トヨタ ハイエース、レジアス

カーライフニュース - トヨタ ハイエース、レジアス

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

キャンパー鹿児島のブースでは、今回が初公開となるキャブコンバージョンモデル『rem repose(レム・レポーズ)』などの展示のほか、同社自慢の車載用蓄電システム『KULOS』の説明会を開催、盛況を見せた。

今回初公開となるrem reposeは、トヨタ『ハイエース』をベースに、後部に専用シェルフを持つキャブコンバージョンタイプのキャンピングカーだ。

カムロードベースのキャブコンバージョンタイプなど、すでに国産車でもトラックをベース・・・

ニュースを読む

トヨタ『ハイエース』ベースの新ブランド「101T-SR」を発表したトイファクトリー(岐阜県可児市)は、アルパインとコラボした「BADEN × ALPINE コラボモデル」などを展示。ハイエースにフィットする試作段階のアクセサリーに注目が集まった。

この BADEN × ALPINE コラボモデルは、アルパインが昨年12月に発売したたハイエース専用11型大画面カーナビ「フローティングビッグX 11」(型番 XF11Z-HI-NR)を軸に・・・

ニュースを読む

ジャパンキャンピングカーショー、RVトラストブースでは、最新のトヨタ『ハイエース』ベースのキャブコンバージョンモデル「BoleroV-max」を展示している。

ハイエースベースのキャンピングカーは、今回のキャンピングカーショーを見ても依然として一つの傾向というか、トレンドの柱だ。その多くはベースとなるハイエースバンの車体を改造したいわゆるバンコンバージョン(バンコン)と呼ばれるタイプながら、徐々に、運転席部分とシャーシを活用し、シェル・・・

ニュースを読む

いま、不動産の世界では都会を中心に古い建物をリフォームして心地よく住む「リノベーション物件」が増えているという。それをクルマで提案しているのがFLEXだ。

東京オートサロン2018の会場で3台のトヨタ『ランドクルーザー』、2台の『ハイエース』、そして『FJクルーザー』が1台と合計6台の車両を並べているFLEXブース(北9)。そのすべてが「Renoca(リノカ)」というブランドテーマのドレスアップが施されている。

Renocaとは「た・・・

ニュースを読む

トヨタモデリスタインターナショナルは、『ハイエース』発売50周年を機に、一部改良の新型モデルをベース車としたコンプリートカー「リラクベース」を11月22日に発売した。

リラクベースのデザインコンセプトは、「NEO(ネオ) RETRO(レトロ) FUN(ファン) BOX(ボックス)」。プライベートユーザー向けに、カーライフに「彩り」と「楽しさ」を与えるレトロ感のある内外装や、幅広いレジャーユースに対応できるユーティリティ機能を持たせた。・・・

ニュースを読む

トヨタ自動車は『ハイエース』、『レジアスエース』を一部改良し12月1日に発売した。それに合せて、ハイエース、レジアスエースがベース車両である車いす仕様車『ウェルキャブ』も同様の改良が施された。

車いす仕様車ウェルキャブは、車両後部から車いすを降りずに乗車できる車いす用スイングアームリフトや、スライドドアが半ドア状態でも確実に閉まるイージードアクローザー、スライドドアに連動した電動格納式大型ステップなどが標準装備されている。

ベースグ・・・

ニュースを読む

トヨタ自動車は『ハイエース』、『レジアスエース』を一部改良し12月1日に発売した。

11月22日に開催された発表会場では、初代ハイエースのレストアモデルから最新型の5代目ハイエースが一堂に会し、展示された。ここでは、4代目ハイエースを紹介する。

4代目ハイエースは、1989年に販売が開始され、全世界で214万台が販売された。使いやすさと豪華さを追求した1990年代をリードする『Top of 1BOX』として、バンのコンセプトは「運転・・・

ニュースを読む

トヨタ自動車は『ハイエース』、『レジアスエース』を一部改良し12月1日に発売した。

11月22日に開催された発表会場では、初代ハイエースのレストアモデルから最新型の5代目ハイエースが一堂に会し、展示された。ここでは、3代目ハイエースを紹介する。

3代目ハイエースは、1983年に販売が開始され、全世界で約77万台が販売された。バンのコンセプトは「荷役性に優れ、扱いやすく、経済的で、よく走るバン」ワゴンのコンセプトは「バンはバンらしく、・・・

ニュースを読む

トヨタ自動車は『ハイエース』、『レジアスエース』を一部改良し12月1日に発売する。

11月22日に開催された発表会場では、初代ハイエースのレストアモデルから最新型の5代目ハイエースが一堂に会し、展示された。ここでは、2代目ハイエースを紹介する。

2代目ハイエースは、1977年に販売が開始され、全世界で約77万台が販売された。コンセプトは「多様化する市場ニーズに応えたハイセンスな商用車」。主なポイントとして、荷室はより広く、乗員はより・・・

ニュースを読む

トヨタ自動車は『ハイエース』、『レジアスエース』を一部改良し12月1日に発売する。

11月22日に開催された発表会場では、初代ハイエースのレストアモデルから最新型の5代目ハイエースが一堂に会し、展示された。ここでは、初代ハイエースを紹介する。

初代ハイエースは、トヨエースの小型版として1967年に販売が開始され、全世界で約40万台が販売された。コンセプトは「人を乗せる機能と荷物を運ぶ機能との調和を図った新分野のデリバリーバン」。主な・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2017-2018
ただしがe燃費を使ってみるようです
e燃費アプリ

車レビュー

ねばくん

燃費計の目安

車種名:スズキ ハスラー
投稿ユーザー:ねば***** さん
総合評価:

使用グレードG 5MT 満タン給油時と燃費計残量から、燃料残量の目安は...[ 続きを見る ]

谷貝宏一

手に入れました

車種名:フォルクスワーゲン ルポ
投稿ユーザー:谷貝***** さん
総合評価:

2004年当時RX-8と競合して買わなかった車。しばらくその事を忘れてた...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2018 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針