マーチ

カーライフニュース - マーチ

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

日本を代表するコンパクトカーの一台、日産『マーチ』。その次世代型が日本市場向けに開発中との情報をスクープサイト「Spyder7」が入手した。今年8月、40年の歴史に終止符を打った「日本のマーチ」が、2025年にも復活するという。

◆マイクラ後継EVが日本のマーチになる?
初代マーチは1982年に登場、以降40年に渡り生産されてきた。2010年に登場した4代目(先代モデル)はタイ工場で生産され日本に輸入される形に。2017年に欧州向けモ・・・

ニュースを読む

愛車の日産『マーチ』にフォーカルのスピーカー(K2パワー)をインストールして高音質化を経験した竹中さん。さらなるレベルアップを目指して千葉県のサウンドクオリティーでパワーアンプの追加を実施。その際の音の進化がその後のオーナーに大きな影響を与える。

◆パワーアンプの追加で音の変化を体験
ここからシステムアップの醍醐味を感じる
先輩のオーディオカーの影響を受けて、プロショップでオーディオインストールをスタートさせた竹中さん。フィーリングに・・・

ニュースを読む

オーディオレスの愛車日産『マーチ』に対してDIYでスピーカー取り付けを実施したのを手はじめにオーディオのシステムアップをスタートさせた竹中さん。千葉県のサウンドクオリティーと出会ってプロショップによるスピーカー取り付けをオーダーするまでに成長していく。

◆オーディオレスのクルマにスピーカー取り付け
その音に満足がいかずにシステムアップを開始
今回は約3年の歳月を掛けて、自分が求めるサウンドをコツコツと完成させた竹中さんと愛車のマーチを・・・

ニュースを読む

日産のコンパクトカー『マーチ』が日本市場での販売を終了する。8月に日本向け生産を終了、在庫のみの販売となっている。

初代マーチは1982年の登場。以来、モデルチェンジのスパンが長いことが特徴の車種で、現行は4代目だ。現行は12年のモデルライフで歴代最長となった。この世代から日本向け仕様はタイ工場で生産されている。直近の販売台数は2022年1〜6月で4560台、前年同月比92.3%。

初代マーチの発表前に車名が一般公募され、応募ハガキ・・・

ニュースを読む

戦後の日本を代表する起業家で、松下幸之助氏や本田宗一郎氏らと並ぶカリスマ経営者の稲盛和夫さんが老衰のため、90歳で人生の幕を閉じた。

脱サラ後27歳で京都セラミック(現・京セラ)を創業し、電気通信事業の自由化に伴い、前身のDDIを設立後、トヨタ系のIDO(日本移動通信)に合併を呼びかけ、第二電電(現・KDDI)を立ち上げたほか、晩年は経営破綻した日本航空の再建にも尽力した。

きょうの各紙にも1面、経済面のほか、社会面などにも「評伝」・・・

ニュースを読む

日産自動車は1月27日、欧州市場へ新型コンパクトEVを投入すると発表した。このモデルは、現在欧州市場で日産のエントリーカーとして定評のある『マイクラ』(日本市場の『マーチ』に相当)の後継車となり、フランスにあるルノーのエレクトリシティセンターで生産される計画だ。

新型コンパクトEVは、日産ルノー三菱アライアンスの「CMF B-EV」プラットフォームを採用し、日産がデザイン、技術開発と生産をルノーが担当する。日産ののアシュワニ・グプタ最・・・

ニュースを読む

日産 マーチ に改良新型、表情一新…3月メキシコ発売へ

by 森脇稔 on 2021年02月03日(水) 10時45分

日産自動車のメキシコ部門は1月30日、改良新型『マーチ』(Nissan March)を3月、メキシコ市場で発売すると発表した。

日産マーチは、コンパクトなデザイン、広い室内空間、コネクティビティ機能により、セグメントで人気のハッチバックとしての地位を確立している。日本で販売されている現行マーチは、タイ工場製だ。

一方、メキシコ向けの現行マーチは2011年3月、メキシコ日産のアグアスカリエンテス工場で生産を開始した。このメキシコ製の現・・・

ニュースを読む

日産 マイクラ、2021年型を欧州発表…マーチ 後継に相当

by 森脇稔 on 2020年11月19日(木) 18時00分

日産自動車の欧州部門は11月16日、『マイクラ』(Nissan Micra)の2021年モデルを発表した。

現行マイクラは5世代目モデルだ。マイクラは日本市場の『マーチ』に相当する車種だったが、欧州市場では2016年にフルモデルチェンジされている。

現行マイクラは、世界最大のハッチバック市場の欧州をターゲットに開発された。2016年秋、フランスで開催されたパリモーターショー2016でワールドプレミアされた。今回、デビューから4年を経・・・

ニュースを読む

今や日産が国内で販売しているモデルのなかで、MTの設定があるのは『フェアレディZ』、『ノートニスモ』、『マーチニスモ』の3機種のみ。

そのうち、比較的買いやすいモデルであるノートニスモとマーチニスモは、サーキット走行などを楽しむユーザーも多いとのことで、ニスモがチューニングパーツ関連も充実させている。

◆「スポーツリセッティングタイプ3」


毎年恒例となっているワークスチューン試乗会で今回、ニスモが試乗用として用意したのは『ノート・・・

ニュースを読む

日産自動車はコンパクトカー『マーチ』を一部仕様向上、先進安全技術を全車標準装備として、7月16日より販売を開始した。

マーチは、1982年に初代モデルを発売して以来、38年の長きにわたり、多くのユーザーから支持を得ている。4代目となる現行モデルは、特徴的な丸いヘッドランプなど、歴代マーチのDNAである「フレンドリー」を継承したエクステリアや、ゆるやかな曲線が作りだすユニークな装いのインテリア、カラフルで多彩な11色のボディカラーなどが・・・

ニュースを読む

燃費ランキング - 車情報

EV充電スタンド検索
e燃費アワード2021-2022
e燃費アプリ

車レビュー

otou

3か月で5000km 初めてのオイル交換をしました 燃費は21km/L ...[ 続きを見る ]

たつろう

納車しました

車種名:トヨタ シエンタ (ハイブリッド)
投稿ユーザー:たつ***** さん
総合評価:

2023年1月に納車しました。 発売前8月19日に契約してから5か月ちょ...[ 続きを見る ]

水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2023 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針