趣味

カーライフニュース - 趣味

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

国内にもいくつも存在する自動車博物館。貴重なクラシックカーもそういう場所では見学することは可能だ。しかし、当然そういうクルマは販売はしない。この「ノスタルジック2デイズ」の会場に持ち込まれたクルマの多くは実際に購入することも可能だ。

日本の自動車産業も、本格的な量産を介してからそろそろ半世紀を超えようとしている。近年では海外のオークションで非常に高価格で取引される日本車も珍しくなくなってきた。価値を世界が認め、コレクターの注目される存・・・

ニュースを読む

今年で9回目となる日本最大級の旧車トレードショー「Nostalgic2days(ノスタルジック2デイズ)」が、横浜市のパシフィコ横浜で開幕した。

約1万平方メートルの会場には全国から旧車を扱うプロフェッショナルが終結、車両はもちろん、パーツやグッズ、ホビー商品などが所狭しと並ぶ。すっかり旧車の恒例行事になったこのイベントを楽しみに待つファンも多く、会場の入り口には早くから大勢の来場者が列を作っていた。

2月18・19日の日程で開催さ・・・

ニュースを読む

旧車の祭典「ノスタルジック 2デイズ」が2月18日・19日の2日間、パシフィコ横浜で開催される。

ノスタルジック 2デイズは、芸文社発行の旧車専門誌「ノスタルジックヒーロー」「ハチマルヒーロー」「ノスタルジックスピード」の3誌がプロデュースする旧車イベント。パーツメーカーや車両販売店、レストアショップなど旧車に関わるショップが日本全国から出展し、車両やパーツの展示・販売などを行う。

今回は、1964年の第2回日本グランプリ「GT-I・・・

ニュースを読む

「東京インターナショナル・ギフト・ショー春2017」で圧倒的な存在感を示していたのは、ヘンロンジャパンが初披露したラジコン戦車と言っていいだろう。なにしろ1/6スケールで、銀色に輝いていたからだ。

ドイツ製「タイガーI型」をモデルにしたこの戦車は、素材がアルミと鉄のオールメタル製で重量がなんと150kg。しかも、弾も発射するという。とは言っても、スポンジような弾で、仮に人にあたってもほとんど痛くないそうだ。

「この戦車は中国にある親・・・

ニュースを読む

R31ハウス、全天候型ラジコンパークをオープン 2月12日

by 纐纈敏也@DAYS on 2017年02月02日(木) 18時45分

R31のストックを約400台保有する、スカイライン専門店「R31ハウス」(岐阜県・坂祝町)は、本社敷地内に全天候型ラジコンパークを2月12日にオープンする。

R31ハウスは1996年、7代目(R31型)スカイラインの専門店として開業。中古車販売、チューニング、レストアなどを手がけてきた。また、2010年には店舗内にキッズコーナーとしてラジコンサーキットを運営開始。競技用ラジコンシャーシの開発を手がけるなど、ラジコン事業にも力を注いでい・・・

ニュースを読む

「浜松〜名古屋間は降雪のため速度を落として運転。こだま号は最大で60分の遅れ」 今期最強寒波の到来で新幹線車内にそんなアナウンスが流れる1月15日、伊豆箱根鉄道バスで、箱根駅伝5区を走ると、通い慣れた登り坂で見せる運転士の技を見た。

センター試験2日目が行われたこの日、列島全体が強い寒波に覆われ、大雪の影響で開始時刻を繰り下げる会場が続発。神奈川県西部、小田原方での伊豆箱根バスや箱根登山バスも「降雪でルートの途中が通行止めとなったら運・・・

ニュースを読む

横浜ゴムは創業100周年を記念し、2017年秋に「ADVAN HF タイプD」を2017年秋に復活発売し、ヒストリックカー向けタイヤ市場に参入すると発表した。

1981年に発売したADVAN HF タイプDは、レーシングスリックタイヤにディンプルを施したトレッドデザインを片側に採用した斬新な商品性と優れた走行性能で高い評価を得た。後にポルシェが新車装着するなど1980年〜1990年代に国内外でYOKOHAMAの名を高めた商品のひとつだ・・・

ニュースを読む

大都市近郊で、アパート住まいとなるとクルマと一緒に暮らすというのは、なかなかハードルが高いもの。しかしそれだけにあこがれる人は少なくない。また、普段乗るクルマとは別に趣味の一台を持つとなると、これもなかなか保管場所を探すのは一苦労である。

そんなニーズもあって、現在首都圏を中心に展開する賃貸ガレージハウス「GarenT(ガレント)」は、入居募集を開始するとたちまち満室になる。ガレントを展開する株式会社ガレントコーポレーションの内津氏曰・・・

ニュースを読む

Vツインエンジンが代名詞ともなっているハーレーダビッドソンだが、かつてはそうでないモデルもあったことが、『ハーレーダビッドソン ミュージアム』(アメリカ・ミルウォーキー)を訪れると知ることができる。

まずは1981年の『NOVA PROJECT』。大柄なフェアリングを持つ車体に搭載されるエンジンが、水冷式のV型4気筒だから驚く。ハーレー初の水冷エンジンといえば、2001年にデビューした『V-ROD』だが、V-RODはV型2気筒エンジン・・・

ニュースを読む

栃木県佐野市の佐野駅前交流プラザなどで1月8日、新春を飾る「佐野ニューイヤークラシックカーミーティング」が開催された。

佐野商議所などが主催する「さの新春うんめぇもんまつり」と共催する旧車イベントで、今年で3回目。地元栃木県を始め関東一円から103台のエントリーがあった。主催は佐野ニューイヤークラシックカーミーティング実行委員会(吉崎勝委員長)。

車両の参加資格は、2000年までに生産された国産車・外国車。「全日本ダットサン会」や「・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2015-2016
ただしがe燃費を使ってみるようです
自動車保険一括見積もり

車レビュー

inakappoi

e-powerじゃない方

車種名:日産 ノート
投稿ユーザー:ina***** さん
総合評価:

e-powerかノーマルか悩んで、初期費用の安いノーマルにしました。 価...[ 続きを見る ]

ささきこじろう

山道でもパワフル

車種名:ホンダ ヴェゼル (ハイブリッド)
投稿ユーザー:ささ***** さん
総合評価:

ヴェゼルを購入して初めての山道ドライブに行ってきた。 ◯◯山ドライブウェ...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2017 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針