スズキ ワゴンR

カーライフニュース - スズキ ワゴンR

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

スズキは8月29日、スペーシアなど11車種について、ドライブシャフトに不具合があるとして、国土交通省にリコールを届け出た。

対象となるのは、スズキ『スペーシア』、『ワゴンR』、『アルト』、『アルトラパン』、『キャリイ』、日産『NT100クリッパー』、マツダ『フレアワゴン』、『フレア』、『キャロル』、『スクラム』、三菱『ミニキャブ』の11車種で、2018年2月22日〜3月19日に製造された1万7541台。

製造工程における温度管理が不・・・

ニュースを読む

スズキのインド子会社、マルチスズキは3月6日、新型『ワゴンR』(Suzuki WagonR)の新開発の天然ガス車、「S-CNG」を発表した。

新型ワゴンRは、インド現地生産車としては、3代目。新プラットフォームの「ハーテクト」を採用し、インド向けワゴンRとして初めて、Aセグメントの専用ボディを開発した。先代比で全幅を145mm拡大し、さらに広い室内空間を実現した。

エンジンは1.0リットルガソリンエンジンに加えて、よりパワフルな1.・・・

ニュースを読む

スズキ、インドで ワゴンR 新型を発売 新プラットフォーム採用

by 纐纈敏也@DAYS on 2019年01月23日(水) 18時45分

スズキのインド子会社マルチ・スズキ社は、小型乗用車『ワゴンR』を全面改良し、1月23日より販売を開始した。

インド製として3代目となる新型ワゴンRは、新プラットフォーム「HEARTECT(ハーテクト)」を採用し、インドのワゴンRとして初めてAセグメントの専用ボディを開発。従来モデル比で全幅を145mm拡大し、力強く安定感のあるデザインに刷新することで、広い室内空間を実現した。

エンジンは1.0リットルガソリンエンジンに加え、よりパワ・・・

ニュースを読む

スズキのインド部門、マルチスズキは1月14日、新型『ワゴンR』(Suzuki Wagon R)の予約受注を開始すると発表した。

ワゴンRは1999年、インド市場で発売された。以来、およそ20年にわたり、インド国内で最も売れている自動車のトップ10に入り続けており、2018年12月までのインド累計販売台数は、220万台以上に達する。マルチスズキによると、ユーザーのおよそ24%が、ワゴンRのリピーターという。

インドでは3世代目となるワ・・・

ニュースを読む

スズキは11月15日、『ワゴンR』など120万台について、電動パワーステアリングやエンジン補機ベルト、補助電源モジュールに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

電動パワーステアリングについては、コントローラの不具合を検出するプログラムが不適切なため、エンジン始動時またはアイドリングストップ後の再始動時にバッテリー電圧が低下していると、不具合として誤検出することがある。その場合、警告灯が点灯するとともに・・・

ニュースを読む

スズキのインド子会社、マルチスズキ(Maruti Suzuki) は10月9日、2020年までに現地でEVを発売する目標に向けて、プロトタイプEVによる実証テストを開始すると発表した。

このプロトタイプEVは、『ワゴンR』をベース。開発は日本のスズキが手がけ、製造はマルチスズキのグルガオン工場が担当。合計で50台が生産される。

実証テストでは、複数の地形や気候条件において、プロトタイプEVを幅広く使用。インドでの電動パワートレイン技・・・

ニュースを読む

スズキは、軽乗用車『ワゴンR』の発売25周年を記念して、ワゴンRおよび『ワゴンRスティングレー』に特別仕様車「25周年記念車」を設定して、9月10日より発売する。

ワゴンRは1993年の発売以来、軽ワゴンという市場を新たに築き、時代にあわせて安全性能や環境性能を進化。発売25年で国内累計販売台数約460万台となる、スズキの軽自動車を代表するモデルだ。

25周年記念車には、発進時にモーターのみで走行できるマイルドハイブリッドを全車に搭・・・

ニュースを読む

スズキは1月18日、『ワゴンR』など軽四輪車7モデルの4WD車について、リヤ車輪速センサーに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

対象となるのは、スズキ『アルト』、『アルト ラパン』、『ワゴンR』、『パレット』、日産『ルークス』、マツダ『キャロル』、『AZワゴン』の7車種で、2008年1月9日〜2010年11月2日に製造された4WDモデル12万6171台。

リヤ車輪速センサーの樹脂材質が不適切なため・・・

ニュースを読む

スズキは11月24日、軽自動車『ワゴンR』などのフロントサスペンションに不具合があるとして、国土交通省にリコールを届け出た。

対象となるのはスズキ『ワゴンR』『アルト』『MRワゴン』『セルボ』、日産『ピノ』『モコ』、マツダ『AZ-ワゴン』『キャロル』の8車種で、2007年2月1日〜7月16日に製造された21万0876台。また同年2月1日〜7月31日に出荷された交換修理用部品1108個についても、組付けられた車両は特定できないがリコール・・・

ニュースを読む

スズキ ワゴンR 新型に5MT車を設定---107万8920円より

by 纐纈敏也@DAYS on 2017年08月23日(水) 18時30分

スズキは、新型『ワゴンR』に5MT車の「FA」グレードを設定して、8月23日より販売を開始した。

ワゴンRの5MT車は、107万8920円(2WD)/119万9880円(4WD)と、購入しやすい価格設定としたほか、全10色の豊富な車体色を設定し、幅広い年代の多様な顧客ニーズにきめ細かく応えていく。

また、2WD車、4WD車ともに自動車取得税20%減税対象車、自動車重量税25%減税対象車とした。・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2018-2019
ただしがe燃費を使ってみるようです
e燃費アプリ

車レビュー

moo

なかなか走ります!

車種名:ダイハツ ハイゼットトラック
投稿ユーザー:moo***** さん
総合評価:

ハイゼットジャンボ、リクライニングが出来、腰がだいぶ楽です。エンジンはツ...[ 続きを見る ]

ぬ

変なところで実用性がある軽トラック

車種名:ホンダ アクティ
投稿ユーザー:ぬ***** さん
総合評価:

平成12年式のHA7初期型です。主に農作業に使用しています。 燃費は大体...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2019 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針