グランエース

カーライフニュース - グランエース

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

トヨタ自動車は、フルサイズワゴン『グランエース』に助手席可倒式ヘッドレストを標準装備するなど、を一部改良し、6月28日より販売を開始した。

グランエースは、『アルファード』より一回り大きな、全長5300mm、全幅1970mmのフルサイズワゴン。4列シート8人乗り仕様の「G」と3列シート6人乗り仕様の「プレミアム」の2種類を設定する。3列シート6人乗りでは、ゆとりある後席スペースを確保したまま、約90リットルのスーツケースを立てて積載で・・・

ニュースを読む

カレコ・カーシェアリングクラブは、3月12日より、東京都渋谷区の「セルリアンタワー(地下3階駐車場)ステーション」に、トヨタの高級ミニバン『グランエース』を導入すると発表した。

カレコはこれまでも、大人数で快適に移動したいというニーズに応えるべく、トヨタ『アルファード』や『ハイエースワゴン』など、乗車人数や利用シーンに合わせて選べる9車種、1277台のミニバンやワゴンを導入してきた。そして今回、上質かつ快適なプライベート空間で、ゆった・・・

ニュースを読む

エンケイは、トヨタ『グランエース』専用鍛造削り出しアルミホイール「WPS GranV(グランヴェ)」を8月1日より同社WEBストア限定で発売する。

新製品は、グランエースの持つ上質な特長を損なわないようリムサイズを同一とし、車両スタイリングにマッチさせるべく、上品かつ繊細に構成された24+24の48本フィンデザインを採用している。

センターパートから伸びる24本スポークには強化リブを付与し、繊細な印象を与えながらも充分な強度を確保し・・・

ニュースを読む

◆アルファード/ヴェルファイアの不満を解消する後部座席

居住性の最も優れたミニバンは、『アルファード/ヴェルファイア』とされるが、3列目の快適性は2列目に比べて大幅に見劣りする。3列目は左右に跳ね上げて小さく畳むことに重点を置くためだ。頭上と足元の空間は広いが、シートの柔軟性は乏しい。

また床と座面の間隔が不足しているから、足を前方に投げ出す座り方になってしまう。5名以上で長距離を移動する時は、時々席替えをしないと不公平になりそうだ・・・

ニュースを読む

「働くクルマ」というと、まず思い浮かぶのはダンプカーや消防車、ショベルカーといった姿だが、トヨタは今回、そこに「上級送迎」という新たな「働くクルマ」としてグランエースを誕生させた。ホテルや旅館、葬儀場やゴルフ場といった、少数のお客様を大切に運ぶ、おもてなしとして送迎をするという、今までにもあったようで、実はなかなかそこにドンピシャでハマるクルマはなかったジャンルだ。

以前、近所の葬儀場が送迎車としてメルセデスベンツ『Vクラス』を使って・・・

ニュースを読む

2019年12月16日に発売されたトヨタのフルサイズ高級ワゴン『グランエース』。海外仕様の『ハイエース』をベースとし、役員や賓客の送迎車などを想定して開発が行われた。

◆全長5m超えのフルサイズ高級ワゴン


上記の通り海外版ハイエースをベースとして開発されたグランエースは、全長5300mm×全幅1970mm×全高1990mmで、セミボンネットのパッケージ。ヘッドランプと一体となった金属調の加飾がなされた大型ラジエターグリルが、同社の・・・

ニュースを読む

トヨタは海外向けの『ハイエース』をベースとした新たな高級ミニバン『グランエース』を日本でも発売する。早速試乗の機会を得た。

※記事内容を一部修正し再掲いたしました(2月12日)

◆アルファード/ヴェルファイアとの違いは


まず、ベースは輸出用のハイエースである。驚いたことにハイエースはモノコック構造である。とは言うものの、アンダーボディにはしっかりとした強固なラダーフレーム構造が付いている。次にエンジンは2.8リットルターボディー・・・

ニュースを読む

子どもたちをポップアップルーフで寝かせ親は下のベッドで、というのは家族キャンプの醍醐味のひとつだろう。ワンボックスワゴンの他、SUVでもポップアップルーフの架装をすれば、車中泊キャンプの幅がひろがる。

ジャパンキャンピングカーショー2020、トイファクトリーのブースで、量産型が発表されたばかりのトヨタ『グランエース』のキャンピングカーが展示されていた。ポイントは、ルーフのポップアップテントの架装だ。ルーフ部分は2名が寝られるという。グ・・・

ニュースを読む

トイファクトリーは、トヨタ『グランエース』のキャンピングカーコンセプトモデル「アーバン・キャンパー」を、1月31日から2月2日に幕張メッセで開催される「ジャパンキャンピングカーショー2020」で初公開する。

昨年12月に発売されたプレミアムワゴン「トヨタ グランエース」。大人6名(Gグレード/8名)がゆったりと過ごせる余裕の室内空間に、トルクフルなパワートレイン、快適な乗車シートを装備し、長距離のドライブも快適に過ごせる優れたコンフォ・・・

ニュースを読む

トヨタ グランエース、ブリヂストン デュラビスを新車装着

by 纐纈敏也@DAYS on 2020年01月14日(火) 21時00分

ブリヂストンは、トヨタの新型フルサイズワゴン『グランエース』の新車装着用タイヤとして、「DURAVIS(デュラビス)R660A」を納入する。

デュラビスは、バン・小型トラックなどの商用車に求められる摩耗性能やウェット性能の向上を追求したタイヤブランド。今回装着されるデュラビスR660Aは、新トレッドゴムおよび新パタン設計を開発・採用することで、ロングライフ性能を確保しながら、転がり抵抗の低減やウェット性能を高次元で実現している。

グ・・・

ニュースを読む

燃費ランキング - 車情報

EV充電スタンド検索
e燃費アワード2022-2023
e燃費アプリ

車レビュー

なべ ゲーシ

8年17万キロ走って

車種名:スズキ イグニス
投稿ユーザー:なべ***** さん
総合評価:

初代のMGに乗ってます 通勤片道15キロ位 燃費は、17前後 特に冬時期...[ 続きを見る ]

ゆきさん1979

初代のシエンタから、2代目登場と同時に乗り換え。エクステリアは賛否両論あ...[ 続きを見る ]

水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2024 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針