BMW 5シリーズ

カーライフニュース - BMW 5シリーズ

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

BMW 5シリーズ 改良新型、プロトタイプの画像 5月27日発表

by 森脇稔 on 2020年05月21日(木) 07時30分

BMWは5月18日、改良新型『5シリーズ』(BMW 5 Series)を5月27日、韓国でワールドプレミアすると発表した。

現行5シリーズは7世代目モデルで、2017年1月にデトロイトモーターショー2017で、セダンがワールドプレミアされた。より軽く、よりダイナミックに、さらに経済的かつ完全にコネクテッドした車を目指して開発された。軽量化に関しては、アルミや高張力スチールの使用を拡大し、従来型比で最大100kgの軽量化を達成した。

・・・

ニュースを読む

戦闘態勢は万全!BMW M5 改良新型、新デザインもくっきりと

by Spyder7編集部 on 2020年05月16日(土) 12時00分

BMWが開発中とみられるハイパフォーマンスセダン『M5』改良新型の姿を、これまでで最も鮮明にカメラが捉えた。ベースとなる『5シリーズ』はこの5月中に改良新型が発表される予定で、M5の登場も期待されている。

ニュルブルクリンクに出現した最新のプロトタイプは、視覚を惑わすサイケデリックなステッカーが前後にはられているだけの状態だ。『4シリーズ』のような特大グリルは持たず、VW『ゴルフ』にも似た新グラフィックのLEDデイタイムランニングライ・・・

ニュースを読む

BMWグループのオリバー・ツィプセCEOは5月14日、ドイツで開催されたデジタル年次株主総会において、改良新型『5シリーズ』(BMW 5 Series)を、今後2週間以内に初公開すると発表した。

現行5シリーズは7世代目モデルで、2017年1月にデトロイトモーターショー2017で、セダンがワールドプレミアされた。より軽く、よりダイナミックに、さらに経済的かつ完全にコネクテッドした車を目指して開発された。軽量化に関しては、アルミや高張力・・・

ニュースを読む

車の質が変わるBMW静音施工。音響メーカーFOCAL「BAM」の実力

by 土田康弘 on 2020年05月10日(日) 22時00分

静粛性の高さはクルマの質感を大きく左右するポイント。車内空間の空気感さえも変えてしまう静粛性アップだが、今回はFOCAL(フォーカル)の「BAM」(バム)をBMWの『5シリーズ』に施工。施工のポイントや実際の効果についてリポートしていくこととしよう。

◆クルマの質感さえも左右する
静粛性向上のデッドニング材を使う

クルマの乗り味や質感などを左右するひとつの要素が静粛性だ。高級車になればなるほど車内は静かで、ドアを閉めた瞬間に外界とは・・・

ニュースを読む

BMWが現在開発を進めている『5シリーズ』改良新型の最新プロトタイプ2台をキャッチした。

BMWのLCI(フェイスリフト)は、発売から3〜4年後に行われる。現行型5シリーズは、2016年10月発表され、2017年初頭に発売されているので、まさにそのタイミングといえそうだ。

今回捉えた2台のプロトタイプだが、黒いボディのナンバー「1824」と比較して、青いボディのナンバー「1850」は、フロントには大型のハニカムメッシュエアインテーク・・・

ニュースを読む

フォーカルのBMW専用サブウーファーがリニューアル。質感&量感を備えた低音再生ユニットが加わって、BMW専用キット群の充実度がさらにアップした。新サブウーファーと同社のスピーカーキットを取り付けた『5シリーズ』で、その実力をチェック。

◆トレードイン取り付けで高音質化が可能な
BMW専用キットに新型サブウーファーが登場

FOCAL(フォーカル)が力を入れる車種別専用キットは気軽な取り付けで高音質を得られ、従来のトレードインスピーカ・・・

ニュースを読む

BMWは『5シリーズ』の改良新型を開発中だが、そのハイパフォーマンスモデルとなる『M5セダン』の最新プロトタイプをカメラが捉えた。

これまでで最もカモフラージュが薄い状態で捉えたプロトタイプは、アウトラインに角のあるアクセントを持たせた新形状のグリルが見てとれる。しかし『4シリーズ』新型に採用されるであろう特大グリルではない、標準サイズであることも確定した。

またアウディ『TT』やVW『ゴルフ』にも似た新グラフィックのLEDデイタイ・・・

ニュースを読む

BMWのEセグメントプレミアムラージ『523d M Sport』で1500kmほどツーリングする機会があった。前編はシャシーの動的質感について述べた。後編はまずパワートレインから入っていこうと思う。

◆まだまだ一級品のパワートレイン


パワートレインは2リットル直4DOHCターボディーゼル+8速ATの組み合わせ。エンジン性能は最高出力140kW(190ps)/4000rpm、最大トルク400Nm(40.8kgm)/1750-2500・・・

ニュースを読む

BMWのプレミアムEセグメントセダン『5シリーズ』で東京〜関西を1500kmあまり走る機会があったので、インプレッションをお届けする。

5シリーズは1972年に初代が登場した全長4.9m超のラージクラス。2016年に欧州デビューを果たした現行モデルはそれから数えて第7世代にあたる。モデルチェンジのスパンは平均で約7年。現在もそのインターバルがほぼ守られている。欧州ではメルセデスベンツ『Eクラス』、アウディ『A6』と、北米ではレクサス『・・・

ニュースを読む

1970年にドイツ人技師がBBSを立ち上げてからことしで50年。設立から13年後の1983年に日本製鍛造ホイールを製造・販売してきたBBSジャパンは、東京オートサロン2020でその歴史と技術を新旧のBMW『M5』に載せて紹介した。名作といわれる「RS」と新作「RE-V7」も話題を呼んだ。

1972年、スリーピースレーシングホイールの製造を開始したBBSは、日本BBSを設立し、そこからBBS鍛造ワンピースホイール、マグネシウム鍛造F1T・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2019-2020
ただしがe燃費を使ってみるようです
e燃費アプリ

車レビュー

イ~さん

1年経過しての感想

車種名:トヨタ カムリ (ハイブリッド)
投稿ユーザー:イ~***** さん
総合評価:

購入して1年経過しての感想です。 まずスタイルについては好みの問題なので...[ 続きを見る ]

つね

すばらしい

車種名:ホンダ N-VAN
投稿ユーザー:つね***** さん
総合評価:

バイクを積むトランポとしても使ってます。 N-VANの前はハイエース ...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2020 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針