ルノー カングー

カーライフニュース - ルノー カングー

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

ルノー・ジャポンは5月13日に開催された“第10回カングージャンボリー”において、『カングー』の限定車、『カングー・クルール』を発表した。発売は24日からで、2色合わせて200台の限定となる。

◇今年のクルールは山でバカンス

クルールはフランス語でカラーを意味し、カングーの日本独自の限定車として特別なカラーを仕立て、毎年のように発売している。

今年のクルールは山をコンセプトに、ヴェールモンターニュとブルーシエルの2色を用意。ヴェー・・・

ニュースを読む

ルノー・ジャポンは、5月13日に山中湖で開催されるファンミーティング「ルノーカングージャンボリー2018」にて、ヴァカンスをイメージした『カングー』の限定車を発表する。

ルノーカングージャンボリーは、2009年にスタートした、カングーをはじめとするルノー車オーナーのためのファンミーティング。当日はステージイベントやマルシェ、フリーマーケットなど、楽しいコンテンツを予定。昨年のジャンボリーには、カングー1243台を含む1977台、総勢4・・・

ニュースを読む

ルノー・ジャポンは、ペットとのドライブが楽しめる装備を搭載した特別仕様車『カングー・ウィズ・ペット』を5月10日から10台限定で発売する。

カングー・ウィズ・ペットは、「カングー・ゼンEDC」をベースに、ペットオーナーの視点で選んだ各種快適装備を搭載。SDナビゲーションは操作が容易で、目的地までの最適なルートを選び出し、ペットの負担を減らすだけでなく、ドライバーにペットとのドライブを楽しむゆとりをもたらす。また専用ロゴ入りシートカバー・・・

ニュースを読む

ルノー カングー、6000台をリコール 燃料ホースやECUに不具合

by 纐纈敏也@DAYS on 2018年03月16日(金) 17時17分

ルノー・ジャポンは3月16日、『カングー』の燃料ホースおよびエンジンコントロールユニット(ECU)に不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

エンジンルーム内の燃料ホースの長さが不適切なため、走行中の振動により燃料ホースとエンジンマウントが干渉するものがある。そのため、そのままの状態で使用を続けると、燃料ホースが摩耗し、最悪の場合、燃料が漏れるおそれがある。

対象となるのは2013年10月18日〜201・・・

ニュースを読む

10回目のルノーカングージャンボリー 5月13日に山中湖で開催

by 纐纈敏也@DAYS on 2018年03月13日(火) 18時15分

ルノー・ジャポンは、『カングー』オーナーが全国各地から集結するファンミーティング「ルノーカングージャンボリー2018」を、5月13日に山中湖交流プラザ「きらら」にて開催する。

ルノーカングージャンボリーは、2009年にスタートした、カングーオーナーのためのファンミーティングで、今年で10回目の開催となる。2017年の第9回ジャンボリーには、カングー1243台を含む1977台、総勢4226名が参加した。

例年はステージイベントやマルシ・・・

ニュースを読む

ルノー・ジャポン、カングーなど4モデルを4月2日より値上げ

by 纐纈敏也@DAYS on 2018年03月04日(日) 19時00分

ルノー・ジャポンは、日本で販売する一部ルノー車のメーカー希望小売価格を4月2日より改定すると発表した。

対象となるのは『トゥインゴ』(GT除く)、『ルーテシア』、『メガーヌ』、『カングー』の4車種。「トゥインゴ インテンス」が5万円アップの194万円、「ルーテシア インテンス」が5万円アップの234万円、「メガーヌ GT」が5万9000円アップの339万9000円、「カングー ゼン」が9000円アップの259万9000円など。

なお・・・

ニュースを読む

いかにしてこのクルマで遊ぶか。日本ではルノー『カングー』を自分のライフスタイルに取り込んで、それをどう活かすかをまるで競うようで、それがこのクルマの販売を押し上げている。

それはヨーロッパのTVにも取り上げられるほど。まさにカングー現象とでも言いたくなる状況だ。とはいえ、2代目の現行モデルが誕生したのは2007年だから、もう10年選手。決して新しさはない。使われているプラットフォームもCプラットフォームという、日産との共同開発で誕生し・・・

ニュースを読む

ルノー・ジャポンは、日本オリジナルカラー『カングークルール』の第7弾として、ハロウィンを彩るオレンジカラーのモデルを60台限定で10月19日より発売する。

フランス語で色を意味する「クルール」を車名に持つカングークルールは、日本オリジナルのボディカラーで彩った限定車。第7弾となる今回は、秋の実りを想わせ、そしてハロウィンの時期には欠かせない飾り物として街中を彩る、鮮やかなオレンジのカボチャをイメージした。

ボディカラー名の「オランジ・・・

ニュースを読む

ルノー カングー、F1カラーの限定モデル発売…30台

by 纐纈敏也@DAYS on 2017年10月12日(木) 19時30分

ルノー・ジャポンは、ルノーF1参戦40周年を記念した日本限定の特別仕様車、ルノー「カングー フォーミュラ エディション」を10月12日より30台限定で発売する。

ルノーは創業以来、モータースポーツで数々の栄光を勝ち取り、1977年に参戦を開始したF1でも多くの勝利を収めてきた。今回発売するフォーミュラ エディションは「カングー ゼン EDC」をベースに、40年にわたるルノーのF1参戦を支えるモータースポーツへのパッションが込められた限・・・

ニュースを読む

ルノー カングー に限定車…「原点回帰」で即完売

by 内田俊一 on 2017年09月16日(土) 16時15分

ルノー・ジャポンは『カングー ラ・タント・イレーズ』を9月14日より60台限定で販売を開始した。価格は274万円。

◇原点に立ち返った限定車

最近のカングーの限定車はマニュアル投入やカラー変更等が多かったが、今回の限定車はEDCであることを踏まえ、「まずは原点に立ち返ろうと考えた」とコメントするのは同社プロダクトプランニング部の近棟信邦氏。

カングーのコンセプトはルドスパス、遊びの空間だ。そこで、現在カングーはどのように使われてい・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2017-2018
ただしがe燃費を使ってみるようです
e燃費アプリ

車レビュー

FD乗り

燃費と感想

車種名:スズキ ソリオ(ハイブリッド)
投稿ユーザー:FD乗***** さん
総合評価:

走行距離4600kmの実績、感想。(下記燃費は車載メーター。エコモード、...[ 続きを見る ]

スピードバード

想像以上の燃費

車種名:トヨタ ハリアー
投稿ユーザー:スピ***** さん
総合評価:

千葉から実家のある大阪まで大人2名乗車+エアコン常時ON+荷物約20kg...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2018 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針