三菱ふそう キャンター

カーライフニュース - 三菱ふそう キャンター

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

三菱ふそう、電気小型トラック『eキャンター』を豪州市場に初投入

by 纐纈敏也@DAYS on 2021年04月08日(木) 20時00分

三菱ふそうトラック・バス(MFTBC)は4月8日、電気小型トラック『eキャンター』の豪州市場への投入開始を発表した。

eキャンターは量産型電気小型トラックの先駆けとして、3月31日に開催されたメルボルンでのイベントにて現地公開。豪州への初投入により、eキャンターは日本、欧州、北米に続く主要市場への展開を開始した。

豪州市場向けのeキャンターは、ポルトガルのトラマガル工場から完成車として輸出し、現在日本および欧州で販売されているモデル・・・

ニュースを読む

三菱ふそうトラック・バス(MFTBC)は、2021年施行の各種法規に合わせて小型トラック「キャンター」を改良し、3月より順次販売を開始する。

キャンターの改良モデルは、J-OBD II(車載式故障診断装置システム)および後部突入防止装置(RUP)を2021年9月施行に先行して装備。また「共通構造部型式指定制度」に全モデルで対応した。

東京地区販売価格は車型2RG-FEB50、4P10+(150ps)エンジン、6速デュオニック2.0、・・・

ニュースを読む

ダイムラー・トラックは2月19日、傘下の三菱ふそうトラック・バスの量産EV小型トラック『eキャンター』の世界納車台数が200台を超えた、と発表した。

eキャンターは、車両総重量7.5トンクラスの量産EV小型トラックだ。急速充電では最大約1.5時間、普通充電では最大約11時間の充電で、約100kmの航続を可能にしている。

電動パワートレインのモーターは、最大出力135kW、最大トルク390Nm。370Vの蓄電容量13.5kWhの高電圧・・・

ニュースを読む

三菱ふそうトラック・バスは12月16日、小型トラック『キャンター』などのブレーキに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

対象となるのは、キャンターのほか、日産『アトラス』、UDトラックス『カゼット』の計3車種で2017年3月1日から2020年2月27日までに製造された1万7482台。

対象車種は、前輪用ブレーキキャリパーのスライドピンにグリスが塗布されていないものがある。そのため、そのままの状態で使・・・

ニュースを読む

三菱ふそうが19日、新型『キャンター』を発表した。同社代表取締役社長 ハートムット・シック氏は発表会の質疑応答で商用車のCASE戦略・電動化戦略について質問に答える形で言及した。

キャンターは三菱ふそうの主力小型トラックだ。国内のみならず、海外にも展開するグローバルモデル。いすゞや日野など競合がひしめく国内小型トラック市場のシェアは20%ほどだが、インドネシアでは55%。台湾では45%と高いシェアを確保している。EU圏で19%、オース・・・

ニュースを読む

三菱ふそうトラック・バス(MFTBC)は10月19日、キャブデザインを一新した小型トラック、新型『キャンター』を世界に先駆けて国内で発表。11月より順次販売を開始する。

新型キャンターは、左死角に隠れた危険を警告する先進安全装置「アクティブ・サイドガード・アシスト」を小型トラックでは国内で初搭載した。走行中に車両左側の歩行者や車両をレーダーが感知。左操舵または左折ウィンカー操作に入ると警報音でドライバーに警告し、左折時の巻き込み事故や・・・

ニュースを読む

三菱ふそう『キャンター』が10年ぶりにデザインを一新。そこで今回のデザインに込めた思いや、現在同社のラインナップに取り入れられ始めたデザインモチーフ、“ふそうブラックベルト”について、担当デザイナーに話を聞いた。

◆デザインで買ってもらえないが、満足度にデザインは影響する

----:土出さんは先代に引き続き今回もキャンターのデザインを担当されました。今回はどのようにしてデザインが選ばれたのですか。

三菱ふそう商品本部デザイン部アド・・・

ニュースを読む

三菱ふそう『キャンター』がフルモデルチェンジし、10年ぶりにキャブデザインが一新された。

◆デザインの変遷をめぐって

新型キャンターのデザインを担当した、同社商品本部デザイン部アドバンスデザインマネージャーの土出哲之氏は、10年前に出た先代キャンターのデザインも手掛けている。「初めて自分のデザインが採用されて製品化されたクルマなので、とても思い入れがある」と述べ、2代続けての担当となったことを明かす。

三菱ふそうの製品は大型中型小・・・

ニュースを読む

三菱ふそうは19日、新型小型トラック『キャンター』を発表した。およそ10年ぶりにキャブデザインが一新、コネクテッドと安全運転支援に新しい装備が加わった。パワートレインなどに大きな変更はないが、これによって小型から大型までのラインナップの先進装備がほぼ統一されたことになる。

新しいキャブデザインは、「FUSOブラックベルト」と呼ばれる横長で大きいヘッドマークが特徴だ。『エアロクイーン』や『ローザ』(ともにバス)で採用されたデザインで、小・・・

ニュースを読む

三菱ふそうトラック・バス(MFTBC)は10月15日、ドイツの大手国際物流業者DBシェンカーへ電気小型トラック『eキャンター』の新型モデル36台を納車すると発表した。

DBシェンカーは140年以上の歴史を有し、世界の物流産業を主導する企業の一つ。2019年には、世界130か国のおよそ2100の拠点と7万6900人を超える従業員により総売上高170億ユーロ(約2超1000億円)を達成。総合ロジスティクスの主要なプロバイダーとして、4万5・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2019-2020
e燃費アプリ

車レビュー

みずか

良い車です。

車種名:三菱自動車 アイ
投稿ユーザー:みず***** さん
総合評価:

満タン法で、これまでの平均実燃費は17.07km/l(16~18.5km...[ 続きを見る ]

ミズガメ

CVTのエコラン方法

車種名:スバル レヴォーグ
投稿ユーザー:ミズ***** さん
総合評価:

スバル車を乗り継いで23年、燃費は諦め半分でした。 今は、新型レヴォーグ...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2021 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針