カローラフィールダー

カーライフニュース - カローラフィールダー

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

トヨタ自動車は型式指定申請について、7車種において、国が定めた基準と異なる方法で試験を実施していたことが判明した、と発表した。『カローラフィールダー』、『カローラアクシオ』、『ヤリスクロス』など。

トヨタ自動車では、1月26日の国土交通省からの指示に基づき、型式指定申請に関する調査を進めていた。まだ調査の途中だが、2014年以降、すでに生産を終了しているものも含め、7車種において国が定めた基準と異なる方法で試験を実施していたことが判明・・・

ニュースを読む

トヨタ自動車は、『カローラフィールダー』などのバックドアダンパステーに不具合があるとして、国土交通省に改善対策を届け出た。

対象となるのは、トヨタ『カローラフィールダー』『ポルテ』『スペイド』『エスティマ』『エスティマ・ハイブリッド』、レクサス『CT200h』の3車種で、2019年1月24日〜4月1日に製造された9213台。

バックドア用ガス封入式ダンパステーのメッキ工程での温度管理が不適切なため、メッキ生成時の内部応力によりダンパ・・・

ニュースを読む

トヨタカスタマイジング&ディベロップメントは10月24日、同社が後付け用品として販売した「トヨタカローラフィールダー用ラゲージLED(ルームランプ)」に不具合があるとして、国土交通省に自主改善の実施を届け出た。対象となるのは、2017年10月11日〜2018年7月13日に出荷した122個。

ラゲージLEDを車両に接続する電源ボックスの配線が不適切なため、エンジンスイッチがオフ状態でも微小電流が流れ、長期間車両を使用しない場合、早期にバ・・・

ニュースを読む

国際ロボット展の会場である、東京ビッグサイト東ホールの高い天井を活かした、ダイナミックなパフォーマンスを見せていたのはFANUC(ファナック)。

何とトヨタ『カローラフィールダー』を持ち上げて、自由自在に振り回していたのだ。クルマの車重は1200kg、さらに車体をロボットに固定する治具も含めたワークの総重量は1700kg。この超大ロボットFANUC「Robot M-2000iA/1700L」の能力をフルに発揮している状態らしい。

実・・・

ニュースを読む

トヨタ自動車は、『カローラフィールダー』および『カローラアクシオ』をマイナーチェンジし、10月11日より販売を開始した。

今回のマイナーチェンジでは、アクセルペダル踏み間違い時の衝突被害軽減に寄与する「インテリジェントクリアランスソナー(パーキングサポートブレーキ)」を新設定。衝突回避支援パッケージ「トヨタ セーフティ センスC」も全車標準装備とし、予防安全装備を充実させた。またスマートエントリー&スタートシステムの設定を拡大したほか・・・

ニュースを読む

燃費ランキング - 車情報

EV充電スタンド検索
e燃費アワード2022-2023
e燃費アプリ

車レビュー

なべ ゲーシ

8年17万キロ走って

車種名:スズキ イグニス
投稿ユーザー:なべ***** さん
総合評価:

初代のMGに乗ってます 通勤片道15キロ位 燃費は、17前後 特に冬時期...[ 続きを見る ]

ゆきさん1979

初代のシエンタから、2代目登場と同時に乗り換え。エクステリアは賛否両論あ...[ 続きを見る ]

水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2024 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針