Aクラス

カーライフニュース - Aクラス

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

メルセデスベンツが改良モデルの開発を進めるエントリーモデルの『Aクラス』。今回はセダンのプロトタイプをスクープサイト「Spyder7」のカメラが初めて捉えた

初代Aクラスは、欧州Bセグメントのハッチバックとして1997年に誕生。第3世代からはCセグメントに格上げされ、2018年から販売されている第4世代では初めてセダンが設定されており、これが初の大幅改良となる。

ドイツ市街地で捉えたプロトタイプは、ボディ前後をカモフラージュしている・・・

ニュースを読む

メルセデスベンツは、エントリーモデル『Aクラス』ファミリーの改良新型を2022年から順次発表していく予定だ。そのうち、高性能モデルにあたる「AMG A35」のプロトタイプをスクープサイト「Spyder7」のカメラが捉えた。

現行型の第4世代「W177」は2018年にデビュー、翌2019年にはAMG A35が設定されており、これが初のフェイスリフトとなる。ベースモデルは今夏から公道でのテスト走行を開始しているが、AMGモデルは今回がスパ・・・

ニュースを読む

メルセデスベンツは現在、エントリーモデル『Aクラス』ファミリーの改良新型に取り組んでいるとみられるが、ハッチバックの最新プロトタイプをカメラが捉えた。

ドイツの公道でキャッチした開発車両は、新しいメッシュパターンのグリルを装着している。ブランドロゴが配置されているグリル中央には、電子運転支援システム用のセンサーが配置されているように見えるが、最終的にはロゴと統合されるだろう。その両側にはカモフラージュされたヘッドライトを装備、アウトラ・・・

ニュースを読む

メルセデスベンツは現在、エントリーモデル『Aクラス』改良新型を開発しているが、その市販型プロトタイプをスクープサイト「Spyder7」のカメラが初めて捉えた。

第4世代となる現行型Aクラスは2018年にデビュー、これが初の大幅改良となる。6月に高性能モデルのAMG『A45』をスクープしたが、ベースモデルはこれが初だ。

捉えたプロトタイプはAMGと同様にフロントマスクが完全に覆われているが、A45ほどアグレッシブでないことがわかる。改・・・

ニュースを読む

メルセデス・ベンツ日本は7月8日、『Aクラス』など18車種について、ステアリングシャフトに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

対象となるのはAクラスの「A180」、「A250 4MATIC」、メルセデスAMG「A45 4MATIC」、『GLAクラス』の「GLA180」、「GLA220 4MATIC」、「GLA250 4MATIC」、メルセデスAMG「GLA45 4MATIC」、『CLAクラス』の「C・・・

ニュースを読む

ブラバスは1月26日、ブラバス『B45』(BRABUS B45)を欧州で発表した。

同車は、新型メルセデスベンツ『Aクラス』シリーズの頂点に立つ高性能モデル、新型メルセデスAMG『A45 S 4MATIC+』をベースに、ブラバスがカスタマイズしたモデルだ。ブラバスは、メルセデスベンツのトップチューナーとして知られる存在。そのブラバスが、日本市場にも導入された新型メルセデスAMG A45 S 4MATIC+をカスタマイズしている。

◆・・・

ニュースを読む

◆『Aクラス』との決別

メルセデスの『GLAクラス』が新しくなった。一言で言って、新しいGLAのコンセプトは『Aクラス』との決別だったように思える。先代GLAは一目見てAクラスと外観に大きな違いを見出せなかった。少し車高をあげて、少しオフロード車っぽい演出をしたAクラスのように見えていたからだ。

そこへ行くと新しいGLAは、なりは小さくても立派なSUVに見えてそのスタイルからAクラスを連想することは難しい。むしろ、ひとクラス上の『G・・・

ニュースを読む

メルセデスベンツ Aクラスなど、安全運転支援システムを標準装備

by 纐纈敏也@DAYS on 2020年09月18日(金) 12時45分

メルセデス・ベンツ日本は、コンパクトモデル『Aクラス』『Aクラスセダン』『Bクラス』『CLA』『CLAシューティングブレーク』で、オプション設定としていた安全運転支援システム「レーダーセーフティパッケージ」を、標準装備すると発表し、9月17日より予約注文の受付を開始した。

価格はAクラスが363万円から436万円、Aクラスセダンが373万円から516万円。Bクラスが422万円から452万円、CLAが472万円から565万円、CLAシュ・・・

ニュースを読む

メルセデスベンツ Aクラス、エアコン排水ホースから水漏れ

by 纐纈敏也@DAYS on 2020年08月29日(土) 18時00分

メルセデス・ベンツ日本は8月27日、メルセデスベンツ『Aクラス』のエアコン排水ホースに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

対象となるのはメルセデスベンツ「A180」、「A180セダン」、「A200d」の3車種で、2018年10月2日から2019年5月20日に輸入された4545台。

エアコンのエバポレータにて、排水ホースの組付けが不適切なため、車室内に凝縮水が漏れ出すものがある。そのため、床下が浸水・・・

ニュースを読む

自ら愛車のメルセデスベンツ『Aクラス』をドライブし、日々仕事をこなすキャリアウーマンの青山さん。しかし純正オーディオにもの足りなさを感じ、システムアップを計画。ショップでスマートな取り付け&高音質なオーディオへのシステムアップを実践する。

◆営業回りにクルマをドライブするオーナー
車内のオーディオ環境にはシビアな耳を持つ

日々やりがいを感じながらバリバリと仕事をこなす、キャリアウーマンの青山さん。営業先へは自ら運転するクルマで出かけ・・・

ニュースを読む

燃費ランキング - 車情報

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2020-2021
e燃費アプリ

車レビュー

akkumagai

車両はスズキハスラーのOEMであり、(色々な意味で)多分何も心配はないだ...[ 続きを見る ]

小春日和

11年前の新車を購入

車種名:トヨタ プリウス
投稿ユーザー:小春***** さん
総合評価:

まだまだ現役です。 子供が巣立ってミニバンを卒業。 アクアラインを良く使...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2021 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針