パジェロ

カーライフニュース - パジェロ

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

『ベストカー』2月10日号
発行:講談社ビーシー / 講談社
特別定価:510円(本体464円+消費税)

表紙でもっと大きく取り扱っていいと思うのだが、『ベストカー』2月10日号の巻頭スクープは、三菱自動車のクロカン、『パジェロ』の復活だ。「ついに? やっと? とうとう? 表現はなんでもいいい! とにかく三菱は決断した!」。

流れてきては消えていたパジェロ復活の噂だが、『ベストカー』編集部は決定的な情報を入手したという。最近の三菱自・・・

ニュースを読む

三菱自動車はジャパンモビリティショー2023に、まもなく発売される予定のピックアップトラック、『トライトン』を出展。商品担当者に導入の目的や特徴について話を聞いた。

◆パジェロなきいま
----:いよいよ日本でもトライトンが発売されるとのことですね。まずは日本導入の目的について教えてください。

三菱商品戦略本部チーフ・プロダクト・スペシャリストの増田義樹さん(以下敬称略):目的というよりも、かねがね日本に導入したいと思っていたんです・・・

ニュースを読む

三菱の新型SUV『X FORCE(エクスフォース)』が、8月10日に開催された「GAIKINDO インドネシア国際オートショー」で世界初公開となった。アセアン向けに開発されたコンパクトSUVで、右ハンドル仕様ではあるものの日本への導入予定は現在のところないという。

とはいえ、三菱久々のオールニュー新型車、かつ最新の三菱デザインを採用した一台とあって日本での注目度も高まっている。日本車の販売が9割を占めるインドネシアでは三菱車の人気も高・・・

ニュースを読む

2019年8月で、惜しまれつつも生産を終了した三菱『パジェロ』。その血統は兄弟車の『パジェロスポーツ』に受け継がれ、日本への導入こそないもののアジアを中心に人気を博している。そんなパジェロスポーツがフルモデルチェンジを迎えようとしている。

◆新型トライトンの兄弟車として登場
パジェロスポーツの誕生は1996年。日本では『チャレンジャー』として販売されたが、2001年までの1代限りで販売終了となった。しかし海外では進化を続けており、第3・・・

ニュースを読む

三菱 パジェロミニ をMTで転がすZ世代女子

by 高木啓 on 2023年04月01日(土) 21時30分

『CARトップ』5月号
発行:交通タイムス社
定価:510円(本体464円+税)

『CARトップ』の人気連載、土屋圭市の「峠賛歌」では、マツダ『CX-60』、日産『エクストレイル』、ホンダ『ZR-V』をいつもの峠で試している。いずれも何らかの形で電気モーターが組み込まれたモデルだ。記事のシメはドリキンらしくない?

暖かくなってきたタイミングで路上で見る機会の増えたトヨタ『クラウン』新型。トヨタ自動車の士別試験場で雪上試乗を行ったのは・・・

ニュースを読む

『ベストカー』4月26日号
発行:講談社ビーシー / 講談社
定価:480円(本体436円+税)

いっせいを風靡した、という手垢のついた表現が、それ以外考えられない人気だった三菱自動車のクロカン、『パジェロ』。時代が変われば市場からの撤退もやむを得なかったが、いよいよ復活するらしい。準備は整っているという。

三菱自動車は中期経営計画「チャレンジ2025」を発表し、「三菱自動車らしいクルマ」を追求する姿勢を示した。『ベストカー』ではパ・・・

ニュースを読む

大王製紙、閉鎖したパジェロ製造の工場を買収

by レスポンス編集部 on 2022年03月22日(火) 09時30分

大王製紙は3月18日、三菱自動車の子会社であるパジェロ製造の工場を買収することで合意したと発表した。

パジェロ製造は三菱自が100%出資する完全子会社。三菱自は国内で余剰となっている生産能力を削減して固定費を削減するため、2021年8月末に岐阜県加茂郡にある工場を閉鎖、その後、売却先を探していた。

大王製紙は可児工場から約5kmの距離にあり、可児工場と一体でのシナジーが見込めることから、新工場兼物流倉庫用地、建物の購入を決定したとし・・・

ニュースを読む

経営不振の上場企業が倒産したりすると、株主が保有していた株券が“紙切れ”同然となるケースは珍しくないが、閉鎖した自動車の工場がティッシュやトイレットペーパーなどの製紙工場に衣替えする例はあまり聞いたことがない。

三菱自動車が、岐阜県にある子会社のパジェロ製造の工場を紙パルプ大手の大王製紙に売却するという。

きょうの日経がビジネス面のトップ記事で「三菱自『パジェロ』工場売却」などと、大きく報じている。記事によると、週内にも発表するとし・・・

ニュースを読む

復活のラリーアート第1弾!! トライトン/パジェロスポーツに特別仕様

by 纐纈敏也@DAYS on 2021年11月30日(火) 19時00分

三菱自動車は、ラリーアートブランド復活第1弾として、『トライトン』と『パジェロスポーツ』に特別仕様車「ラリーアート」を設定。「タイモーターエキスポ2021(11月30日〜12月12日)」に出品し、12月1日より販売を開始する。

ラリーアートはダカールラリーやWRC(世界ラリー選手権)を通じて、走りとスタイルを磨き上げてきた三菱自動車のモータースポーツブランド。新生ラリーアートはそのブランドイメージを受け継ぎながら、まずはアクセサリー用・・・

ニュースを読む

三菱自動車の米国部門は8月24日、新型『アウトランダー』(Mitsubishi Outlander)が、10月に米国で開催される女性だけで競うラリーレイド、「Rebelle Rally」に参戦すると発表した。

同ラリーは、米国ネバダ州と南カリフォルニアの砂漠地帯を舞台に、10日間で2000km以上を走破するラリーレイドだ。2016年に開始された同ラリーには、「4×4」とクロスオーバー車の「X-Cross」の2つのクラスがある。2020・・・

ニュースを読む

燃費ランキング - 車情報

EV充電スタンド検索
e燃費アワード2022-2023
e燃費アプリ

車レビュー

ねばくん

バッテリー交換前と交換後の燃費につ...

車種名:スズキ ハスラー
投稿ユーザー:ねば***** さん
総合評価:

普段は燃費が24キロ/Lほど出ている車ですが 昨年12月ごろから20~2...[ 続きを見る ]

E燃費

都会はつらい

車種名:トヨタ パッソ
投稿ユーザー:E燃***** さん
総合評価:

大阪府内の慢性渋滞状況下では、正直リッター10KMいけば上出来ですわ。1...[ 続きを見る ]

水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2024 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針