ホンダ インサイト

カーライフニュース - ホンダ インサイト

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

◆生産終了、3代目インサイトを「さよなら試乗」
ホンダのCセグメントコンパクトセダン、第3世代『インサイト』。1999年に燃費性能ナンバーワンを掲げてデビューしたAセグメントの第1世代、2009年に打倒『プリウス』を目指して発売されたBセグメントの第2世代と2代続けて空振りの末、終売。第3世代はアメリカ市場を主眼としたオーソドックスなCセグメントセダンとして2018年に復活したモデルだが、目論見はまたもや外れ、『シビック』のハイブリッド・・・

ニュースを読む

ホンダ(Honda)の米国部門は4月14日、『インサイト』(Insight)の米国生産を6月に終了すると発表した。第3世代の現行インサイトは、2018年の発売以来、7万台以上を販売してきたが、米国での販売に幕を下ろす。

今回の発表は、北米でのホンダの電動化戦略の次のステップになるものだ。ホンダは『CR-V』、『アコード』、そして、将来的には『シビック』の主力3車種のハイブリッド車の販売増に注力していく。これら3車種に集中するために、ホ・・・

ニュースを読む

ホンダおよび英国ホンダは3月25日、『CR-V』など4車種について、燃料ポンプに不具合があるとして、再度リコール(回収・無償修理)を国土交通省へ届け出た。

対象となるのは『CR-V』、『インサイト』、『シビック』、『レジェンド』の4車種で、2019年1月7日〜2020年2月19日に製造された2万6355台。

低圧燃料ポンプのインペラ(樹脂製羽根車)にて、成形条件が不適切なため、樹脂密度が低くなって、燃料により膨潤して変形することがあ・・・

ニュースを読む

ホンダおよびタイホンダは12月17日、『インサイト』と『アコード』のDC-DCコンバータ(電圧変換装置)に不具合があるとして、リコール(回収・無償修理)を国土交通省へ届け出た。

対象となるのは2019年9月9日〜2020年3月31日にホンダが製造したインサイト 2100台と、2019年12月18日〜2020年9月23日にタイホンダが製造したアコード 2703台。

対象車種はパワーコントロールユニットのDC-DCコンバータにおいて、バ・・・

ニュースを読む

無限(M-TEC)は、ホンダから発表された『インサイト』改良新型に対して各種パーツを設定し、順次全国のホンダカーズおよび無限パーツ取扱店で発売する。

インサイト用無限パーツは、「Intelligent Middle Sedan」をコンセプトに、フロントマスクをスタイリッシュに引き締める「フロントグリルガーニッシュ」や、「フロントアンダースポイラー」、「サイドガーニッシュ」、「リアアンダースポイラー」などの各種エアロパーツを設定した。ス・・・

ニュースを読む

ホンダアクセスは、改良新型『インサイト』の発売に伴い、純正アクセサリーを5月29日より全国のホンダカーズにて販売を開始した。

インサイト用の純正アクセサリーとして、ホンダのミドルサイズセダンにふさわしい洗練されたスポーティさと、上質感のあるカスタマイズが可能なアイテムをラインアップした。

エクステリア用アクセサリーは、新たに追加されたEXプライムスタイル専用ボディカラー「シルバーミストグリーン・メタリック」に対応する「トランクスポイ・・・

ニュースを読む

ホンダ インサイト 改良新型、新グレード追加でラインアップ拡充

by 纐纈敏也@DAYS on 2020年05月29日(金) 11時30分

ホンダは、ハイブリッド専用車『インサイト』をマイナーモデルチェンジし、5月29日より発売する。

3代目インサイトは、2018年12月の発売以来、シンプルかつ魅力的なローワイドなデザインや、1.5リットル e:HEVがもたらす力強い走り、ハイブリッド車であることを感じさせない居住空間、容量519リットルのトランクルームといった使い勝手などで好評を得てきた。

今回のマイナーモデルチェンジでは、これまでのデザインや走り、使い勝手の良さはそ・・・

ニュースを読む

ホンダは5月28日、『CR-V』など4車種について、燃料ポンプに不具合があるとして、リコール(回収・無償修理)を国土交通省へ届け出た。

対象となるのは『CR-V』、『インサイト』、『シビック』、『レジェンド』の4車種で、2018年6月4日〜2019年6月28日に製造された1万2427台。

低圧燃料ポンプのインペラ(樹脂製羽根車)にて、成形条件が不適切なため、樹脂密度が低くなって、燃料により膨潤して変形することがある。そのため、インペ・・・

ニュースを読む

ホンダ インサイト に2021年モデル、米国市場で発売

by 森脇稔 on 2020年03月25日(水) 19時30分

ホンダの米国部門は3月23日、『インサイト』(Honda Insight)の2021年モデルを発表した。3月24日に販売を開始している。

現行インサイトは、1999年に米国で初のハイブリッドモデルとして発売された初代から数えて、3世代目モデルとなる。2018年に、およそ4年ぶりに復活を果たした。ホンダの乗用車ラインナップでは、『シビック』と『アコード』の間に位置する5名乗りのセダンとなる。

◆新色のレッドと安全装備が充実

インサイ・・・

ニュースを読む

ホンダのハイブリッドサルーン『インサイト』第3世代で4150kmツーリングする機会を得た。前編では主にシャシーのドライブフィールについて述べた。後編はパワートレインの話から入っていこうと思う。

◆余裕のパワーとウルトラスムーズネスを見せた


インサイトのパワートレインは「i-MMD」と名づけられた2モーター式ハイブリッド。最高出力80kW(109ps)、最大トルク134Nm(13.7kgm)を発生する1.5リットルミラーサイクルエン・・・

ニュースを読む

EV充電スタンド検索
e燃費アワード2021-2022
e燃費アプリ

車レビュー

otou

3か月で5000km 初めてのオイル交換をしました 燃費は21km/L ...[ 続きを見る ]

たつろう

納車しました

車種名:トヨタ シエンタ (ハイブリッド)
投稿ユーザー:たつ***** さん
総合評価:

2023年1月に納車しました。 発売前8月19日に契約してから5か月ちょ...[ 続きを見る ]

水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2023 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針