S2000

カーライフニュース - S2000

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

三樹書房/グランプリ出版は4月8日に、モビリティリゾートもてぎホンダコレクションホールにおいて、「ホンダS2000開発者による講演会〜ファンの集い〜」を開催。当時のエンジニア4名から、ホンダ『S2000』の開発エピソードなどが語られた。

この催しは三樹書房から昨年刊行された書籍、『ホンダS2000』をもとに、当時のエンジニアが開発ストーリーやエピソードを約100名のファンの前で語ったものである。

当日は、エクステリアデザインを担当し・・・

ニュースを読む

ホンダがかつて販売していたFRスポーツカー『S2000』。2009年に生産終了となった後も後継モデルの噂、あるいは復活への期待は絶えない。そんなS2000後継モデルの開発が進行しているとの情報を、スクープサイト「Spyder7」が入手した。

S2000はホンダ50周年を記念して1999年に発売されたFRスポーツカー。販売的に成功とは言えなかったが、FRならではのハンドリングのよさ、そして最高出力250psを叩き出す2.0リットル自然吸・・・

ニュースを読む

9月4日、晴天の富士スピードウェイで開催されたモディファイされたクルマのイベント『A-MESSE』。初開催のイベントにも関わらず全国各地から500台ものクルマが集結、レベルの高いカスタムを見せつけていた。

その中には“魅せる”ことだけでなく“走り”にこだわるオーナーもたくさんいた。「レイズホイールの熱烈なファン」を自称するホンダ『S2000』のオーナー渡邉さんも、そんなスタイルと走りの双方を高いレベルで追求するオーナーのひとりである。・・・

ニュースを読む

「20thアニバーサリー」その文字を目にして、思わぬ郷愁が芽生えた。ホンダ『S2000』はもう、デビューしてから20年という月日を積み重ねたことになるのか…。時間の経過の速さに驚きつつ、進化の歩みの遅さに驚かされる。

◆デビュー当時のS2000は、クルマというよりマシンと呼ぶのがふさわしい

S2000がデビューした時の激震ともいえるニュースは瞬く間にクルマ好きに伝播し、巷の話題になった。2リットルNAエンジンは、まるでレーシングエン・・・

ニュースを読む

ホンダの純正アクセサリーを扱うホンダアクセスは、発売から20周年を迎えたホンダのFRオープンスポーツ『S2000』の純正パーツを6月26日より発売。“20年目のマイナーチェンジ”をコンセプトに開発されたアイテムの他、販売当時扱っていた純正アクセサリーの復刻アイテムがラインナップされている。

ホンダ創立50周年記念車として開発が行われ、1999年に販売が開始されたホンダS2000は、2019年に発売から20周年を迎えた。駆動方式にFRを・・・

ニュースを読む

ホンダアクセスは2月20日、ホンダ『S2000』発売20周年を記念した純正アクセサリーの予約受注を開始。1年間の期間限定受注生産で、6月26日より全国のホンダカーズにて発売する。

S2000 20周年記念純正アクセサリーは、「20年目のマイナーモデルチェンジ」をコンセプトに新たなアイテムを開発。さらに要望の多かった、販売当時にラインアップしていた純正アクセサリーの復刻アイテムと合わせて発売する。

エクステリアアイテムは、特にコーナリ・・・

ニュースを読む

ホンダアクセスは、2020年1月10日から12日まで幕張メッセで開催される「東京オートサロン2020」に、「乗り物で人と人とがつながる」をテーマとしたコンセプトモデルを展示する。

会場では、メリーゴーラウンドをイメージし、カーライフの楽しさとわくわく感を表現したブースを設定。旧型車をベースとしたカスタマイズ、ライフスタイルや趣味に特化した現行車両のカスタマイズから、未来の乗りものまで、幅広い来場客が楽しめるラインアップを揃える。

「・・・

ニュースを読む

ホンダの米国法人、アメリカンホンダは1980年代から2000年代初頭までに生まれたミレニアル世代を対象に、マニュアルトランスミッション(MT)車の楽しさを体験してもらうプログラムを開始した、と発表した。

このプログラムは、「シフトギア」プログラムと命名。シフトギアプログラムは、若い世代がMT車を運転することに自信を持ち、車を自在にコントロールするという興奮を体験してもらうために企画された。

ホンダは米国の自動車メーカーで唯一、ガソリ・・・

ニュースを読む

ホンダ S2000 後継モデル、登場は2019年か…名前は「ZSX」が濃厚

by 子俣有司@Spyder7 on 2017年11月28日(火) 08時00分

ホンダが1999年から2009年までの10年間に販売したFRオープン2シーター『S2000』の後継モデルに関して、欧州のスクープエージェントから最新情報を入手。2019年の市販化に向け、開発が進んでいるという。その情報を元にレスポンスの兄弟サイトSpyder7では予想CGを制作した。

予想CGのベースとなっているのは、2016年7月に流出したモックアップ画像だ。ホンダは同時期に『ZSX』の名称を商標登録しており、数年前から「ベイビーN・・・

ニュースを読む

ホンダ S2000 後継モデル、東京モーターショーで復活か…デザイン予想

by 子俣有司@アポロニュースサービス on 2017年06月26日(月) 08時00分

ホンダが1999年から2009年までの10年間にわたり販売したFRオープンスポーツ、『S2000』後継モデルが、コンセプトモデルとして東京モーターショーで復活する可能性があることが分かった。

レスポンスの兄弟サイトSpyder7が、欧州のエージェントから入手した情報を元にリアデザインのCGを制作した。

左右にコの字型テールライトを配置し、流行のLEDストリップライトで繋ぐことで、「ベイビーNSX」をコンセプトとしたデザインに仕上げて・・・

ニュースを読む

燃費ランキング - 車情報

EV充電スタンド検索
e燃費アワード2022-2023
e燃費アプリ

車レビュー

ねばくん

バッテリー交換前と交換後の燃費につ...

車種名:スズキ ハスラー
投稿ユーザー:ねば***** さん
総合評価:

普段は燃費が24キロ/Lほど出ている車ですが 昨年12月ごろから20~2...[ 続きを見る ]

E燃費

都会はつらい

車種名:トヨタ パッソ
投稿ユーザー:E燃***** さん
総合評価:

大阪府内の慢性渋滞状況下では、正直リッター10KMいけば上出来ですわ。1...[ 続きを見る ]

水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2024 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針