三菱ふそう キャンター

カーライフニュース - 三菱ふそう キャンター

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

三菱ふそうトラック・バス(MFTBC)は8月1日、ポルトガルのトラマガル工場にて、電気小型トラック『eキャンター』を生産開始したと発表した。

eキャンターは、2016年9月の独ハノーバーモーターショーで初公開したEV小型トラック。市内での配達などの利用を想定し、最大走行可能距離は100kmに設定。クリーンかつ静粛な配送を実現し、市街地での騒音や排出ガス問題に対する新たなソリューションを提供する。

日本では5月に川崎工場内に国内で初め・・・

ニュースを読む

三菱ふそう eキャンター、生産を開始…国産初の量産EVトラック

by 纐纈敏也@DAYS on 2017年07月12日(水) 18時00分

三菱ふそうトラック・バス(MFTBC)は、電気小型トラック『eキャンター』の生産を川崎工場にて7月より開始した。

eキャンターは、2016年9月の独ハノーバーモーターショーで初公開したEV小型トラック。市内での配達などの利用を想定し、最大走行可能距離は100kmに設定。クリーンかつ静粛な配送を実現し、市街地での騒音や排出ガス問題に対する新たなソリューションを提供する。eキャンターは国産初の量産電気トラックとして、9月に正式発表を予定し・・・

ニュースを読む

三菱ふそうトラック・バス(MFTBC)は、小型トラック『キャンター』の2017年モデルを6月29日より販売を開始した。

「キャンター」2017年モデル車両総重量7.5t超車は、4P10(T6)改良型エンジンを搭載し、平成28年排出ガス規制に適合。「キャンターEX」は従来のK尺車(4750mm)に、ホイールベース違いの2機種(G尺:3850mm、H尺:4300mm)を追加設定し、架装の充実性を図るとともに、用途に合わせた選択の幅を拡げた・・・

ニュースを読む

トラック大手メーカーの三菱ふそうトラック・バス株式会社は5月10日、神奈川県川崎市内にある同社の川崎工場に日本初のトラック用充電設備を2箇所設置(計8台分)し、同日公開した。

三菱ふそうトラック・バスは、2017年後半から世界初のEV小型トラック『eCanter』の販売を予定している。同車は川崎工場で生産され、日本をはじめ米国や欧州に納入される。小型トラックは、コンビニ業界や宅配便などに必要不可欠な物流の要。しかし騒音や環境への影響も・・・

ニュースを読む

三菱ふそう、米トラックショーでEV小型トラック eキャンター を出展

by 纐纈敏也@DAYS on 2017年03月23日(木) 18時34分

三菱ふそうトラック・バス(MFTBC)は、3月14日から17日に米インディアナポリスで開催された「NTEA ワークトラック・ショー」で、電気小型トラック『eキャンター』を出展した。

eキャンターは、昨年9月にドイツで開催されたハノーバーモーターショーで初公開されたEV小型トラック。市内での配達などの利用を想定し、最大走行可能距離は100kmに設定。クリーンかつ静粛な配送を実現し、市街地での騒音や排出ガス問題に対する新たなソリューション・・・

ニュースを読む

三菱ふそう キャンター、インドネシアで累計販売100万台達成

by 纐纈敏也@DAYS on 2017年03月17日(金) 04時15分

三菱ふそうトラック・バス(MFTBC)は3月16日、インドネシアで「コルトディーゼル」として販売する小型トラック『キャンター』が、1975年の発売以来、累積販売台数100万台を到達したと発表した。単一市場、単一商用車モデルの100万台達成は、商用車ブランドではFUSOが初となる。

三菱ふそうは1970年にインドネシア市場に参入し、翌年の車両発売以来、46年にわたりトップシェアを維持し続けてきた。コルトディーゼルは、インドネシアでの輸送・・・

ニュースを読む

三菱ふそうトラック・バスは12月8日、小型トラック『キャンター』などの巻込防止装置に不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

対象となるのは、ふそう『キャンター』、UDトラックス『カゼット』、日産『アトラス』の3車種で、2016年1月6日から11月1日までに製造された4199台。

小型トラックの巻込防止装置において、サイドガード取付金具とステーの溶接が不適切なものがある。そのため、当該部位の溶接が剥がれ・・・

ニュースを読む

ドイツ、ハノーバーで開催されるバス・トラックなど商用車のモーターショーである「IAA 2016」(ハノーバーモーターショー)において、ダイムラーは2つのEVトラックを発表した。

ひとつは三菱ふそうが開発した『キャンター』ベースの『eCELL』の第3世代となる「eキャンター」。もうひとつは、EV走行で200Kmまでの輸送を可能とする大型トラック『Urban eTrack』だ。

ダイムラーでは、年々強まる環境性能基準や社会の要求に対応す・・・

ニュースを読む

日本国内では『Canter E-CELL』の名前で知られている三菱ふそうの100%EVトラック。EUでも、ダイムラーの『Canter E-CELL』の名前で、2015年から5万km以上のフリートテストが行われている。2016年からは、ダイムラーの本社があるシュトゥットガルト市内において、自治体や企業の実証実験が始まっている。

自治体でCanter E-CELLを導入し、業務に活用する実験を行っているのは同市の産業廃棄物管理局(AWS)・・・

ニュースを読む

7月27日(現地時間)、ドイツのシュトゥットガルトで開催された「Daimler eTrucks Campus」では、100%EVの大型トラック(Urban eTruck)の発表に加え、ドイツでフリートテストが始まっている『E-CELL』に関するワークショップも行われた。

ワークショップでは、フリートテストの概要と、9月に開催されるIAA国際商用車ショーに公式発表されるE-CELL 第3世代に関する情報にも言及があった。

Canter・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2016-2017
ただしがe燃費を使ってみるようです
e燃費アプリ

車レビュー

武人

満タン法

車種名:トヨタ SAI
投稿ユーザー:武人***** さん
総合評価:

15.75km/lでした。 最近寒く暖房つけたり遠出しなかったのであまり...[ 続きを見る ]

yt527

燃費

車種名:トヨタ ピクシス エポック
投稿ユーザー:yt5***** さん
総合評価:

新型が欲しかったけどH14年式ワゴンRが壊れてH28年7月のDグレード新...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2017 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針