水素充填を実施。大阪・関西万博会場予定地と市内沿岸部の観光地を結ぶ航路での航行試験を行った。

今回の70MPa高圧水素充填は、豊田通商と共同で、特別に許可を得た高圧充填設備と新たに試作した長尺の水素充填ホース設備を使って実施。これまでの充填方式と比べて航続時間は3倍以上となり、より実運用に近い航行が可能で・・・

ニュースを読む

ヤンマーのミニショベル、「エコモード」を搭載

by 纐纈敏也@DAYS on 2021年09月05日(日) 07時15分

ヤンマー建機(YCE)は、後方超小旋回ミニショベルのロングセラーモデル『ViO17』の後継機として、燃費性、整備性を向上した『ViO17-1』を9月1日より発売した。

新機種は、エンジンの最大回転数を抑えることで標準モードと比べて作業時間当たりの燃料消費量を約23%削減する「エコモード」を搭載する。また、カットオフデセルレバーをONの状態でロックレバーを上げると、エンジン回転数をローアイドル状態に変更できる「カットオフデセル機能」を搭・・・

ニュースを読む

ヤンマーなど3社、舶用水素燃料エンジン共同開発に向け新会社設立

by 纐纈敏也@DAYS on 2021年08月06日(金) 15時00分

川崎重工業とヤンマーパワーテクノロジー、ジャパンエンジンコーポレーションの3社は、舶用水素燃料エンジンの共同開発を目指す新会社「HyEng株式会社」を設立したと発表した。

3社は2021年4月、日本の脱炭素化と海事産業・造船工業・舶用工業の発展に寄与すべく、純国産エンジンメーカーとしての技術を結集し、世界に先駆けて舶用水素燃料エンジンの共同開発に合意。また、共同出資の新会社HyEng設立についても基本合意し、その内容は2021年5月に・・・

ニュースを読む

EV充電スタンド検索
e燃費アワード2021-2022
e燃費アプリ

車レビュー

ずーくん

燃費に良くないACC(MT車限定?...

車種名:トヨタ ヤリス
投稿ユーザー:ずー***** さん
総合評価:

ACC(クルーズコントロール)を使わない方が燃費によさそうだと気づいたの...[ 続きを見る ]

リュウリュウ

10台目の新車

車種名:ホンダ ヴェゼル
投稿ユーザー:リュ***** さん
総合評価:

新車10台。中古車4台を乗ってきました。bBから5台目になりますが少しつ...[ 続きを見る ]

水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2022 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針