マツダ 3 TCR《photo by Mazda》

マツダの米国部門、北米マツダとマツダモータースポーツは10月2日、新型『マツダ3』のレーシングカー『マツダ3 TCR』(Mazda3 TCR)を発表した。

◆国際ツーリングカーレース「TCR」規格に適合

同車は新型マツダ3をベースに、「TCR」規格に適合させたレーシングカーだ。TCRは2015年春に開始された新たな国際ツーリングカーレース。現在では、世界各地で36のレースが開催されている。例えば欧州では、ホンダ、SUBARU(スバル)、フォルクスワーゲン、アウディ、プジョー、ルノー、アルファロメオなどの車両が、TCRに参戦している。

マツダ3 TCRは、『ロードスター』ベースのレースシリーズ、「グローバルマツダMX-5カップ」の参戦車両を手がける米国ノースカロライナ州のロングロードレーシングとマツダモータースポーツが、共同で開発を担当した。マツダ3 TCRは、世界中の36のTCR公認のレースシリーズに参戦することを視野に入れている。マツダモータースポーツによると、新しいツーリングカーのマツダ3 TCRによって、カスタマーレーシングプログラムを強化するという。

◆専用エアロパーツを装着

新型マツダ3のハッチバック(日本名:「ファストバック」)をベースにしたマツダ3 TCRでは、ブランドを象徴する「魂動」デザインの最新バージョンを導入する。カリフォルニア州アーバインのマツダ・デザイン・アメリカのデザイナーは、マツダ 3 TCRのエアロダイナミクス性能をTCR規格に適合させるために、多くの時間を費やした。

その結果、フロントリップスポイラーやサイドスカート、大型リアウィング、ディフューザーなどの専用エアロパーツが装備された。全幅は1950mmにワイド化されており、拡幅されたフェンダーに大径タイヤを収める。

◆最高速240km/h

マツダ3 TCRには、直列4気筒ガソリンエンジンを搭載する。専用のシングルターボで過給することにより、最大出力は350hp、最大トルクは50kgmを獲得する。エンジンの最大許容回転数は、7000rpmとした。エンジンマネジメントはマニエッティ・マレリだ。駆動方式は、FFとなる。

トランスミッションはSADEV製の6速シーケンシャルで、パドルシフトで操作を行う。オプションでXTRAC製のシーケンシャルトランスミッションが選択できる。マツダ3 TCRは、最高速240km/hの性能を備えている。

また、ダンパーはビルシュタイン製が標準で、オーリンズ製はオプションだ。ブレーキはブレンボ製を装着する。ホイールはレイズ製の18インチで、ミシュラン製の「パイロット」タイヤを組み合わせる。

シートはスパルコ製のバケットだ。ペダルはTilton 製で、ドライバーの体格に合わせて調整できる。ステアリングホイールは、MPi製とした。データロガーは、Motec の「L180」を採用する。

◆2020年1月に実戦デビューへ

マツダ3 TCRは2020年1月、米国フロリダ州のデイトナスピードウェイで開幕する「2020 IMSAミシュラン・パイロット・チャレンジ」シリーズにおいて、実戦デビューを果たす予定だ。ドライバーには、2019年のグローバルMX-5カップチャンピオンのブライアン・オルティス選手を起用する。

なお、マツダモータースポーツは2020年内に、世界各地のTCRレースに参戦するプライベーターに対して、ロングロードレーシングを通じてマツダ3 TCRの販売を始める計画を掲げている。

マツダ 3 TCR《photo by Mazda》 マツダ 3 TCR《photo by Mazda》 マツダ 3 TCR《photo by Mazda》 マツダ 3 TCR《photo by Mazda》 マツダ 3 TCR《photo by Mazda》 マツダ 3 TCR《photo by Mazda》 マツダ 3 TCR《photo by Mazda》 マツダ 3 TCR《photo by Mazda》 マツダ 3 TCR《photo by Mazda》 マツダ 3 TCR《photo by Mazda》 マツダ 3 TCR《photo by Mazda》