コルト

カーライフニュース - コルト

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

三菱自動車の欧州部門は6月8日、5ドアハッチバックコンパクトカーの『コルト』(Mitsubishi Colt)の新型を発表した。

◆ルノー日産三菱アライアンスの「CMF-B」車台がベース
コルトは、三菱自動車が乗用車で初めて採用したペットネームだ。1962年にコルトの名を付した最初のモデルとして、『コルト600』が登場した。1967年には、『コルト1000F』が国際ラリーに初めて参戦した。コルトは欧州において、1978〜2014年にか・・・

ニュースを読む

三菱自動車の欧州部門は6月8日、コンパクトカー『コルト』(Mitsubishi Colt)の新型を発表した。

2012年末の生産終了から約10年を経て、コルトが欧州で復活した。新型コルトはBセグメントの5ドアハッチバックとして、2023年秋から欧州市場で販売される予定だ。

新型コルトは、ルノーの主力コンパクトカーのひとつ、『クリオ』(日本名:『ルーテシア』に相当)の兄弟車として登場した。車台はルノー日産三菱アライアンスの「CMF-B・・・

ニュースを読む

三菱自動車の欧州部門は4月4日、コンパクトカーの『コルト』(Mitsubishi Colt)の新型を6月8日、初公開すると発表した。

2012年末の生産終了から約10年を経て、コルトが欧州で復活する。新型コルトはBセグメントの5ドアハッチバックとして、2023年秋から欧州市場で販売される予定だ。

初代コルトは1962年6月、『コルト600』として日本市場で発売された。三菱自動車の発展の原動力となったのが、初代コルトとされる。また、コ・・・

ニュースを読む

三菱 コルト、欧州で復活へ…ハイブリッドも設定 2023年

by 森脇稔 on 2022年04月06日(水) 07時30分

三菱自動車の欧州部門は4月5日、新型『コルト』(Mitsubishi Colt)を2023年秋、欧州市場で発売すると発表した。

2012年末の生産終了から約10年を経て、コルトが欧州で復活する。新型コルトは5ドアハッチバックとして、2023年秋から欧州市場に投入される予定だ。

初代コルトは1962年6月、『コルト600』として日本市場で発売された。三菱自動車の発展の原動力となったのが、初代コルトとされる。また、コルトは欧州市場にも投・・・

ニュースを読む

2021年NTTインディカー・シリーズの最終戦(第16戦)決勝レースが現地26日、米カリフォルニア州のロングビーチ市街地コースであり、参戦2年目のアレックス・パロウが初のタイトル獲得を成し遂げた。最終戦の優勝はコルトン・ハータで2連勝、佐藤琢磨は9位。

迎えた2021年最終戦、ロングビーチ市街地コース戦にドライバーズチャンピオン獲得の可能性を残して臨む者は3人だった。予選でポールポジションを獲得したのは、そのなかのひとり、ランキング3・・・

ニュースを読む

NTTインディカー・シリーズ第15戦の決勝レースが現地19日に米カリフォルニア州のロードコース「ラグナ・セカ」であり、コルトン・ハータが“当地連覇”で今季2勝目をあげた。佐藤琢磨はスピンを喫したことが響き、27位。アレックス・パロウが2位に入り、王座に近づいている。

シーズン最後の3連戦、その2戦目となる今季第15戦はラグナ・セカ(現コース名:WeatherTech Raceway Laguna Seca)で開催される「Firesto・・・

ニュースを読む

NTTインディカー・シリーズ第2戦「ファイアストンGP・オブ・セント・ピーターズバーグ」の決勝レースが現地25日に実施され、若手実力派、21歳のコルトン・ハータが完璧な内容で今季初勝利を飾った。佐藤琢磨は決勝で上昇して6位。

開幕戦からの連戦日程で実施される第2戦は、米フロリダ州のセント・ピーターズバーグ市街地特設コースが舞台。開幕地としての印象が強いコースながら、昨季はコロナ禍の影響で最終戦となり、今季は当初こそ3月上旬、開幕戦の位・・・

ニュースを読む

NTTインディカー・シリーズ第11戦「ミッドオハイオ Race 2」が現地13日に行なわれ、若手コルトン・ハータが今季初優勝を成し遂げた。佐藤琢磨は前日の同地第10戦に続き苦戦、決勝18位に終わり、シリーズランキングで4位から7位に後退している。

米オハイオ州のロードコース「ミッドオハイオ」でのダブルヘッダー2戦目(シリーズ第11戦)、ウエットコンディションの予選でポールポジションを獲得したのは若手実力派のコルトン・ハータ(#88 A・・・

ニュースを読む

現地24日、NTTインディカー・シリーズ第2戦の決勝レースが米テキサス州オースティンの「COTA」(Circuit Of The Americas)で実施され、出走3戦目の18歳コルトン・ハータが最年少優勝の快挙を成し遂げた。佐藤琢磨は7位。

インディカーの今季第2戦は、現在のF1アメリカGP開催コースでもあるCOTAが舞台。当地でのインディカーのレース開催は今回が初めてになる。ポールポジションは開幕戦に続きウィル・パワー(#12 T・・・

ニュースを読む

燃費ランキング - 車情報

EV充電スタンド検索
e燃費アワード2022-2023
e燃費アプリ

車レビュー

ねばくん

バッテリー交換前と交換後の燃費につ...

車種名:スズキ ハスラー
投稿ユーザー:ねば***** さん
総合評価:

普段は燃費が24キロ/Lほど出ている車ですが 昨年12月ごろから20~2...[ 続きを見る ]

E燃費

都会はつらい

車種名:トヨタ パッソ
投稿ユーザー:E燃***** さん
総合評価:

大阪府内の慢性渋滞状況下では、正直リッター10KMいけば上出来ですわ。1...[ 続きを見る ]

水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2024 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針