A6

カーライフニュース - A6

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

イース・コーポレーションが中国GOLDHORN(ゴールドホルン)のアンプ内蔵DSP「P3 DSPA Plus(A6 PRO)」の販売を開始、2024年1月末より正規取扱店を通じて販売が開始される。

「P3 DSPA Plus(A6 PRO)」は10chのクラスD級アンプ、最大192kHz/24bitに対応するUSB-DAC、3つのUSBポート、Bluetooth5.0、20ch DSPを備えたプレーヤー搭載型のアンプ内蔵DSP。カーナ・・・

ニュースを読む

アウディはこれまで、EVモデルとしてスーパーカーの『R8 e-tron』から始まり、スポーツセダン『e-tron GT』、そして多くのクロスオーバーSUVを発売してきたが、ついに本命とも言うべきEVワゴンが登場する。それが『A6アバント e-tron』だ。

◆航続距離は600km超!? 待望のEVワゴンが登場
捉えたプロトタイプは、これまでで最もカモフラージュが削ぎ落とされ、量産準備が完了しつつあるようだ。とはいえ、ボディ前後にはまだ・・・

ニュースを読む

アウディの欧州Eセグメントモデル『A6』が、2024年に生まれ変わる。現行型となる第5世代は2019年から販売されており、5年という比較的短いスパンで世代交代となる。

その理由の1つとみられるのが、電動化への移行へ伴う新ネーミング戦略だ。内燃機関車には奇数番号が使用され、電気自動車(BEV)には偶数番号が割り当てられるという新しいシステムが導入される。「A」は乗用車、「Q」はSUVを表す、おなじみの形式は今後も継続される予定だ。これに・・・

ニュースを読む

アウディジャパンは、アッパーミディアムセグメントの『A6/A6アバント』『A7スポーツバック』をアップデートし、12月7日より販売を開始した。

A6/A6アバント/A7スポーツバックは、アッパーミディアムセダン、ステーションワゴン、4ドアクーペとして、アウディブランドの中核に位置するモデル。今回のアップデートでは3モデルともに、シングルフレームグリルをRSスタイルのハニカムパターンに変更することでスポーティな印象を高めた。

A6/A・・・

ニュースを読む

アウディはステーションワゴン「アバント」の伝統を守り、BMWの最新電動ワゴン『i5ツーリング』と真っ向勝負を挑む体制が整っているようだ。

クロスオーバーSUVやハッチバックが主流の電気自動車市場において、ワゴンは圧倒的に少ない。プジョー『E-308 SW』、オペル『アストラ スポーツツアラーエレクトリック』、ニオ『ET5ツーリング』そしてポルシェ『タイカン クロスツーリスモ』、そして最大のライバルとなるBMW「i5ツーリング」らが存在・・・

ニュースを読む

EVワゴンに生まれ変わる!アウディ『A6アバント』を初スクープ

by APOLLO NEWS SERVICE on 2023年09月20日(水) 21時00分

アウディの主力Eセグメントワゴン『A6アバント』がBEVに生まれ変わる。デザインも含め大きく変わるA6アバントのプロトタイプをスクープした。

「A6アバント e-tronコンセプト」は2022年3月に公開されたが、その市販型にあたるのが今回のプロトタイプだ。カモフラージュはかなり厳重だが、これまで何度も目撃されてきた『A4/A5アバント』プロトタイプより大きく、5月にニュルブルクリンクでスクープしたA6 e-tronのプロトタイプによ・・・

ニュースを読む

アウディジャパンは、『A6』『A6アバント』『A7スポーツバック』に限定モデル「ブラックスタイル プラス」を設定。9月20日より販売を開始する。

限定車のベースモデルは、最大出力204ps/最大トルク400Nmを発生する2.0リットル直噴ディーゼルターボエンジン (TDI)を搭載する各モデルの「40 TDIクワトロスポーツ」。12Vマイルドハイブリッドシステムを搭載し、7速Sトロニック、AWDクラッチを使用する高効率なクワトロシステム・・・

ニュースを読む

BMW『5シリーズ』(BMW 5 Series)新型が7月13日に日本に導入された。欧州「Eセグメント」市場の中型セダンであり、強力なライバルとしてアウディ『A6』(Audi A6)がいる。『Eクラス』を擁するメルセデスベンツと合わせ、3ブランドでジャーマン御三家を構成する。

A6の歴史は前身の『100』を数えると5シリーズよりわずかに長くなるが、ライバルとして存在感を増すのは、アウディが80年代に「Vorsprung durch T・・・

ニュースを読む

ビー・エム・ダブリュー(BMWジャパン)は7月13日、BMW『5シリーズ』新型の受注を開始した。スペックをジャーマン・ビッグ3のライバル、メルセデスベンツ『Eクラス』、アウディ『A6』と比較して、新型のキャラクターを際立たせたい。

新型はプレミアムセグメントにおけるミドルクラス・セダンになる。電動化を果たした『i5』がシリーズの中核になるのだろうが、先発の競合には比較しやすい仕様がないため、ガソリン駆動の「523i Exclusive・・・

ニュースを読む

アウディ A6、2種類のPHEVを設定…欧州で2024年型の受注開始

by 森脇稔 on 2023年06月21日(水) 17時00分

アウディは6月1日、ミドルクラス『A6』(Audi A6)の2024年モデルに、欧州でプラグインハイブリッド車(PHEV)を設定し、現地での受注を開始した。セダンとワゴンの「アバント」が用意されている。

◆EVモードは最大91km
直噴ガソリンターボエンジンを基本にした新世代のPHEVシステム、「TFSI e」が搭載された。PHEVパワートレインには、2種類のパワースペックが設定される。「55TFSI e」グレードの場合、直噴2.0リ・・・

ニュースを読む

燃費ランキング - 車情報

EV充電スタンド検索
e燃費アワード2022-2023
e燃費アプリ

車レビュー

はるりく

今は売ってないけど ギリギリ 買えて良かった この車は燃費を気にして 丁...[ 続きを見る ]

ゴートシ

高速道路

車種名:トヨタ スペイド
投稿ユーザー:ゴー***** さん
総合評価:

燃費は出光でもエネオスでも変わらない。しかしキグナスは6%低下した。最高...[ 続きを見る ]

水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2024 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針