ボンゴ

カーライフニュース - ボンゴ

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

マツダは、小型商用バン『ボンゴバン』および小型商用トラック『ボンゴトラック』を全面改良。7月17日から予約受付を開始し、9月11日に販売開始する。

マツダ・ボンゴシリーズは、1966年の初代ボンゴバン発売以降、街中で取り回しやすい車両寸法やすぐれた積載性から多くのユーザーに愛用され、2020年5月までに累計で約210万台以上が生産された、マツダの歴史ある小型商用車だ。

今回の全面改良では、コンパクトな車両寸法による街中での扱いやすさ・・・

ニュースを読む

マツダは、商用バン『ボンゴブローニイバン』を一部改良し、6月25日より販売を開始する。

ボンゴブローニイバンは、長尺な荷物も収納できる荷室や、荷物の積降ろし・人の乗降を容易にするレイアウト、前席周りの多彩な収納スペースや安全な運転を支援する走行性能など、毎日の安全・効率的なビジネスを支援する小型商用バンだ。

今回の一部改良では、新たにアクセルペダル踏み間違い時の衝突被害軽減に寄与する「インテリジェントクリアランスソナー[パーキングサ・・・

ニュースを読む

気になるニュース・気になる内幕。今日の朝刊(朝日、読売、毎日、産経、東京、日経の各紙・東京本社発行最終版)から注目の自動車関連記事をピックアップし、その内幕を分析する新聞ウォッチ。…………

天皇陛下の即位に伴い、新元号「令和」がスタートして1年を迎えた。平成から令和の時代に替わってからも、台風などによる相次ぐ自然災害や、新型コロナウイルスの感染拡大などに見舞われての波乱の幕開けとなった。

「コロナ克服へ『心一つに』と、きょうの読売な・・・

ニュースを読む

マツダは、優れた積載性、安定した走行性能、優れた環境・安全性能を兼ね備えた新型『ボンゴブローニイバン』を5月13日に発売する。

新型ボンゴブローニイバンは、街中での取り回しを考慮した小型商用車4ナンバー枠の車両寸法に、荷室長3000mm(最長)、最大1250kgの積載量(3名乗車時)を確保した使い勝手の良い荷室を実現。また、床面地上高620mmの荷室開口部や、最大1180mmの開口幅を持つ左右スライドドアなど、荷物の積降ろし・人の乗降・・・

ニュースを読む

マツダは6月7日、『ボンゴ』などの燃料タンクブリーザーホースに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

対象となるのはボンゴおよび日産『バネット』の2車種で、2012年5月25日〜6月15日に製造された589台。

燃料タンクのブリーザーホースの材質が不適切なため、排気系の熱影響によりホースが劣化し、亀裂が発生することがある。そのため、そのままの状態で使用を続けると、亀裂が進行し燃料が漏れ、最悪の場合、火・・・

ニュースを読む

韓国キアのクロスオーバーSUV『スポルテージ』改良新型プロトタイプを、ドイツ・ニュルブルクリンク付近のガソリンスタンドでカメラが捉えた。一糸まとわぬ完全フルヌード姿にくわえ、室内も撮影に成功した。

初代スポルテージは、1993年に発売。キアが、当時ライセンス生産を行っていたマツダ『ボンゴ』のコンポーネントを流用しており、ボンゴは祖先ともいえる。

捉えた車両は、外側に広がった同ブランドの象徴タイガーノーズグリルを装着。照射力が大幅に向・・・

ニュースを読む

マツダは7月27日、『ボンゴ』などのセレクトレバーに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

対象となるのは、マツダ『ボンゴ』と日産『バネット』の2車種で、2015年11月12日〜2016年6月7日に製造された4289台。

溶接設備の設定が不適切だったため、セレクトレバーとブラケットの溶接が不十分なものがある。そのため、セレクトレバー操作により溶接部が破断し、操作できなくなるおそれがある。

改善措置と・・・

ニュースを読む

【リコール】マツダ ボンゴ など2万8000台、燃料漏れのおそれ

by 纐纈敏也@DAYS on 2016年12月08日(木) 17時15分

マツダは12月8日、『ボンゴ』などの燃料ブリーザーホースに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

対象となるのは、マツダ『ボンゴ』、日産『バネット』の2車種で、2012年6月15日〜2016年8月1日に製造された2万7940台。

給油時に燃料タンク内の空気を逃がすブリーザーホースの材質が不適切なため、排気系の熱影響によりホースが劣化し亀裂が発生することがある。そのため、そのままの状態で使用を続けると、・・・

ニュースを読む

マツダは2月25日、『ボンゴフレンディ』などのパワーウィンドウスイッチに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

対象となるのは、マツダ『ボンゴフレンディ』とフォード『フリーダ』の2車種で、1995年4月19日〜2002年5月7日に製造された6万2399台。

運転席側パワーウィンドウスイッチの内部構造が不適切なため、多量の水分がスイッチ内部に浸入すると、内部基板に異常電流が流れることがある。そのため、当・・・

ニュースを読む

マツダと三菱自動車は2月19日、タカタ製エアバッグのインフレーターの不具合を原因とする『ボンゴ』『デリカ』などのリコール(回収・無償修理)を国土交通省に届け出た。

対象となるのは、マツダが『ボンゴ』『ボンゴブローニイ』『タイタン』『アテンザ』、日産『バネット』、三菱『デリカ』の6車種で、2006年4月3日〜2014年12月27日に製造された20万8037台。三菱自動車が『デリカ』『パジェロ』の2車種で2006年8月23日〜2014年7・・・

ニュースを読む

燃費ランキング - 車情報

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2019-2020
ただしがe燃費を使ってみるようです
e燃費アプリ

車レビュー

giri

116km達成

車種名:三菱自動車 アウトランダーPHEV
投稿ユーザー:gir***** さん
総合評価:

燃費が初の116kmになりました。 充電をもっと上手く使えればもっと燃費...[ 続きを見る ]

みこすり半蔵

5MTの燃費。

車種名:ダイハツ ミラ
投稿ユーザー:みこ***** さん
総合評価:

マニアックな5MTの燃費ですが、エアコンONでの片道700㌔のドライブの...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2020 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針