東京電力(東電)

カーライフニュース - 東京電力(東電)

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

三菱自動車など、EV/PHEVを活用したV2G実証事業を開始

by 纐纈敏也@DAYS on 2018年06月06日(水) 18時15分

三菱自動車など7社は、電気自動車(EV/PHEV)をバーチャルパワープラント(VPP)のリソースとして活用するV2G(Vehicle to Grid)実証事業を6月6日より開始した。

今回の実証事業は、経済産業省が公募した「平成30年度需要家側エネルギーリソースを活用したVPP構築実証事業費補助金(V2Gアグリゲーター事業)」の採択が決定したことに伴うもの。実証事業には、三菱自動車のほか、東京電力ホールディングス、東京電力エナジーパー・・・

ニュースを読む

東電グループ、EV・PHEV向け充電設備工事サービスを開始

by 纐纈敏也@DAYS on 2018年06月01日(金) 14時30分

東電グループのTEPCOホームテックは、電気自動車(EV)・プラグイン車(PHEV)への充電設備工事サービスを6月より開始した。

走行距離の短さや販売価格が長らく課題だったEVだが、技術改新やコスト減に加え、消費者の省エネニーズが重なったことで、今後は販売量の増加が予想される。これを背景に省エネ事業を広く展開するTEPCOホームテックは、EV・PHEVへの充電設備工事サービスを始動。まずは先行してカーディーラーと連携したEV・PHEV・・・

ニュースを読む

デロイトトーマツコンサルティング(DTC)、電力中央研究所(電中研)、東京電力エナジーパートナー(東電EP)、凸版印刷の4者は、省エネ行動を促すナッジ活用手法の確立に向けた大規模社会実証を実施、2017年度成果(速報)を発表した。

ナッジ(nudge)とは、英語で「そっと後押しする」という意味。ちょっとしたきっかけを消費者に与えることで、行動を促すという方法論だ。2017年ノーベル経済学賞を受賞したシカゴ大学の行動経済学者リチャード・・・・

ニュースを読む

SBドライブ、福島原発での自動運転EVバスの運行をサポート

by レスポンス編集部 on 2018年04月18日(水) 17時00分

ソフトバンクグループのSBドライブは、東京電力ホールディングスの福島第一原子力発電所に導入される自動運転EVバスの運行支援を開始した。

福島第一原子力発電所構内で使用されるバスは、ハンドルや運転席がないナビヤ製の自動運転EVバスで、4月18日から運行開始した。

SBドライブでは、ナビヤの自動運転EVバスを使用した実証実験で得た知見を生かして、自動運転を行うためのソフトウエアの設定やオペレーターの育成などを支援していく。

今夏には、・・・

ニュースを読む

ポルシェのPHEVモデルが東電「eチャージポイント」の対象車両に

by 纐纈敏也@DAYS on 2017年12月19日(火) 12時24分

ポルシェ ジャパンは12月19日、電動車両の普及促進活動の一環として、東京電力エナジーパートナーが展開する「eチャージポイント」の対象車両に全プラグインハイブリッドモデルが加入したことを発表した。

eチャージポイントは、東電が関東・中部・関西エリアに導入した新電気料金プラン(スタンダード、プレミアム、スマートライフ、夜トク)を契約した人が電動車両(電気自動車、プラグインハイブリッド車)を自宅で充電するとポイントが貯まる日本初のサービス・・・

ニュースを読む

日産自動車と東京電力ホールディングス(東電HD)は、12月13日から2018年1月末まで、電気自動車(EV)を活用したバーチャルパワープラント(仮想発電所・VPP)実証試験を開始すると発表した。

グローバルで大量普及が見込まれている再生可能エネルギーについて、現在、安定的かつ有効に活用するため、分散配置された利用者側リソースを統合制御するVPP構築事業が進められている。系統運用者の指令に従い、多数のEVの充放電を制御可能とすることで、・・・

ニュースを読む

タクシーが「動く基地局」、IoT見守りサービス…東京電力HDなど開始

by 纐纈敏也@DAYS on 2017年09月08日(金) 11時30分

ジャパンタクシー、ottaおよび東京電力HDの3社は、東電HDが提供するIoT見守りサービス「tepcotta(テプコッタ)」の「動く基地局」としてタクシーを活用するシステムを開発し、東京都渋谷区を中心に本格運用を開始した。

東電HDが提供するtepcottaは、ottaの持つIoT技術を活用し、ビーコンを搭載したキーホルダーなどの専用携帯端末を持つ高齢者や子どもの位置情報履歴を、家族や保護者などがスマートフォンやPCで把握できるIo・・・

ニュースを読む

東京電力ホールディングスは、オープン・イノベーションWebページ「TEPCO CUUSOO」で電気自動車(EV)を活用した新しい事業・技術アイデアと、アイデアを自ら実証実験する提案を広く募集する「EV活用アイデアコンテスト」を開催する。

優秀なアイデア提案者に対しては、合計で最大10台のEVを最長3年間無料で貸し出す。

東京電力グループはこれまで、温室効果ガス排出抑制をはじめとした環境への取り組みの一環としてEVの普及を推進してきた・・・

ニュースを読む

トヨタ自動車は、今冬発売する新型『プリウスPHV』にて、EVモード走行距離や自宅での充電量によって各種特典を受けることができる新サービス「PHVつながるでんきサービス」を東北電力、東京電力エナジーパートナー、中部電力、関西電力、四国電力の5社とそれぞれ共同で実施する。

新サービスは、新型プリウスPHVユーザーに、より長い距離をEVモードで乗ってもらうことで、クルマが環境に与える負荷を低減したいとの思いで企画。トヨタのコネクティッド戦略・・・

ニュースを読む

EV・PHVの保有でポイントが貯まる電気料金プラン 2017年2月から

by レスポンス編集部 on 2016年11月07日(月) 10時30分

東京電力エナジーパートナーは、電動車両(電気自動車、プラグインハイブリッド車)ユーザーを対象とした新たなポイントサービス「eチャージポイント」を2017年2月から開始すると発表した。

「eチャージポイント」は、関東・中部・関西エリアで、同社の新しい電気料金プラン(スタンダード、プレミアム、スマートライフ、夜トクの各プラン)に、契約者が対象車種である電動車両を保有する場合、ポイントが貯まる日本初のサービス。Webサイトからサービスに登録・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2017-2018
ただしがe燃費を使ってみるようです
e燃費アプリ

車レビュー

hasekou

友人達とフレアに4人乗車し荷物もフル積載で峠+高速道路を走行しました。約...[ 続きを見る ]

ときわ公園

実燃費29.1km/l

車種名:ホンダ フィット (ハイブリッド)
投稿ユーザー:とき***** さん
総合評価:

新車購入後1ヶ月弱で1500km走ってます。通勤は往復65kmで40km...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2018 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針