アルト

カーライフニュース - アルト

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

スズキは4月13日、『アルト ラパン』などのバックドアに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

対象となるのは、スズキ『アルト ラパン』『ソリオ』『イグニス』、三菱『デリカ D:2』の4車種で、2008年11月3日〜2016年3月25日に製造された49万9765台。

バックドア・ダンパーステーのガス封入式バランサについて、外筒のエンドキャップ部の塗装が不適切なため、外筒が腐食するものがある。そのため、・・・

ニュースを読む

【リコール】スズキ アルト、走行不能に陥るおそれ

by 森脇稔 on 2017年04月10日(月) 14時22分

スズキは、軽自動車の『アルト』に関するリコール(回収・無償修理)を、国土交通省に届け出た。

今回のリコールは、フロントストラットとナックルを締結するボルトとナットの締付けが、不適切なことによるもの。ナットが、規定のトルクで締め付けられていない可能性がある。

そのため、そのままの状態で使用を続けると、ナックルがストラットから外れ、最悪の場合、走行不能に陥るおそれがある。

リコールの対象となるのは、合計69台。2016年9月1日から2・・・

ニュースを読む

乗用車燃費ベスト10---登録車トップは プリウス、軽自動車は アルト

by 纐纈敏也@DAYS on 2017年03月29日(水) 18時13分

国土交通省は3月29日、2016年末時点で販売されている乗用車の燃費ベスト10を発表。普通・小型自動車ではトヨタ『プリウス』、軽自動車ではスズキ『アルト』がそれぞれ低燃費トップとなった。

国交省では、自動車ユーザーの省エネルギーへの関心を高め、燃費性能の優れた自動車の開発・普及を促進するため、毎年、燃費の良い乗用車のベスト10とともに、自動車の燃費性能を評価した「自動車燃費一覧」を公表している。

2016年末時点で販売されている自動・・・

ニュースを読む

スズキは12月13日、軽四輪車『アルト』の国内累計販売台数が、単一車種としては同社初となる500万台に達したと発表した。

アルトは、1979年5月に47万円という低価格で発売。運転のしやすさや経済性の高さで、女性を中心に支持を集め、セカンドカーという新たな市場を開拓した。以来、37年以上にわたり多くのユーザーが愛用する日本の軽自動車を代表するモデルとなっている。

スズキでは、アルトの国内累計販売台数500万台達成を記念して、「L」グ・・・

ニュースを読む

スズキは、軽乗用車『ハスラー』『アルト ラパン』、小型乗用車『ソリオ バンディット』に特別仕様車「Fリミテッド」を設定し、12月8日より発売する。

ハスラー Fリミテッドは、Gグレードをベースに、内装はカーキ色の専用シート表皮を採用。外観はガンメタ塗装のフロント&リヤバンパーガーニッシュ、黒色のスチールホイールなどを装着し、アクティブで引き締まった印象とした。車体色はオレンジ×黒、白×黒、黄×白の2トーン専用色を含む全4色を設定。さら・・・

ニュースを読む

フランスのヴァレオはとオランダのデジタルセキュリティ企業ジェムアルトは、自動車のバーチャルキーシステム「Valeo InBlue」のセキュリティ確保について、パートナーシップを締結したと発表した。

Valeo InBlueは、スマートフォンを使って自分の車の開錠、施錠、エンジンの始動、アプリケーションの利用や、車のさまざまなデータへのアクセスなどが可能になるバーチャルキーシステム。同システムは、ヴァレオがクラウドベースのプラットフォー・・・

ニュースを読む

プロトは、スウェッジライン ステンレス・メッシュブレーキホースキットに『アルトワークス/ターボRS(HA36S)』2WD車用と4WD車用を追加し、5月10日より販売を開始した。

スウェッジラインは、ホースの取付を純正品と同じく永久結合「カシメ方式」とすることで、継ぎ目の精度、安定性を飛躍的に向上。カシメ部をスリーブでカバーする独自のスカート&ダンパー構造で高い耐久性を実現している。

また、ホースエンドは、ともに耐蝕に優れたステンレス・・・

ニュースを読む

マツダが「4月1日」、マニュアルトランスミッション(MT)の廃止をネット上で告知。これが、話題になっている。

これは4月1日、マツダがカナダの公式Twitterページを通じて発表したもの。「2018年までに、マニュアルトランスミッションを廃止する」と宣言し、「ALL AUTOMATIC」の文字とともに、ATシフトレバーの画像をアップしたのだ。

その理由は何か。マツダカナダによると、イージードライビングが主流になっている現状から、マニ・・・

ニュースを読む

いまどきMT?という声が上がりそうだが、実に売れている。『アルトワークス』のうち9割がMTだそうだ。

もともとターボRSで打ち止めで、ワークスを登場させる予定はなかったそうだ。ところがターボRSを出したところ「MTを出してくれ」という声がユーザーから出て、それにメーカーは反応して「どうせなら面白いのを作ろう(開発者)と思って」、9か月で作り上げたのがワークスである。

実際に乗ってみるとまずはスロットルの付きがよい。アクセルを踏んだ瞬・・・

ニュースを読む

1987年に登場した初代はDOHCターボ+フルタイム4WDと、軽としては異例なハイスペックを誇った。転じて復活を果たした新型は、当然、最新技術をベースとするも(4WD車も設定される)、売りは“5速MT”と、シンプルでスノッブ。そこが、このクルマの“キャラ”なのだろう。

実車の外観は「ターボRS」などと差異が小さい。この点だけは「やや遠慮気味?」と思える。たとえば“チンク”に対する“アバルト”のように、小さなクルマは外観でも性能をアピー・・・

ニュースを読む

燃費ランキング - 車情報

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2016-2017
ただしがe燃費を使ってみるようです
e燃費アプリ

車レビュー

ジグソーパズルの達人

2代目プリウスPHV購入しました。

車種名:トヨタ プリウスPHV
投稿ユーザー:ジグ***** さん
総合評価:

念願の新型プリウスPHVを購入しました。初代プリウスPHV購入から3年2...[ 続きを見る ]

golfonthewave

中古で買いました。Eco モードの...

車種名:日産 エクストレイル
投稿ユーザー:gol***** さん
総合評価:

走行距離5千キロの中古車を購入した後、常にEco モードで走行しました。...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2017 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針