ソニー

カーライフニュース - ソニー

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

ソニーは10月23日、自動運転などの先進運転支援システム(ADAS)向け前方センシングカメラ用として、積層型CMOSイメージセンサー『IMX324』を開発した、と発表した。

このイメージセンサーは、1/1.7型で最も解像度が高い有効742万画素のRCCCフィルタを採用。従来比で約3倍の水平解像度を備えており、約160m先の交通標識の高精細な画像撮影を可能にする。

さらに低照度の環境では、感度をより高めるための画素加算モードを搭載。月・・・

ニュースを読む

ソニーは8月1日、2017年度第1四半期決算を発表した。それによると、売上高が前年同期比15.2%増の1兆8581億円、営業利益が同180.5%増の1576億円、当期純利益が282.1%増の808億円と大幅な増収増益を達成した。

特に営業利益については、10年ぶりに過去最高を更新。これは半導体事業が大幅に改善したことによることが大きい。なにしろ、前年同期の営業損益が435億円の赤字だったのが、554億円の黒字と約990億円も改善してい・・・

ニュースを読む

ドイツに本拠を置く自動車部品大手、ボッシュとソニーセミコンダクタソリューションズは5月29日、技術提携することで合意したと発表した。

今回の技術提携は、自動運転車の目として重要な新しいカメラ技術の分野において、ボッシュとソニーセミコンダクタソリューションズが協力するのが狙い。両社は今後、照度条件が厳しい環境でも、車両の周囲を確実に検知できる最先端の画期的なカメラ技術の開発を目指す。

例えば、暗い場所から明るい場所に出る場合や、その逆・・・

ニュースを読む

ソニーは、車載カメラ向けの1/2.7型有効245万画素CMOSイメージセンサー「IMX390CQV」を商品化し、2017年5月からサンプル出荷を開始すると発表した。

新イメージセンサーは、LED標識や信号機などの撮影時に起こるLEDのちらつき(LEDフリッカー)を抑える機能と、120dBの広いダイナミックレンジでの撮影を実現するHDR機能を搭載。独自の画素構造と露光方法により、LEDフリッカー抑制機能とHDR機能の同時利用を可能にした・・・

ニュースを読む

三菱自動車は、10月1日付でCIO(最高情報責任者)の役職位を新設し、ソニーコーポレートサービス情報システム部の車真佐夫執行役員をCIOに招聘する人事を決定した。

三菱自動車は2015年より、経営戦略の重要施策として、MMCグループ全体の購買、生産、販売、会計、経営に関わる業務プロセスを全体最適とすることを目的に、基幹システムの刷新に取り組んでいる。

車氏は基幹システム構築における経験・見識が豊富で、今後、三菱自動車が新システムへの・・・

ニュースを読む

2017年春に解体される銀座ソニービルで「これが最後の夏限定水族館」ともいわれる“Sony Aquarium”が始まった。ビル1階ソニースクエアには、沖縄の海をテーマにした14トンの巨大水槽が出現し、“沖縄在住の魚たち”が銀座・数寄屋橋交差点を泳ぐ(写真35枚)。

“ソニービル最後の夏”の7月15日〜8月28日の間で開催されるSony Aquarium。ソニービル全体が、「沖縄美ら海水族館」の監修によって“水族館化”。1階の巨大水槽に・・・

ニュースを読む

ソニー、米国の人工知能のスタートアップ企業に資本参加

by レスポンス編集部 on 2016年05月20日(金) 16時15分

ソニーは、米国子会社ソニー・コーポレーション・オブ・アメリカを通じ、人工知能(AI)に特化したスタートアップである米国コジタイに資本参加すると発表した。

コジタイと、ディープ・リインフォースメント・ラーニング(深層強化学習)技術に予測・検知技術を応用して、次世代の人工知能に関するアプリケーションや製品群の基礎となる、新たな人工知能技術を共同開発する。

コジタイは、2015年9月に強化学習の先駆者であるマーク・リング氏と、テキサス大学・・・

ニュースを読む

ZMPは、経済産業省が主催する第2回「日本ベンチャー大賞」で、経済産業大臣賞(ベンチャー企業・大企業等連携賞)を受賞したと発表した。

日本ベンチャー大賞とは、若者や起業家のロールモデルとなるような、社会的インパクトのある新事業を創出したベンチャー経営者を表彰し称える制度。挑戦することの重要性や起業家への評価を浸透させ、社会全体のチャレンジ精神を高揚させることを目的に2015年に創設された。

ZMPは2015年5月、DeNAと合弁会社・・・

ニュースを読む

実現するのはまだまだ先になりそうだが、近い将来、ライダーの視界をカメラ越しにするいう手段も選べるかもしれない。

ヤマハ発動機がソニーと共同開発しているスマートヘルメットは、カメラの映像をディスプレイに映し出し、そこにナビゲーションの案内やバックビューなど各種情報を表示するほか、人の目では見えづらい暗闇もクリアな視界に変えてしまうという。

音も外部に向けたマイクから集め、内蔵するスピーカーで聞く。たとえ音楽などを聴きながらでも、緊急車・・・

ニュースを読む

日本市場から撤退して久しいソニーのカーオーディオが、「XSP-N1BT」を1機種のみではあるが日産系の北陸地方(石川・富山・福井)ディーラーのみで8月末より発売を開始。これはソニー製カーオーディオが日本市場で復活する布石なのか。ソニー広報室と富山日産に問い合わせてみた。

結論から言えば、「ソニーが現時点でカーオーディオを日本市場で復活する予定はありません」(ソニー広報室)とのこと。ではどうして地域限定で、しかも日産ディーラーでのみ販売・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2016-2017
ただしがe燃費を使ってみるようです
e燃費アプリ

車レビュー

rs2000

のんびりゆったり走るクルマ

車種名:プジョー 508
投稿ユーザー:rs2***** さん
総合評価:

日本ではフルサイズに近いクルマ。1.6リッターターボで1.5t以上動かす...[ 続きを見る ]

smart-K

DA16T 四駆 5速AGS 30...

車種名:スズキ キャリイ
投稿ユーザー:sma***** さん
総合評価:

DA63Tより乗り換えで3000km 前は四駆3ATで燃費約10km/L...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2017 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針