カマロ

カーライフニュース - カマロ

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

ゼネラルモーターズ・ジャパン(GMジャパン)は10月5日、2024年1月に生産終了となるシボレー『カマロ』6代目の「ファイナルエディション」を50台限定で発売した。価格は940万円。

ファイナルエディションは、6.2リットルV8エンジンを搭載する「カマロSS」をベースに、白と黒の2色のボディカラーを用意。ルーフトップにまで伸びるセンターストライプを施すことで、シンプルながら白と黒のコントラストが際立つスタイリッシュな2トーンカラーに仕・・・

ニュースを読む

シボレーは6月8日、スポーティクーペ『カマロ』(Chevrolet Camaro)の高性能モデル「ZL1」に、米国で「ガレージ56エディション」を56台限定で設定すると発表した。

同車は、今年のルマン24時間耐久レースに参戦するレーシングカー、「ガレージ56カマロZL1」に着想を得て開発された。ルマン24時間耐久レースの特別枠「ガレージ56」にエントリーする同車は、次世代の「NASCARカップシリーズ」マシンがベース。ルマンでは、ジェ・・・

ニュースを読む

シボレーは6月5日、スポーティクーペ&オープン『カマロ』(Chevrolet Camaro)現行型の最終モデル「コレクターズ・エディション」を米国で発表した。

現行カマロは、第6世代モデルだ。現行型の最終モデルイヤーとなるのが2024年モデル。この2024年モデルには、コレクターズ・エディションが設定される。

コレクターズ・エディションは、新色のパンサーブラックメタリックティントコート塗装、サテンブラックのアクセントストライプ、20・・・

ニュースを読む

ゼネラルモーターズ・ジャパンは5月19日に開催された「シボレーファンデイ2023」において、『カマロ』の限定車、「カマロ VIVID ORANGE EDITION」を初公開した。

◆オレンジカラーにストライプ、レカロシートの特別仕様
この限定車はカマロをベースに、そのエキサイティングでパワフルなイメージをさらに高めた限定モデルとして5月8日から発売している。「カマロSS」をベースとした国内限定20台のスペシャルモデルで、価格は893万・・・

ニュースを読む

強烈インパクトの「オレンジ カマロ」、国内限定20台で発売

by 纐纈敏也@DAYS on 2023年05月08日(月) 20時00分

ゼネラルモーターズジャパン(GMジャパン)は5月8日、シボレーのアメリカンスポーツクーペ『カマロ』に特別仕様車「ビビッドオレンジエディション」を設定し、日本国内限定20台で販売を開始した。価格は893万円。

ビビッドオレンジエディションは、6.2リットルV8エンジンを搭載する『カマロSS』をベースに、視線を惹きつけるビビッドオレンジのエクステリアカラーを採用。ルーフトップにまで伸びるシルバーのセンターストライプを大胆に配置することで、・・・

ニュースを読む

ゼネラルモーターズジャパン(GMジャパン)は4月4日、シボレーのスポーツクーペ『カマロ』を月々定額で乗ることができるリースプログラム「シボレー オーナー エクスペリエンスプラン フォー カマロ」を開始した。

本プログラムは、契約満了時の査定予想額を残価として新車価格より差し引くことで、月々の支払金額を大幅に軽減できる「残価保証型」を採用。毎月一定額の支払いで、3年にわたり「カマロ」のカーライフを楽しめる。

月々の支払いには車両の登録・・・

ニュースを読む

シボレー カマロ 現行型、生産終了へ…2024年1月

by 森脇稔 on 2023年03月23日(木) 13時00分

シボレーは3月22日、スポーティクーペ&オープン『カマロ』(Chevrolet Camaro)の現行型の生産を、2024年1月に終了すると発表した。

現行カマロは、第6世代モデルだ。現行型の最終モデルイヤーとなる2024年モデルが3月22日、米国で発表された。2024年モデルには、「ファイナル・コレクターズ・エディション」が設定される。

シボレーは2024年モデルのティザー写真を公開した。詳細は今夏発表される予定だ。なお、現時点では・・・

ニュースを読む

ゼネラルモーターズ・ジャパン(GMジャパン)は、シボレー『カマロ』およびキャデラック『CT5』『XT4』について、2023年モデルより価格を引き上げ、12月1日より販売を開始した。値上げの理由は、昨年来の半導体不足によるサプライチェーンの逼迫、急速な為替変動の影響等。

シボレーカマロの新価格はLT RSが668万円(同589万円)、SSが848万円(同749万円)、コンバーチブルが778万円(同679万円)。

GMジャパンは2月25・・・

ニュースを読む

色鮮やか、ラピッドブルーの『カマロ』登場…日本のみ限定20台

by 纐纈敏也@DAYS on 2022年09月08日(木) 16時30分

ゼネラルモーターズジャパン(GMジャパン)は、シボレー『カマロ』にスポーティなイメージを高めた限定モデル「ラピッドブルーエディション」を設定し、9月8日から発売する。

ベースモデルは軽量・高剛性ボディに2.0リットル直噴ターボエンジンを搭載する「LT RS」。鮮やかなトーンが印象的なラピッドブルーのエクステリアを、ブラックのラリーストライプが引き締め、スポーティでパワフルなイメージを際立たせた。インテリアには、限定色セラミックホワイト・・・

ニュースを読む

ゼネラルモーターズ・ジャパン(GMジャパン)は、シボレー『カマロ』の2023年モデルを5月26日から発売する。デリバリー開始は2022年9月の予定。

2023年モデルでは一部エクステリアカラーを変更。クーペ2モデル(LT RS、SS)の現行5色のうち、サテンスチールグレーメタリックをシャドーグレーメタリックに変更する。コンバーチブルのエクステリアカラー3色は変更なしで継続する。

また価格を引き上げ、LT RSは589万円(旧価格56・・・

ニュースを読む

燃費ランキング - 車情報

EV充電スタンド検索
e燃費アワード2022-2023
e燃費アプリ

車レビュー

ねばくん

バッテリー交換前と交換後の燃費につ...

車種名:スズキ ハスラー
投稿ユーザー:ねば***** さん
総合評価:

普段は燃費が24キロ/Lほど出ている車ですが 昨年12月ごろから20~2...[ 続きを見る ]

E燃費

都会はつらい

車種名:トヨタ パッソ
投稿ユーザー:E燃***** さん
総合評価:

大阪府内の慢性渋滞状況下では、正直リッター10KMいけば上出来ですわ。1...[ 続きを見る ]

水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2024 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針