エスティマ

カーライフニュース - エスティマ

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

Yahoo!検索大賞、クルマ部門賞は「エスティマ」

by 纐纈敏也@DAYS on 2016年12月07日(水) 16時30分

Yahoo!JAPANは12月7日、前年と比較して検索数が最も急上昇した人物、製品、作品などを表彰する「Yahoo!検索大賞2016」を発表した。

Yahoo!検索大賞2016では、2016年1月1日から11月1日までの集計データをもとに、「今年の顔」として検索数が最も急上昇した人物に贈る「大賞」に加え、「パーソンカテゴリー(9部門賞)」「カルチャーカテゴリー(7部門賞)」「プロダクトカテゴリー(7部門賞)」「ローカルカテゴリー(47・・・

ニュースを読む

2006年のデビューから10年。『エスティマ』が生まれ変わった。

日本を代表するスタイリッシュミニバンのエスティマはまだまだ現役、どころか今回のビッグチェンジで強豪ライバルとも互角に戦える完成度を持つに至っているのだからびっくりだ。

ここではベースグレードとなる、しかしボディー前部にG'Sが使うようなヤマハ製パフォーマンスダンパーを装備し、今では全車エアロ仕様のアエラスとなった2.4リットルのガソリン車に試乗した。

ハイブリッドモ・・・

ニュースを読む

発売から10年も経過した『エスティマ』がマイナーチェンジを受け、更に延命が図られることになった。今回は外観デザインを大きく変更したほか、足回りにも手を入れ、安全装備を追加するなど、それなりの改良が図られている。

とはいえ、基本設計の部分は10年前のものでいろいろな部分が古くなっている。それを更に売り続けようとするのは量販乗用車ではおよそ考えられない話である。

トヨタの販売力をもってしても、フルモデルチェンジをして採算に乗せるのが難し・・・

ニュースを読む

デビューから10年ぶりに大改良を行った『エスティマ』。

そもそも国産の実用車で10年にわたり作り続けられていること自体が驚異的だが、そのロングセラーの理由はもちろん、初代から続くエクステリアのエッグシェルデザインに象徴される、先進感に満ちたどんなミニバンにも似ていないデザイン力にほかならない。10年たっても古臭さなど皆無。まさに美魔女的ミニバンなのである。

今回のビッグチェンジと呼べる改良の目玉は内外装デザインの変更だけにとどまらな・・・

ニュースを読む

2006年のデビュー以来、10年ぶりの大改良を行ったトヨタ『エスティマ』。

その内容はフロントフェース、歩行者保護対応のボンネット、フロントフェンダー、 メーター、センターコンソール、シート生地の変更、トヨタセーフティセンスCの採用、さ らに足回りの改良、パフォーマンスダンパーの追加など多岐に亘るビッグチェンジな のである。

今年の夏以降、日産『セレナ』、ホンダ『フリード』も新型となり、ミニバンブームが再燃すること必至。そこで新しい・・・

ニュースを読む

日焼け、抜け毛、老化……梅雨入りした日本、紫外線によるダメージやその予防について毎日のように報じられている。そんななか、トヨタは『エスティマ』の上級2グレードを全方位約99%UVカットガラス化。AGC旭硝子は「ママ目線を重視したエスティマ開発陣の決断」という。

「完璧に近い紫外線(UV)カット」が実現したグレードは、エスティマ/エスティマハイブリッドの「AERAS PREMIUM-G」と「AERAS SMART」。後席エリアのリヤドア・・・

ニュースを読む

2006年にデビューしたトヨタ『エスティマ』3代目が、10年の時を経て表情を一変させた。6月30日、木更津での取材会でこのエスティマのチーフエンジニア・水澗英紀さんが、メディアたちを前に“成長記”を語った。以下は、水澗さんの5分間連続トークだ。

「いまの日本において、ファミリーカーといえばミニバン。そのきっかけをつくったのは間違いなく初代のエスティマだったと思っている。いっぽうで、いろいろな3列車が世の中に出てくるなかで、経済性や実用・・・

ニュースを読む

TRD(トヨタ・レーシング・ディベロップメント)ブランドを手がけるトヨタテクノクラフトは6月6日、改良新型トヨタ『エスティマ』の発表に合わせて、カスタマイズパーツを設定した。

外装パーツでは、改良新型のデザインに合わせて新設計したフロントバンパーガーニッシュ、フロントスポイラー、リアバンパースポイラーを用意。とくに、フロントバンパーガーニッシュは、グリル上側に取り付けることで、フロントマスクを一変させる。色は、ブラックとグレーの2色。・・・

ニュースを読む

トヨタマーケティングジャパンは、改良新型『エスティマ』について、「好奇心を、動かそう。」をキーメッセージにした新キャンペーン「Sense of Wonder」を開始した。

6月6日にオープンしたキャンペーンサイトでは、世界各地の“奇妙なもの”を追い求めるフォトグラファー、佐藤健寿氏監修のもと、「UFO」「ファフロツキーズ現象」など、19の“Wonder”モチーフと新しくなったエスティマが、それぞれのモチーフにちなんで不思議に、かわいら・・・

ニュースを読む

トヨタ エスティマ 改良新型、旭硝子のUVベールPremium Privashieldを採用

by 纐纈敏也@DAYS on 2016年06月07日(火) 11時36分

AGC旭硝子は、同社が販売する自動車用ガラス「UVベールPremium Privashield」が、トヨタ自動車が6月6日に発売した『エスティマ/エスティマ ハイブリッド』に採用されたと発表した。

UVベールPremium Privashieldは、リアドア・リアの紫外線(UV)を約99%カットしながら、赤外線(IR)カット性能も従来品より向上したガラス。フロントドアガラスの「UVベールPremium Cool on」、フロントガラス・・・

ニュースを読む

燃費ランキング - 車情報

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2016-2017
ただしがe燃費を使ってみるようです
e燃費アプリ

車レビュー

もぶすけ

ビックリしました!

車種名:三菱自動車 eKスポーツ/アクティブ
投稿ユーザー:もぶ***** さん
総合評価:

25年位前に三菱の軽自動車を中古車で購入した所、直ぐパワステが壊れて返品...[ 続きを見る ]

CF4152

給油、そして燃費。

車種名:ホンダ シャトル (ハイブリッド)
投稿ユーザー:CF4***** さん
総合評価:

給油(通算16回目)を12/10に行いました。前回の給油から553.9k...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2017 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針