内閣府

カーライフニュース - 内閣府

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

飲食物デリバリー中の交通事故防止、対策の徹底を 関係団体に通達

by レスポンス編集部 on 2020年10月27日(火) 11時15分

厚生労働省、警察庁などは10月26日、市場が拡大している飲食物のデリバリーサービスで、配達中の交通事故や通行人に危険を及ぼしているケースがあることから交通事故防止の取り組みを関係団体に通達した。

新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)感染防止のため、外出自粛や新しい生活様式が広がる中、飲食店のデリバリーサービスの需要が高まっている。一方で、自転車や原動機付自転車などを使ったデリバリーサービス配達中の交通事故や、通行人に危険を及ぼす・・・

ニュースを読む

自動運転サービス導入を支援する地域を選定 国交省と内閣府 

by レスポンス編集部 on 2020年08月03日(月) 14時30分

国土交通省は7月31日、内閣府と連携して自動運転サービス導入を支援する地方公共団体として、5つの地域が選定されたと発表した。

未来技術社会実装事業として自動運転サービスの導入を支援する対象に選定されたのは茨城県潮来市の「道の駅・いたこと水郷潮来バスターミナルの地域拠点を接続する自動運転サービス事業」、埼玉県和光市の「地域拠点間を接続する自動運転サービス導入事業(和光版MaaS構想案)」、石川県小松市の「小松市における2大交通拠点をつな・・・

ニュースを読む

内閣府とドイツ連邦教育研究省(BMBF)は6月2日、2017年に開始した自動運転に関する研究活動の連携を強化し、共同のステアリング委員会で新たに「安全性評価」と「サイバーセキュリティ」の研究開発計画を承認したと発表した。

自動運転の安全性を評価するためには、信頼できる効率的な試験手続きが必要となる。複雑な電子システムとソフトウェアの安全を確保するため、仮想空間での試験環境が求められている。プロジェクトでは、検証、モデリング、シミュレー・・・

ニュースを読む

羽田空港周辺地域で自動運転実証実験のインフラ整備が完了

by レスポンス編集部 on 2020年06月08日(月) 09時30分

内閣府の戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)第2期「自動運転(システムとサービスの拡張)」は6月5日、羽田空港地域で自動運転技術を活用した次世代公共交通システムの実現に向けた実証実験を実施するインフラ整備が完了、実験を開始すると発表した。

羽田空港第3ターミナルビルと羽田空港跡地第1ゾーンを結ぶ公道の実環境下で、磁気マーカー、ITS無線路側機を活用した公共車両優先システム(PTPS)、信号情報提供、高精度3次元地図を利用した実・・・

ニュースを読む

自動運転サービス導入支援、受付期間を5月29日まで延長

by レスポンス編集部 on 2020年04月26日(日) 15時00分

国土交通省は4月23日、内閣府と連携した自動運転サービス導入支援事業の受付を延期すると発表した。

国土交通省は、内閣府と連携して自動運転サービス導入を目指す市町村に対して実装を見据えた計画策定を支援する事業を実施することとし、地域課題の解決に向けて、実装に向けて支援を希望する地方公共団体を4月1日から公募している。

地方公共団体からの事前相談を受付けていたところ、新型コロナウイルス(SARS-COV-2)の感染拡大を防止の観点から応・・・

ニュースを読む

自動運転サービス導入を目指す市町村を支援 国交省

by レスポンス編集部 on 2020年03月30日(月) 10時36分

国土交通省は3月27日、内閣府と連携して、自動運転サービス導入を目指す市町村に対して計画策定を支援すると発表した。支援を希望する地方公共団体の申請を募集する。

国土交通省は、内閣府のSIP予算を活用して2017年度から全国18か所で「道の駅を拠点とした自動運転サービス実証実験」を実施し、このうち、2019年11月からは秋田県上小阿仁村でサービスをの本格導入している。

今回、これら実証実験で得られたノウハウを活用し、自動運転サービス導・・・

ニュースを読む

内閣府、総務省、経済産業省、国土交通省は、2020年度もスマートシティ関連支援事業を実施すると発表した。

2020年度のスマートシティ関連事業では、2019年度に内閣府が行った「戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)第2期/ビッグデータ・AIを活用したサイバー空間基盤技術/アーキテクチャ構築及び実証研究」事業の成果をベースに策定した「2020年度度の政府スマートシティ関連事業における共通方針」に沿って、関係府省一体で取り組む。
・・・

ニュースを読む

【展望2020 その1】日本から自動運転技術の進化を発信

by 池原照雄 on 2020年01月01日(水) 12時30分

◆東京オリンピック・パラリンピックを機に東京で産官学の試乗イベント

日本の2020年は、経済にも好インパクトのある東京オリンピック・パラリンピックの年となる。自動車産業も世界が注目する一大イベントに合わせ、自動運転技術によって進化するクルマを内外に発信する。また、市販車でもハイレベルの自動運転技術搭載車が登場する。

東京オリンピック・パラリンピックを直前にした7月には、政府の「戦略的イノベーション創造プログラム」(SIP)に基づく産・・・

ニュースを読む

ゲヒルン、三菱自動車工業、スカパーJSATは、災害時における長期停電、通信網の途絶に備え、防災情報配信サービスの継続と近隣自治体への支援を目的とした災害対策車『特務機関NERV制式 電源供給・衛星通信車両5LA-GG3W(改)』を共同製作した。

製作された車両は2台あり、それぞれ『初号機』、『弐号機』と名付けられ、『初号機』は東京エリア、『弐号機』は札幌エリアで2020年2月1日から運用が予定されている。この発表に伴い、2019年12・・・

ニュースを読む

気になるニュース・気になる内幕。今日の朝刊(朝日、読売、毎日、産経、東京、日経の各紙・東京本社発行最終版)から注目の自動車関連記事をピックアップし、その内幕を分析する新聞ウォッチ。…………

秋晴れの中で皇居・宮殿から赤坂御所までの約4.6kmのコースで行われた天皇陛下の即位を披露するパレード「祝賀御列の儀」には、オープンカーに乗った天皇、皇后両陛下を祝福しようと約11万9000人が沿道を埋め尽くしたという。また、先週閉幕した東京モータ・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2019-2020
ただしがe燃費を使ってみるようです
e燃費アプリ

車レビュー

Gutronger

指名買い

車種名:ホンダ エディックス
投稿ユーザー:Gut***** さん
総合評価:

前後席独立三座は唯一無二 状況に応じて車内容積を最大効率で活用出来る エ...[ 続きを見る ]

seizku

問題の助手席ダッシュボードが割れた...

車種名:マツダ RX-8
投稿ユーザー:sei***** さん
総合評価:

2003年4月新車で購入。車庫保管で17年目で助手席ダッシュボードが5c...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2021 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針