ソニー

カーライフニュース - ソニー

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

ソニーは5日に開幕した「名古屋オートモーティブワールド」で、同社のイメージセンサーを活用した自動運転向けソリューションをアピール。「人の眼を超える」と掲げ、自動運転に必要な高感度CMOSイメージセンサーのデモンストレーションをおこなった。

ソニーはイメージセンサービジネスにおいて車載向けを注力領域とし、様々な商品をリリースしている。2018年1月のCESでは、同社が目指す安全性能を「Safety Cocoon(セーフティコクーン)」と・・・

ニュースを読む

ソニーとソニーペイメントサービスおよび都内タクシー会社5社は、2018年5月に準備会社として設立した「みんなのタクシー株式会社」について、本格的な事業展開を見据え、事業会社へ移行すると発表した。

みんなのタクシーに参画するタクシー会社は、グリーンキャブ、国際自動車、寿交通、大和自動車交通、チェッカーキャブ。現在、この5社は都内最大規模の1万台を超えるタクシー車両を所有しており、都内を中心に移動サービスを提供している。

同社では、ソニ・・・

ニュースを読む

JTBは、早稲田大学、渋川伊香保温泉観光協会、ソニー・ミュージックコミュニケーションズ(SMC)と共同で、漫画『頭文字D』とコラボした地域活性プロジェクトを伊香保温泉で7月2日(予定)より開始する。

群馬県渋川市にある伊香保温泉は、古くから多くの人々に愛されてきた、草津と並ぶ県を代表する名湯。急傾斜地に作られた石段の両側に、温泉旅館やみやげ物屋などが軒を連ねる。また周辺には『頭文字D』で主人公藤原拓海のホームコースのモチーフとなった聖・・・

ニュースを読む

ソニーは5月22日、2018〜2020年度の中期経営方針を発表した。自動車関連では、自動運転などに利用できるCMOSイメージセンサーを強化し、車載センシングなどの新しいアプリケーションを育てていく方針が示された。

中期経営方針では、半導体事業を重点的な成長を狙う分野に位置付け。ソニーが得意とするCMOSイメージセンサーを強化していく。ソニーのCMOSイメージセンサーは、携帯電話やカメラといったデジタルイメージング機器をはじめ、産業機器・・・

ニュースを読む

ソニーと都内タクシー6社、AI技術を活用した配車サービス開発へ

by 纐纈敏也@DAYS on 2018年02月20日(火) 19時00分

グリーンキャブ、国際自動車、寿交通、大和自動車交通、チェッカーキャブ無線協同組合、日の丸交通および、ソニー、ソニーペイメントサービスは2月20日、ソニーが持つ人工知能(AI)技術を活用した配車サービス事業についての意向確認書を締結した。

タクシー会社6社は現在、都内最大規模の計1万台を超えるタクシー車両を所有。2018年春に新会社を設立し、配車サービスアプリやサービスの開発・運営、タクシーデータの利活用などを行う計画だ。

ソニーは新・・・

ニュースを読む

ソニーは、カヌチャベイリゾートと新たな移動体験を提供する、ソニーの自動運転車「ニューコンセプトカートSC-1」を利用した「ムーンライトクルーズ」を期間限定で提供する。

ムーンライトクルーズは、日没後、カヌチャリゾート内のゴルフ場をSC-1に乗車できるサービス。

乗員には、車両をコントロールすることなく、高感度イメージセンサーが車内の高解像度ディスプレイに映し出す夜間の走行シーンをベースに、映像と音声の重畳によるエンタテインメントコン・・・

ニュースを読む

ソニーは1月9日、米国ラスベガスで開幕したCES2018において、新開発の車載向けイメージセンサーのコンセプトモデルを初公開した。

この車載向けイメージセンサーは、完全自動運転社会の実現に貢献するために開発したもの。このイメージセンサーが、「車の眼」の機能を果たすことを目指す。

日常の様々なドライブシーンにおいて、自動車の周囲360°を状況認知する技術が求められている。ソニーのイメージセンサー技術は、人間の眼よりも早く、確実かつ正確・・・

ニュースを読む

ソニーの情報発信拠点「ソニースクエア渋谷プロジェクト」は、渋谷モディ(東京都渋谷区)1階店頭プラザにて、プレイステーション4リアルドライビングシミュレーターゲーム『グランツーリスモスポーツ』のベストコードを競う、都市対抗のタイムアタックバトル『Sony Square Grand Prix』を実施する。

開催初日である今日は、SUPER GTで活躍する松田次生選手と、「鈴鹿サーキット」や「ツインリンクもてぎ」でのレース実況等で活躍するピ・・・

ニュースを読む

ソニーは10月23日、自動運転などの先進運転支援システム(ADAS)向け前方センシングカメラ用として、積層型CMOSイメージセンサー『IMX324』を開発した、と発表した。

このイメージセンサーは、1/1.7型で最も解像度が高い有効742万画素のRCCCフィルタを採用。従来比で約3倍の水平解像度を備えており、約160m先の交通標識の高精細な画像撮影を可能にする。

さらに低照度の環境では、感度をより高めるための画素加算モードを搭載。月・・・

ニュースを読む

ソニーは8月1日、2017年度第1四半期決算を発表した。それによると、売上高が前年同期比15.2%増の1兆8581億円、営業利益が同180.5%増の1576億円、当期純利益が282.1%増の808億円と大幅な増収増益を達成した。

特に営業利益については、10年ぶりに過去最高を更新。これは半導体事業が大幅に改善したことによることが大きい。なにしろ、前年同期の営業損益が435億円の赤字だったのが、554億円の黒字と約990億円も改善してい・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2017-2018
ただしがe燃費を使ってみるようです
e燃費アプリ

車レビュー

あにぃず

車中泊

車種名:ホンダ フリード (ハイブリッド)
投稿ユーザー:あに***** さん
総合評価:

ホビオから乗り換えの為、室内の広さは歴然。但し、長さは今一歩。もう100...[ 続きを見る ]

あにぃず

手元に来てから5ヶ月が過ぎました。距離も約4,500km。ごく普通だと思...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2018 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針