シャトル (ハイブリッド)

カーライフニュース - シャトル (ハイブリッド)

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

ホンダのコンパクトステーションワゴン『シャトル』で甲州、駿河界隈を600kmあまりツーリングする機会があったのでリポートする。

シャトルはコンパクトカー『フィット』をベースに作られたステーションワゴン。高級ホテルに乗り付けられる上質なワゴン作りを目指したとは、開発陣の弁。デビュー当時のキャッチフレーズも「クラッシー・リゾーター」、すなわち高級リゾートエクスプレスであった。

試乗車は最上級グレード「HYBRID Z」のFWD(前輪駆動・・・

ニュースを読む

昨年5月にホンダから発売されたコンパクトステーションワゴン『シャトル』。そのシャトルでGWを利用して6泊7日の車中泊を試みた。その感想と車中泊した道の駅などについてレポートしたい。

シャトルの最大の特徴は車内が広いということ。しかも、2列目シートを前方に倒すと、フラットな床面になり、最大184cmのスペースが広がる。身長178cmの筆者でも足の伸ばして十分寝られるサイズだ。実際に寝てみても余裕があり、幅もあるので寝返りも楽にできる。シ・・・

ニュースを読む

スタンレー電気は東京オートサロン2016で、ホンダ『シャトル』向け新作「RAYBRIG」ブランドの新作ライティングキットを参考出展。ヘッドランプ、フォグランプ、ロアスカート、リアコンビランプなどの試作品をベース車の左側部分にのみ組み込み、通常タイプとの比較デモを展開していた。

今回の試作パーツは、エンブレムイルミ、ヘッドランプ、イエローLEDフォグランプ、レーザーファイバーイルミ付きFRロアスカート、同サイドロアスカート、リアコンビラ・・・

ニュースを読む

ホンダは、コンパクトステーションワゴン『シャトル』の「ハイブリッド X/Z」に特別仕様車「スタイルエディション」を設定し、12月18日より販売を開始する。

特別仕様車は、ステンレス製スポーツペダルと音声タイプのETC車載器を装備。さらにハイブリッドXはフォグライトを、ハイブリッドZは本革巻ステアリングホイール(スムースレザー)とトノカバーを装備し、内外装の質感を向上させている。

価格(FF)は、ハイブリッドXが219万円、ハイブリッ・・・

ニュースを読む

リゾートをテーマにしたドッグフレンドリーな、新型ホンダ『シャトル』で訪れた夏の横須賀・三浦海岸の1泊2日のドライブ旅行。

ラブラドールレトリーバーのマリアとジャックラッセルのララは、 この日のために買った涼しげなアロハシャツを着用して、シャトルに乗り込んだ。洋服を着せると車内の抜け毛汚れが少なくて済み、カフェなどでのマナーになるからだ。

シャトルは愛犬家に大注目されている5ナンバーサイズにして、使いやすさ抜群のクラス最大級のラゲッジ・・・

ニュースを読む

犬が乗り降りし、ドライブするのにふさわしいドッグフレンドリーカーを研究してはや8年。

自称、自動車評論犬!? でもあるわが家の”旅する”ラブラドールレトリーバー、マリアに「こんなにドッグフレンドリーなワゴンなんてめったにないワンよ」と言わせたのが、ホンダ『シャトル』。クラッシィリゾーター、リゾートドライブをテーマにした、本格的かつ独創的なワゴン機能を持つ、今では希少な5ナンバーサイズのコンパクトワゴンだ。

先代と違い、『フィット シ・・・

ニュースを読む

『フィット』をベースにした新しいホンダのコンパクトワゴンが『シャトル』。『フィットシャトル』ではない。その理由はコンパクトワゴンとしての独自価値をアピールするためだが、ただフィット3の後ろにラゲッジを付けただけではないこだわりに注目だ。

例えば、先代と比べ鼻先を短くし、逆にリヤオーバーハングを伸ばし、ワゴンのユーティリティを追求したパッケージングである。そしてFF車の場合、フィットとはリヤサスまで違い(荷物の積載対応で当然ではあるが)・・・

ニュースを読む

『フィット』のスペースユーティリティは世界のコンパクトカーの中でもピカイチと言える。

そんなフィットのコンパクトワゴン版が『シャトル』だ。室内空間の広さはフィット譲りで、特にリクライニング機構が加わった後席は身長172cmのリポーターのドライビングポジションの背後で頭上に15cm、ひざ回りにはひとクラス上のワゴンに相当するの18cmものスペースがあるからゆったりできる。

ラゲッジも広大だ。その広さ、容量は3ナンバーワゴン並みで、フロ・・・

ニュースを読む

新型『シャトル』は、『フィット』をベースにした、事実上の先代となる『フィットシャトル』の真正後継車である。

先代に対して、全長を15mm、ホイールベースを30mm延長するとともに、フロントオーバーハングを縮め、リヤオーバーハングを伸ばした、よりステーションワゴンとして機能的なプロポーションを手に入れている。

ラゲッジスペースは床下収納30リットルを除くと、通常時540リットル、後席を格納した最大時で1111リットルに達する。その数値・・・

ニュースを読む

新車見積ランキング、ホンダ シャトル がトップ…オートックワン6月

by 纐纈敏也@DAYS on 2015年07月02日(木) 18時45分

オートックワンが発表した6月の新車見積依頼月間ランキングによると、ホンダの新型車『シャトル』が1693件でトップとなった。

2位はトヨタ『アクア』、3位はホンダ『フィット』、前月と順位が入れ替わった。一方、前月トップの『ステップワゴン』は6位まで順位を落としたが、ホンダはそのほかにも『フィット』『ヴェゼル』と、トヨタを上回る4車種がトップ10入りした。

1位:シャトル(ホンダ)1693件
2位:アクア(トヨタ)1686件
3位:フィ・・・

ニュースを読む

燃費ランキング - 車情報

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2017-2018
ただしがe燃費を使ってみるようです
e燃費アプリ

車レビュー

もりお

アイドリングストップについて

車種名:日産 ノート
投稿ユーザー:もり***** さん
総合評価:

新車購入からもうすぐ4年というところで、バッテリーを交換しました。 燃費...[ 続きを見る ]

たくたく

驚異の実燃費28km/l

車種名:マツダ デミオ (ディーゼル)
投稿ユーザー:たく***** さん
総合評価:

一年で3万キロ走りましたが、トータルで実燃費28km/lは驚異的です。し...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2019 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針