フィット (ハイブリッド)

カーライフニュース - フィット (ハイブリッド)

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

気になるニュース・気になる内幕---今日の朝刊(朝日、読売、毎日、産経、東京、日経の各紙・東京本社発行最終版)から注目の自動車関連記事をピックアップし、その内幕を分析するマスコミパトロール。


2017年10月6日付

●ノーベル賞、カズオ・イシグロ氏文学賞、日本出身・英作家「日の名残り」(読売・1面)

●FTA再交渉米譲らず,車分野など見直しか、対立回避へ、韓国転換(読売・2面)

●センチュリーHVに(読売・10面)

●「エヌ・・・

ニュースを読む

どんなにかっこいい人でも、一つ嫌いなことがあると、急に冷めちゃうことってないだろうか。マイナーチェンジした『フィット』。ボディ剛性をよくして、乗り心地もアップ。ブレーキを踏んだときの違和感も減った。高齢者事故で急に盛り上がりをみせる先進安全機能のホンダ・センシングも搭載し、盤石の態勢とみえるフィット。

でも、私にはどーっしても受け入れられないところがある。フィットご自慢の低床が、気に入らないのだ。

とにかく、低く低く低く。独自のセン・・・

ニュースを読む

出だしでつまずいてしまった、3代目のホンダ『フィット』。改良を重ね、久しぶりに試乗したマイナーチェンジモデルは、その商品力を大幅に引き上げていた。

大きな変化として挙げられるのは、まずホンダセンシングの採用だ。グレードの低いモデル以外はほぼ標準装備。ミリ波レーダーと単眼カメラによるシステムは、自動ブレーキや誤発進抑制などに加えて、ACC、車線維持支援システムのLKASなどが含まれている。もっともACCについては全車速対応ではないが。
・・・

ニュースを読む

かつてホンダは、初代『シビック』に「RS」と呼ばれるスポーツモデルを設定。このRSモデルはマイナーツーリングレースなどでも活躍し、大ブームとなった。『フィット』のRSはシリーズ2代目から設定。このたびマイナーチェンジされた3代目でも、RSは存続されている。

現行フィットのパワートレインラインアップは、従来どおり1種のハイブリッドと、2種のガソリンエンジン。1.3リットルガソリンエンジンは100馬力/119Nm、1.5リットルガソリンエ・・・

ニュースを読む

ホンダは自社初のハイブリッドを『インサイト』というスポーツモデルで作ったメーカーであり、ハイブリッドでもスポーティに、という考えをつねに持っている。『フィットハイブリッドS』はそんなインサイトのDNAを受け継いだモデルと言えるだろう。

マイナーチェンジを受けたフィットは従来どおり1種のハイブリッドと、2種のガソリンエンジンを動力源として用意。ハイブリッドは1.5リットルエンジンとモーターを組み合わせたもので、エンジンは110馬力/13・・・

ニュースを読む

マイナーチェンジを受けたホンダ『フィット』は、動力源として従来どおり1種のハイブリッドと、2種のガソリンエンジンを用意した。

ハイブリッドは1.5リットルエンジンとモーターとを組み合わせたもので、エンジンは110馬力/134Nm、モーターが29.5馬力/160Nmのスペック。全パワートレインにFFと4WDを用意。ハイブリッド車のトランスミッションはオートモード付きのDCTのみ。

ハイブリッド車の装備グレード展開はもっともベーシックな・・・

ニュースを読む

ホンダの『フィットハイブリッド』はトヨタの『アクア』がライバルだが、少し先にアクアがマイナーチェンジ。燃費トップの座は何とかアクアが守ったが、先進安全装備の面ではマイナーチェンジしたフィットの優位性が目立つ。

アクアは普及型のトヨタセーフティセンスCを装備するが、フィットはより高度な制御を行うホンダセンシングを採用。ミリ波レーダーと単眼カメラによるセンシングでブレーキ、ステアリングを制御し、約5km/h以上ならクルマだけでなく歩行者も・・・

ニュースを読む

6日から、六本木ヒルズでホンダ『フィット』改良新型と『少年ジャンプ』創刊50周年記念コラボイベントが開催される。目玉は、フィットに乗って楽しむバーチャルドライブゲームだ。さっそく体験してきたのでレポートする。

会場は六本木ヒルズの「大屋根プラザ」だ。注意したいのは開催日と場所で、6日から9日までは大屋根プラザでの開催、その後いったん休止し夏休みとなる7月15日から8月27日は、すぐとなりの六本木ヒルズ「ヒルズカフェ」に場所を変えての開・・・

ニュースを読む

ホンダは、「週刊少年ジャンプ」とのタイアップイベント「NEWフィット×少年ジャンプ バーチャルドライブゲーム 〜マンガの世界をドライブ〜」を7月6日から9日までの4日間、六本木ヒルズの大屋根プラザにて開催する。

イベントでは、少年ジャンプの歴代人気作品の原画世界を、フィットに乗車して体感できるバーチャルドライブ企画を実施する。原画世界を体感できるのは、「ドラゴンボール」「ONE PIECE」「NARUTO」「ジョジョの奇妙な冒険」「る・・・

ニュースを読む

無限(M-TEC)は、ホンダから発売された新型『フィット』に対して各種パーツを設定し、6月30日より順次全国のホンダカーズおよび無限パーツ取扱店で発売する。

新型フィット用無限パーツは「アクティブスタイル」をコンセプトとし、エクステリアでは「RS」などスポーティモデル用のフロントエアロバンパーとフロントアンダースポイラーの2タイプ、スタンダードモデル用のフロントアンダースポイラータイプ、計3タイプのエアロパーツをラインアップ。ユーザー・・・

ニュースを読む

燃費ランキング - 車情報

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2016-2017
ただしがe燃費を使ってみるようです
e燃費アプリ

車レビュー

Takeshi Nakazawa

燃費がいい‼

車種名:トヨタ エスクァイア
投稿ユーザー:Tak***** さん
総合評価:

エコマークが消えないように優しい運転を心掛け、渋滞の少ない田舎道を選択し...[ 続きを見る ]

chanta

都内だけだと燃費悪い

車種名:ボルボ V40
投稿ユーザー:cha***** さん
総合評価:

T3です。基本週末の買い物用なので燃費は7km台 他の人の燃費と比べると...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2017 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針