ベントレー

カーライフニュース - ベントレー

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

ベントレーのニュース

ドゥカティ(Ducati)は12月8日、ベントレーの18台限りの高性能クーペ『バトゥール』に着想を得た二輪車『ディアベル for ベントレー』を世界限定500台生産すると発表した。

ドゥカティのデザイン部門はベントレーのデザイナーと協力し、この特別なバイクの新デザインを生み出した。ボディのサイドラインはバトゥールがインスピレーションになっており、メタリックグリーンの「Scarab Green」は、ベントレーのカスタム部門のマリナーが設・・・

ニュースを読む

ベントレーは、ラグジュアリーサルーンの『ミュルザンヌ』の最終モデルが、ベントレーの「ヘリテージ・コレクション」に収蔵された、と発表した。故エリザベス2世女王陛下が愛用した1台で、保存車両になることが決まった。

このミュルザンヌは、特注の2020年製「エクステンデッド・ホイールベース」だ。故エリザベス2世女王陛下のためにオーダーメイドで製作された1台で、王室で使用されるにあたって、さまざまな特別装備が施されている。

具体的には、ソリッ・・・

ニュースを読む

ベントレー(Bentley)は11月9日、全長20mの新型セーリングクルーザー、コンテストヨット社の「コンテスト67CS」向けに特注インテリアを製作した、と発表した。

ベントレーは、コンテスト社がクルー工場を訪問した際に、新型コンテストCS67の特注インテリアの製作の依頼を受けた。『コンチネンタルGT』や『ベンテイガ』のインテリア製作を専門とするベントレーのデザインチームは、難易度の高いこの要望を引き受け、ベントレー車に使用されている・・・

ニュースを読む

埼玉県幸手市の県営権現堂公園駐車場で11月12日、「幸手クラシックカーフェスティバル」が開催され、懐かしの名車や希少車が約180台集まった。主催は埼玉クラシックカークラブ(SCCF・鈴木初雄委員長)。

今回で26回目の開催。参加条件は1990年以前に生産された、車検のある車両(軽3、軽4、小型車、普通車)。歴史のある正統派の旧車イベントだけに、良好な状態を保持したオリジナルに近いクルマなどが多数集まった。

今回特別展示として赤絨毯の・・・

ニュースを読む

ベントレーは9月26日、大型SUVの『ベンテイガ』(Bentley Bentayga)の2024年モデルを欧州で発表した。

ベンテイガの2024年モデルでは、新グレードの「A」を設定した。シンプルにAと名付けられたこの新モデルは、一部市場向け。標準車と「アズール」の間に位置づけられる。

Aモデルのエクステリアには、縦基調の「ストレートバン」フロントグリルを採用する、ブラックロアバンパーグリル、Aエンブレム、21インチのブラック&ブラ・・・

ニュースを読む

ベントレーは8月31日、世界限定18台の『バトゥール』(Bentley Mulliner)の顧客向けに、特別な新しいサウンドシステムを開発した、と発表した。


◆サウンドシステムの開発に1万時間
このサウンドシステムは、1万時間に及ぶ開発作業、新しいハードウェア、システムの再調整を経て完成した。「ネイム・フォー・マリナー」と呼ばれる新オプションは、世界限定18台のバトゥールの顧客向けに設定される。

ネイムとフォーカルとのコラボレーシ・・・

ニュースを読む

ベントレー(Bentley)は8月21日、高性能2ドアクーペ『コンチネンタルGTスピード』のワンオフモデルを、米国で開催された「ザ・クエイル・モータースポーツ・ギャザリング」で初公開した、と発表した。


◆VW傘下となったベントレーの最初の完全新設計車が初代コンチネンタルGT
この1台限りのモデルは、2003年に誕生したベントレーのグランドツアラー、『コンチネンタルGT』の20周年を記念するものだ。ベントレーがフォルクスワーゲングルー・・・

ニュースを読む

ベントレー(Bentley)は8月18日、SUV『ベンテイガ』のロングホイールベースの最上位モデル、「ベンテイガEWBマリナー」を欧州で設定すると発表した。


◆オリーブタンレザーを自動車に初採用
ベンテイガEWBマリナーは、クラフトマンシップとラグジュアリーを融合させたベンテイガの最高峰モデルだ。外観は、ダブルダイヤモンドフロントグリル、22インチのマリナーホイール、ウイングベント、セルフレベリングホイールバッジを装備した。

イン・・・

ニュースを読む

ベントレー(Bentley)は8月17日、1929年製の名車『ブロワー』を85%のサイズで復刻した『ブロワージュニア』を発表した。英国、欧州、米国では、公道走行が認められる。


◆1回の充電での航続は最大105km
ブロワージュニアは、英国の「ザ・リトル・カー・カンパニー」が製造する。EVパワートレインを搭載しており、モーターは最大出力20hpを引き出す。最高速は72km/hとした。48Vシステムも採用。1回の充電で最大105kmを走・・・

ニュースを読む

ベントレー(Bentley)は8月21日、高性能2ドアクーペ『コンチネンタルGTスピード』のワンオフモデルを、米国で開催された「ザ・クエイル・モータースポーツ・ギャザリング」で初公開した、と発表した。

この1台限りのモデルは、2003年に誕生したベントレーのグランドツアラー、『コンチネンタルGT』の発売20周年を記念するものだ。ベントレーがフォルクスワーゲングループ傘下となってから、初めて発表した完全新設計モデルが、初代コンチネンタル・・・

ニュースを読む

EV充電スタンド検索
e燃費アワード2022-2023
e燃費アプリ

車レビュー

imzine

オイル消費が激しい

車種名:シトロエン C3
投稿ユーザー:imz***** さん
総合評価:

A55F01は、燃費には少し悪影響だが、オイル下がりがあるようだ。 1万...[ 続きを見る ]

はしゅ

カタログの8割かな

車種名:BMW 1シリーズ (ハッチバック)
投稿ユーザー:はし***** さん
総合評価:

当初13.2kmだったが、最近14.5kmまで走るように。 STOP&G...[ 続きを見る ]

水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2024 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針