アルファード

カーライフニュース - アルファード

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

かつてロールスロイスとベントレーが同じ傘の下にいた時代、ショーファードリブンのロールスに対して、ベントレーはドライバーズカーと認識されていた。

とはいえ、同じ形に同じエンジンで、実際に乗ってみても(乗ったことがあるのだ)その差は感じられないレベルである。まあ、元々の出自がそうなのだからこの二つのブランドがそもそも一緒だったことに問題があったのかもしれないが、トヨタ『アルファード』と『ヴェルファイア』についてはいささか様相が違う。

先・・・

ニュースを読む

エアロパーツの新トレンドを次々と提案し続けるエムズスピード。2月10〜12日に開催された大阪オートメッセ2024ではデザインコンセプトの異なるトヨタ『アルファード』と同『ヴェルファイア』のカスタムを同時出展した。

ドレスアップベースとして2024年の主力ミニバンになること間違いなしの40系アルファード/ベルファイア。多くのカスタム、ドレスアップが進行する中、エムズスピードが提案したのはアルファード/ヴェルファイアをそれぞれ独自の方向性・・・

ニュースを読む

3サイズ、全長4995×全幅1850×全高1935mm、外から見ると本当にデカいけど、車高が高いことを除けば、今時このサイズはある意味普通である。

正直言って、満を持してフルチェンジ、といった風情で8年ぶりのニューモデルだそうだが、実車を見てあれこれと検証するまで先代との区別がつかなかったほど、そのデザインはキープコンセプトである。先代が登場した時、えっ?このグロなフェイスのクルマを買う人いるの?という印象を持ったものだが、蓋を開けて・・・

ニュースを読む

アーティシャンスピリッツがエアロパーツブランド「BLACK LABEL(ブラックレーベル)」にトヨタ『アルファード』(40系)用の追加を発表。発売時期・価格など、詳細は近日公開。

これまでのアーティシャンスピリッツのアプローチ『ACTIVITY & DESIGN』を継承しながら『SPORTS』要素も加味し、昨今のミニバンカルチャーに見受けられる『圧力』を前面に押し出した、“カスタムとは違ったアプローチ”の提案となるとのことで、・・・

ニュースを読む

モデルチェンジを果たしてますます人気となっている40アルファード。そんな新型トヨタ『アルファード』に調音施工+スピーカー交換を実施したユーザーに密着。施工の動機から完成後のインプレッションまでをユーザー目線で語ってもらった。

今回の主役はママさんドライバーの川上尚子さん、4歳と0歳の二児の母である尚子さんは、日々ファミリーカーとして40アルファードに乗って子ども達の送迎からお買い物までをこなしている。そんな尚子さんが「調音施工」に興味・・・

ニュースを読む

サスペンション・マフラー・ホイールのトータルメーカー・TANABE(タナベ)が販売中のローダウン向けカスタムスプリング「SUSTEC NF210」に新型トヨタ『クラウンスポーツ』(AZSH36W)用と『アルファード・ハイブリッド・エグゼクティブラウンジ』(AAHH40W)専用の適合が追加された。

「SUSTEC NF210」はローダウン=硬いという概念を覆し、乗り心地を損なうことなくスタイリッシュなローダウンを可能にしたカスタムスプリ・・・

ニュースを読む

チューニングパーツメーカー・BLITZ(ブリッツ)が、車高調キット製品「DAMPER ZZ-R」にハイブリッドを含む40系アルファード/ヴェルファイア用の対応ラインナップを追加。販売開始は12月20日より。

「DAMPER ZZ-R」は幅広い減衰力調整によりストリートからサーキットまで、あらゆる走行シーンに対応できる単筒式(モノチューブ)構造採用の全長調整式&32段減衰力調整車高調キット。アルミ製のアッパーマウント、ロックシート、ブラ・・・

ニュースを読む

例えば、閑古鳥が鳴いていた街中華の店が、グルメ番組などに取り上げられてから、いきなり行列ができるほどに繁盛すると「嬉しい悲鳴が起こる」という言葉がよく使われる。しかし、「異例の事態となっている」(日経)というトヨタ自動車の国内販売店では、その言葉はどうも当てはまらないようだ。

きょうの日経によると、トヨタの主要販売店に聞き取り調査を実施したところ、主要車種のミニバン『アルファード』や『アクア』などの20車種のうち、約10車種で受注制限・・・

ニュースを読む

アプローチに感銘、アルファード&ヴェルファイア…藤島知子【日本カーオブザイヤー2023-2024】

by 出典:日本カー・オブ・ザ・イヤーHP on 2023年12月09日(土) 15時30分

「2023-2024日本カー・オブ・ザ・イヤー」は12月7日に、トヨタ『プリウス』に決定した。選考委員の藤島知子氏は、満点の10点をトヨタ『アルファード/ヴェルファイア』に投票した。以下、三菱『デリカミニ』に4点を、アバルト『500e』に2点を配した。デリカミニはデザイン・カー・オブ・ザ・イヤーを獲得。

以下は日本カー・オブ・ザ・イヤー公式ウェブサイトに掲載された藤島氏のコメントだ。

☆☆☆

ショーファーカーとしての要素を高めた今・・・

ニュースを読む

全方位で応える! アルファード&ヴェルファイア…橋本洋平【日本カーオブザイヤー2023-2024】

by 出典:日本カー・オブ・ザ・イヤーHP on 2023年12月09日(土) 14時00分

「2023-2024日本カー・オブ・ザ・イヤー」は12月7日に、トヨタ『プリウス』に決定した。選考委員の橋本洋平氏は、満点の10点をトヨタ『アルファード/ヴェルファイア』に投票した。トヨタ『プリウス』には2点を、ホンダ『ZR-V』に4点を配点している。

以下は日本カー・オブ・ザ・イヤー公式HPに掲載された、橋本氏がアルファード&ヴェルファイアを1位とした説明だ。

☆☆☆

アルファード&ヴェルファイアを1位としたのは、2つのブランド・・・

ニュースを読む

燃費ランキング - 車情報

EV充電スタンド検索
e燃費アワード2022-2023
e燃費アプリ

車レビュー

ねばくん

バッテリー交換前と交換後の燃費につ...

車種名:スズキ ハスラー
投稿ユーザー:ねば***** さん
総合評価:

普段は燃費が24キロ/Lほど出ている車ですが 昨年12月ごろから20~2...[ 続きを見る ]

E燃費

都会はつらい

車種名:トヨタ パッソ
投稿ユーザー:E燃***** さん
総合評価:

大阪府内の慢性渋滞状況下では、正直リッター10KMいけば上出来ですわ。1...[ 続きを見る ]

水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2024 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針