JC

カーライフニュース - JC

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

MINIは5月19日、「ハッチバック」新型の高性能モデル、「ジョンクーパーワークス(JCW)」(Mini John Cooper Works)を今秋、ワールドプレミアすると発表した。

これに先駆け、プロトタイプの写真を公開した。プロトタイプは、6月にドイツで開催されるニュルブルクリンク24時間レースに登場する。

新型は、MINIデザインチームが特別にデザインしたカモフラージュをまとう。1960年代のクラシックミニの赤と白のカラースキ・・・

ニュースを読む

インバウンド(訪日外国人)向けに非対面でレンタカーが借りられるサービス『JCOレンタル(JCO Rental)』を、千葉市内のスタートアップ企業である株式会社 Strive Trading(ストライブトレーディング)が4月20日より開始した。本サービスの狙いはどこにあるのか、またサービスを始めるきっかけについて、同社の佐々木亮社長に話を聞いた。

◆サービスの目的は外国人のレンタカーを借りるハードルを下げること
海外の旅行先や出張先でレ・・・

ニュースを読む

伊勢湾岸道下り・飛島JCTから四日市JCTで集中工事 6月12日から

by 纐纈敏也@DAYS on 2024年03月17日(日) 06時15分

NEXCO中日本は、伊勢湾岸自動車道の飛島ジャンクション(JCT)から四日市JCT(下り線)において、6月12日6時から7月17日24時まで集中工事を実施すると発表した。工事期間中は、昼夜連続の車線規制と夜間通行止めが実施される。

交通規制期間中は午前中の渋滞が予測されるため、NEXCO中日本では東名高速道路、名神高速道路、名古屋第二環状自動車道、東名阪自動車道、名古屋高速などへの迂回や、出発時間の変更、公共交通機関の利用などを呼びか・・・

ニュースを読む

MINIは1月29日、小型SUV『カントリーマン』(MINI Countryman)新型の新たな写真を公開した。内燃エンジン搭載の主力グレード「カントリーマンS ALL4」の「JCW(ジョン・クーパー・ワークス)」仕様だ。

内燃エンジン搭載のカントリーマンS ALL4には、2.0リットル直列4気筒ガソリンターボエンジンを搭載する。欧州仕様の場合、最大出力は218hp、最大トルクは36.7kgmだ。一方、日本仕様の場合、最大出力は204・・・

ニュースを読む

1月1日16時06分ごろから、石川県能登地方において断続的に大きな地震「令和6年能登半島地震」が発生し、最大震度7を記録した。この地震の影響により、能登地方・北陸地方の道路で、通行止めなど規制を行っている箇所・区間がある。

JARTIC:日本道路交通情報センターによると、地震による高速道路の通行止めは、23時40分現在下記の通り。

磐越道・新潟中央IC〜津川IC上下線
北陸道・新潟中央JCT〜加賀IC上下線
日本海東北道・新潟中央J・・・

ニュースを読む

MINIのオープンモデル『コンバーチブル』の最上位モデルとなる『MINI JCWコンバーチブル』(ジョンクーパーワークス)次世代型プロトタイプをカメラが捉えた。先日のハッチバックに続くスクープだ。

これまでフルエレクトリック(BEV)化へのつなぎとなる大幅改良と噂されていたこのプロトタイプが、実は次世代型プロトタイプであることがわかった。

ドイツ市街地で捉えたプロトタイプのフロントエンドは、ボンネット開口部に跨る大型エアインテークが・・・

ニュースを読む

MINIは現在、EVの3ドアハッチバックに続いてICE(内燃機関)搭載モデルの改良新型を開発中だが、その頂点に君臨する最強モデル『MINハッチバックJCW』(ジョンクーパーワークス)プロトタイプをカメラが捉えた。

MINIは今後の数年間で、EVと内燃機関(ICE)を動力源とするモデルを導入していくことが分かっている。これらは異なるプラットフォームを採用し、2つの異なる大陸で製造、同時に販売される予定だ。

◆MTはなし!デビューは20・・・

ニュースを読む

MINIは12月6日、3ドアハッチバック新型のEV『クーパーSE』に、欧州で「JCW(ジョン・クーパー・ワークス)」仕様を設定すると発表した。内外装をスポーティに仕上げている。

外観は、フロントとリアにディフューザーが装着された。フロントグリルの周囲とエンブレムは、ハイグロスブラックで仕上げる。ルーフとドアミラーカバーは、チリレッドで塗装し、視覚的なハイライトとした。

新しいジョン・クーパー・ワークスのエンブレムは、伝統的な赤、白、・・・

ニュースを読む

MINIは2024年5月、小型SUV『カントリーマン』(日本名:MINI『クロスオーバー』に相当)の新型の高性能モデル「ジョンクーパーワークス(JCW)」を米国市場で発売する。欧州仕様車よりもパワフルな2.0リットルターボエンジンを積むのが特長だ。

新型のパワートレインは、直噴2.0リットル直列4気筒ガソリンターボエンジンだ。米国仕様車の場合、最大出力は312hpを引き出す。欧州仕様車の300hpに対して、12hpパワフルになる。

・・・

ニュースを読む

MINIは11月9日、小型SUV『カントリーマン』(日本名:MINI『クロスオーバー』に相当)の新型の高性能モデル「ジョンクーパーワークス(JCW)」を欧州で発表した。新型にはEVだけでなく、内燃エンジン車も設定される。

新型のパワートレインには、直噴2.0リットル直列4気筒ガソリンターボエンジンを搭載する。デュアルドライブエグゾーストターボを採用し、ピストンやコネクティングロッド、エンジンマウントを改良。燃焼室への空気の流入を効率化・・・

ニュースを読む

燃費ランキング - 車情報

EV充電スタンド検索
e燃費アワード2022-2023
e燃費アプリ

車レビュー

運転志

2回目の給油

車種名:ルノー トゥインゴ
投稿ユーザー:運転***** さん
総合評価:

燃料警告灯とブザーが鳴るのは、推定走行可能距離が50km代まで減ってから...[ 続きを見る ]

運転志

工具が無いとね…

車種名:ルノー トゥインゴ
投稿ユーザー:運転***** さん
総合評価:

初回3ヶ月点検の一週間前なんで、一応エンジンオイル量を確認しておこうかと...[ 続きを見る ]

水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2024 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針