キャリイ

カーライフニュース - キャリイ

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

スズキは、軽トラック『キャリイ』の安全性向上と機能・装備の充実を図り、11月13日より発売する。

今回の一部仕様変更では、運転席・助手席SRSエアバッグと四輪ABS、運転席・助手席シートベルトプリテンショナー機能を標準装備し、安全性を向上。また、全機種にアクセサリーソケットを標準装備したほか、グローブボックスを約30mm深底にし大型化、CDプレーヤーを2DINサイズへ変更(KXのみ)するなど、機能・装備を充実させた。

価格は72万2・・・

ニュースを読む

去る12月25日に群馬県高崎市で行われた「高崎クラシックカーフェスティバル」(伊香保おもちゃと人形自動車博物館主催)。ここではまだ白ナンバーだったころの旧規格の軽自動車をピックアップした。

地味ながら程度の良さを見せていたのは、初代のホンダ『ライフ』(1972年)。グレードは装備の充実した「スーパーデラックス」だ。それまでのホンダのエンジンが空冷から水冷に転換した最初のモデルで、軽自動車ではマツダ『キャロル』以来の4ドアも設定された。・・・

ニュースを読む

スズキは7月27日、インド子会社マルチ・スズキ社を通じ、小型トラック『スーパーキャリイ』を生産・販売開始すると発表。インド小型商用車セグメントに初参入する。

スーパーキャリイは、2気筒800ccのディーゼルエンジンを搭載。広い荷台と取り回ししやすく安定性に優れた車体、長距離運転でも快適な広い室内を持ち、商用車としての実用的な使い勝手を高めた。

2015年度のインド商用車市場は約70万台の規模に達しており、マルチ・スズキ社では同社の主・・・

ニュースを読む

スズキ スーパー キャリイ、インドから輸出開始

by 森脇稔 on 2016年06月30日(木) 09時30分

スズキのインド生産・販売子会社で、インド自動車最大手のマルチスズキは、『スーパー キャリイ』の南アフリカとタンザニア向け輸出を開始した。

スーパー キャリイは、マルチスズキの主力LCV(小型商用車)として、インド国内で6月中に最新モデルが発売される予定。これに先駆け、インドから一部海外市場向けの輸出が始まっている。

南アフリカとタンザニア向けのスーパー キャリイは、「G12B」型1.2リットルガソリンエンジンを搭載。まずは第一便とし・・・

ニュースを読む

スズキ、軽トラック キャリイの燃費を向上…5AGS車に2速発進モードも

by 纐纈敏也@DAYS on 2015年08月21日(金) 07時15分

スズキは、軽トラック『キャリイ』を一部仕様変更し、8月20日より発売した。

今回の一部仕様変更では、エンジン制御の変更等により、全車の燃費向上。2WDモデルのJC08モード燃費は5MTが19.8km/リットル(従来比+1.2)、3ATが17.2km/リットル(同+0.4)、5AGSが20.2km/リットル(同+0.8)となった。

5AGSには2速発進モードを追加し、空荷時や軽積載時のよりスムーズな発進と快適な乗り心地を実現した。

・・・

ニュースを読む

スズキは7月29日、軽商用車『キャリイ』などのスペアタイヤキャリアフックに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

今回は、2014年7月31日付け届出番号「3406」のリコールで、対象範囲以外の車両および改善措置を実施した車両に同種不具合が発生したため、対象範囲と改善措置の内容を見直し、リコールを実施するもの。対象となるのは、スズキ『キャリイ』、日産『NT100クリッパー』、マツダ『スクラム』、三菱『ミ・・・

ニュースを読む

【リコール】スズキ キャリイ など、エアバッグが開かないおそれ

by 纐纈敏也@DAYS on 2014年10月02日(木) 15時57分

スズキは10月2日、『キャリイ』などのエアバッグ装置に不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

対象となるのは、スズキ『キャリイ』、日産『NT100クリッパー』、マツダ『スクラム』、三菱『ミニキャブ』の4車種で、2014年2月11日〜6月20日に製造された3万2091台。

エアバッグコントロールユニットにおいて、加速度センサICが製造不良のため、エアバッグが作動不良となるものがある。そのため、警告灯が点・・・

ニュースを読む

スズキは、マニュアルとオートマの利点を両立させた新トランスミッション「オートギヤシフト(AGS)」搭載車を軽トラック『キャリイ』に設定し、8月26日より発売する。

今回キャリイに搭載したAGSは、5MTをベースに、クラッチおよびシフト操作を自動で行う電動油圧式アクチュエーターを採用したAMT(Automated Manual Transmission)で、軽自動車では唯一の搭載となる。

AGSはコンピューターがギヤチェンジ操作を最適・・・

ニュースを読む

【リコール】スズキ キャリイ など、スペアタイヤ脱落のおそれ

by 纐纈敏也@DAYS on 2014年07月31日(木) 15時45分

スズキは7月31日、『キャリイ』などのスペアタイヤキャリアフックに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

対象となるのは、スズキ『キャリイ』、日産『NT100クリッパー』、マツダ『スクラム』、三菱『ミニキャブ』の4車種で、2013年12月24日〜2014年2月17日に製造された計1万5990台。

スペアタイヤキャリアを固定するフックの溶接が不適切なため、当該溶接部が剥がれ、フックが脱落することがある。・・・

ニュースを読む

スズキは、新型軽トラック『キャリイ』に軽トラックで初めてディスチャージヘッドランプを装着した機種を設定し、2月24日より発売する。

キャリイは、広く快適な居住空間と広い荷台、力強い走りや優れた小回り性能が特長。今回、ハロゲンランプに比べて明るく、照射距離の長いディスチャージヘッドランプ装着車をメーカーオプションで設定(KC エアコン・パワステ、KX)し、幅広いニーズに対応した。

ディスチャージヘッドランプ装着車(メーカーOP 5万2・・・

ニュースを読む

燃費ランキング - 車情報

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2016-2017
ただしがe燃費を使ってみるようです
e燃費アプリ

車レビュー

rs2000

のんびりゆったり走るクルマ

車種名:プジョー 508
投稿ユーザー:rs2***** さん
総合評価:

日本ではフルサイズに近いクルマ。1.6リッターターボで1.5t以上動かす...[ 続きを見る ]

smart-K

DA16T 四駆 5速AGS 30...

車種名:スズキ キャリイ
投稿ユーザー:sma***** さん
総合評価:

DA63Tより乗り換えで3000km 前は四駆3ATで燃費約10km/L...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2017 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針