タカタ

カーライフニュース - タカタ

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

ステイホームで我慢するのは、もはや限界なのか。東京など19都道府県に緊急事態宣言が延長されている中でのシルバーウィークの3連休だったが、各地で人流が増加。連休最終日(9月20日)の首都圏の高速道路では、行楽地からUターンするマイカーなどで夜遅くまで長い列の渋滞が続いたという。

きょうの朝日や産経などが報じているが、日本道路交通情報センターによると、東名高速では午後8時時点で、綾瀬スマートインターチェンジ(神奈川県綾瀬市)を先頭に約44・・・

ニュースを読む

BMW 3シリーズ、タカタ製エアバッグで3万5000台を再リコール

by 纐纈敏也@DAYS on 2020年03月03日(火) 17時45分

ビー・エム・ダブリュー(BMWジャパン)は3月3日、『3シリーズ』18車種につて、エアバッグ装置(インフレータ)に不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

対象となるのは、「316ti」、「318i」、「318iツーリング」、「318Ci」、「318Ti」、「320i」、「323i」、「325i」、「325iツーリング」、「328i」、「328Ci」、「330i」、「330xi」、「330Ci」「330C・・・

ニュースを読む

三菱自動車、マツダ、スズキ、三菱ふそうトラック・バスは1月30日、合計21車種、約7万台について、運転席側のタカタ製エアバッグが正常展開しないおそれがあるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

タカタ製エアバッグについては、ガスを発生するインフレータが異常破裂し、金属片が飛散する不具合が発生しているため、2009年以降、各メーカーがリコールを実施してきた。しかし、これまでと違うタイプのインフレータを用いたエアバッグ・・・

ニュースを読む

タカタ製エアバッグのリコール未改修車 車検通さない措置を拡大

by レスポンス編集部 on 2020年01月29日(水) 10時15分

国土交通省は1月28日、タカタ製エアバッグのリコール改修を促進するため、未改修車を車検で通さない措置の対象を2020年5月1日から順次拡大すると発表した。

タカタ製エアバッグは、異常破裂し、金属片が飛散する不具合が発生しているため、2009年以降、総台数2106万台(2019年11月末時点)のリコールを実施している。これらのリコール対象車のうち、特に異常破裂する危険性の高い車両で未改修のものを対象に2018年5月1日から車検で通さない・・・

ニュースを読む

SUBARU(スバル)は1月16日、『インプレッサ』および『レガシィ』のエアバッグ装置(インフレータ)に不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

対象となるのは、2004年1月6日から2007年10月22日に製造されたインプレッサ1万2611台と、2003年4月24日から2004年2月2日に製造されたレガシィ218台。

対象車両は、助手席用エアバッグのインフレータ(膨張装置)において、ガス発生剤の吸湿防・・・

ニュースを読む

国土交通省は12月6日、タカタ製エアバッグ・インフレータの異常破裂が原因と疑われる死亡・重症事故が豪州で発生したことを受けて、自動車メーカーなど、7社に対して、早急に原因究明とリコールなどの市場措置の要否について検討し、結果を報告するよう指示した。

タカタ製エアバッグ・インフレータについては、ガスを発生するインフレータが異常破裂し、金属片が飛散する不具合が発生しているため、2009年以降、リコールを実施している。

豪州でタカタ製エア・・・

ニュースを読む

タカタの社員9人にインサイダー取引で課徴金納付命令

by レスポンス編集部 on 2019年03月01日(金) 17時26分

証券取引等監視委員会(金融庁)は3月1日、欠陥エアバッグ問題で経営破たんしたタカタの社員9人がインサイダー取引をしていたとして、課徴金納付命令を出すよう金融庁長官に勧告したと発表した。

調べによるとタカタの社員9人は、タカタの業務執行を決定する機関がキー・セイフティー・システムズ(KSS)に事業を譲渡する決定を職務上知りながら、これが公表される前にタカタ株式を売却した。タカタは経営破たんし、2017年7月27日に上場廃止となった。

・・・

ニュースを読む

トヨタ ノア など22車種29万8000台を再リコール タカタ製エアバッグ

by 纐纈敏也@DAYS on 2018年11月02日(金) 10時26分

トヨタ自動車は11月1日、『ノア』など22種29万8445台について、タカタ製エアバッグを原因とする再リコールを(回収・無償修理)を国土交通省に届け出た。

対象となるのは、『ノア』『ヴォクシー』『カローラ』『カローラ ランクス』『カローラフィールダー』『アレックス』『マークII』『マークIIブリット』『ヴェロッサ』『アルファードG』『アルファードV』『イプサム』『プロボックス』『サクシード』『ブレビス』『ガイア』『WiLL VS』『W・・・

ニュースを読む

東京商工リサーチは、エアバッグ大手・タカタ倒産から1年が経過した6月25日、国内取引先の連鎖倒産はゼロだったことを発表した。

タカタの倒産は負債総額1兆5024億円(申請当時)に達し、製造業では戦後最大の大型倒産となった。タカタは国内で滋賀県と佐賀県に2工場を開設し、国内仕入先は延べ745社(1次・2次合計)。倒産による影響を最小限に抑えるため、部品供給などに関わる重要な取引先には全額弁済し、それ以外の債権者には民事再生手続に則り、債・・・

ニュースを読む

タカタ製エアバッグの改修率88.4% 2018年3月末現在

by レスポンス編集部 on 2018年04月26日(木) 10時30分

国土交通省がまとめたタカタ製エアバッグのリコール改修状況によると、2018年3月末現在の改修率は88.4%だった。

タカタ製の欠陥エアバッグは異常破裂して金属片が飛び散って乗員が死傷する可能性があるため、リコール対象車両の改修実施の徹底に力を入れている。

2018年2月までに届け出たタカタ製エアバッグのリコール対象台数は、原因が特定されたリコールが254万0756台、予防的リコールが1653万8018台で、合計1907万8774台。・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2020-2021
e燃費アプリ

車レビュー

akkumagai

車両はスズキハスラーのOEMであり、(色々な意味で)多分何も心配はないだ...[ 続きを見る ]

小春日和

11年前の新車を購入

車種名:トヨタ プリウス
投稿ユーザー:小春***** さん
総合評価:

まだまだ現役です。 子供が巣立ってミニバンを卒業。 アクアラインを良く使...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2021 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針