アクセラスポーツ

カーライフニュース - アクセラスポーツ

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

生活4駆。そうそうそんな呼び方が昔あった……と思い出した。とはいえそこは最新の『アクセラスポーツ』の一員。走りの質とレベルが昔とはまったく違う。

試乗車は「15S」グレードで、1.5リットルエンジンを搭載、「15C」では選べない各種オプション(スマートシティブレーキサポートほか)が選択可能なのが特徴。タイヤサイズは205/60 R16 92V(BS ECOPIA EP150)で、マルチリンク式リヤサスペンション(スタビライザーは非装着・・・

ニュースを読む

アクセラスポーツの『15S』と『20S』、この2グレードはエンジンの排気量が違うだけと思っていたら、実際に走らせてみるとかなり乗り味が異なることに気付かされた。実はエンジン自体の重量差に加え、エネルギー回生の「i-ELOOP」を搭載していること、さらにはホイールも18インチとなり、車重は40kgほど重くなっている。

おまけにタイヤの低扁平化によってゴムのたわみが減っている分、衝撃を吸収しなければならないから、どうしてもサスペンションは・・・

ニュースを読む

実は『アクセラスポーツ』の中でも「XD」の6速AT車は、カタログ記載の車重が1450kgと、シリーズでもっとも重い。とはいえ、それをモノともしないのが、2.2リットルディーゼルターボのパフォーマンスなのだ。

6速MT車は試乗済みだったが、果たしてATとではどうか?の事前の心配はまったく無用だった。1000rpm台から反応がよく、2000rpmを過ぎるとより活気を帯び、3000rpm以上回してもパワー感が衰えない。どの領域でも、あくまで・・・

ニュースを読む

マツダ『アクセラスポーツ』のボディはCセグメントの中でも堂々としたもので、15Sはとても1500ccのNAエンジンが搭載されているクルマには見えない。しかも15Sとなると、マツダ コネクトなど装備も充実しているから、高級感の面でもなおさらだ。

実は筆者はそんな15Sにもう一つ、先入観を持っていた。それは、走りの楽しさに対するものだ。ドライバー1名だけの乗車では楽しいが、大人が4人も乗ればさすがにパワー不足で移動手段と割り切る程度だろう・・・

ニュースを読む

マツダが2013年11月21日に発売した新型『アクセラ』。発売から4ヶ月での受注台数は2万5000台を超える好調振りを見せている。

同社の"SKYACTIV TECHNOLOGY"や“i-ACTIVSENSE”を搭載し、ガソリン、ディーゼル、ハイブリッドと3種類のパワートレインをラインナップ。さらに、新世代カーコネクティビティシステム“マツダコネクト”を採用した新型アクセラの誕生秘話と魅力を探るべく、開発陣に「10の質問」を行った。
・・・

ニュースを読む

グリルの赤いラインが「XD」の証。なので「“GTD”の呼称にしては?」と、児玉眞也“新”主査に水を向けてみた。が「論議はしたがマツダのなかで呼称はひとつにしたかった」とのこと。今のマツダは、やはりブランディングに相当に気を遣っているることがわかる。

とはいえ、ただ「XD」とだけ名乗らせておくにはもったいないほど『アクセラスポーツ』のディーゼルはよく走る。『アテンザ』『CXー5』と同一の2.2リットルのディーゼルターボ(175ps/42・・・

ニュースを読む

久々に欧州Cセグメント車に対抗し得る日本車が登場した。新型『アクセラ』に試乗した第一印象はこうだった。

いいのは、クルマ全体を通して“いいモノ感”を感じる点。室内の仕上げや質感、しっかりとした着座感のシートなどもそうだ。操作系も今回は人間工学的な吟味が入念で、初めて接しても各部操作が自然に行なえる。

内外観のデザインもセンスがいい。クロームの加飾パーツの使い方もさり気ないし、インパネ、コンソール、ドアトリムなども自然なデザイン。外観・・・

ニュースを読む

マツダは、『アクセラスポーツ』に、スポーティなエクステリアを強調した特別仕様車「スポーツエディション」を設定し、12月26日より販売を開始した。

特別仕様車は、「20S-SKYACTIV」「15S」をベースに、大型リアルーフスポイラー、シャークフィンアンテナ、ガンメタリック塗装アルミホイールなど、『マツダスピードアクセラ』や欧州仕様車『MAZDA3』に採用されているアイテムを装備。また「ジールレッドマイカ」を特別仕様車の専用色として採・・・

ニュースを読む

マツダ アクセラスポーツ に特別仕様車…走りにこだわり

by 纐纈敏也@DAYS on 2012年06月28日(木) 20時20分

マツダは、『アクセラ』に特別仕様車「アクセラスポーツ 20S-SKYACTIV アドバンスドスタイル」を設定すると共に、一部改良を行い、28日より発売を開始した。

特別仕様車は、アクセラスポーツ「20S-SKYACTIV」をベースに、本革シート、本革巻パーキングブレーキレバー、運転席8ウェイパワーシート、クルーズコントロールを装備。さらに、遮音ガラスの採用や防音材の追加などにより、静粛性を高め、走りのクオリティを向上させた。240km・・・

ニュースを読む

オートエクゼ、アクセラスポーツ向け「04」キットを発売

by 編集部 on 2011年12月12日(月) 16時49分

オートエクゼは、マツダの『アクセラスポーツ』用チューニングキット「AutoExe BL-04」シリーズとして全国のマツダ販売会社、有名カー用品店、オートエクゼ商品取扱店などを通じて発売する。

BL-04は、オートエクゼの開発プログラム第4世代への発展を示す「04」の称号を与えられたモデルで「感性チューニング」をより洗練させた仕様としている。

新デザインのフロントノーズは『RX-8』や『デミオ』などの04シリーズとの共通テーマである「・・・

ニュースを読む

燃費ランキング - 車情報

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2016-2017
ただしがe燃費を使ってみるようです
e燃費アプリ

車レビュー

ささきち

無二の存在感◎ 燃費は道次第。

車種名:スズキ ハスラー
投稿ユーザー:ささ***** さん
総合評価:

2016年式 X ターボ無し CVT レギュラーガソリン 5km程度の...[ 続きを見る ]

武人

満タン法

車種名:トヨタ SAI
投稿ユーザー:武人***** さん
総合評価:

15.75km/lでした。 最近寒く暖房つけたり遠出しなかったのであまり...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2017 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針