ボルボ

カーライフニュース - ボルボ

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

ボルボのニュース

欧州では人気の高い、フォード『フォーカスワゴン』。第4世代となる次期型プロトタイプが、始めてニュルブルクリンクで高速テストを開始した。生産型パーツを装備し、大刷新されるその新型のディテールがいよいよ見えてきた。

最新の開発車両では、新たにボルボ風の上下二分割されたLEDヘッドライト、メッシュグリルが装着されている他、ツインエキゾーストパイプやエアインテークの形状も見ることができる。次期型では「Cプラットフォーム」を採用、ホイールベース・・・

ニュースを読む

スウェーデンのボルボグループは10月17日、軍用車事業部門の売却プロセスを中止すると発表した。

ボルボグループの軍用車事業部門が、フランスの子会社、ルノートラックスディフェンス社。この事業は政府、防衛産業、平和維持軍などに向けて、特別に設計された車両を製造販売している。

ルノートラックスディフェンス社は、フランス国内におよそ1300名の従業員を抱えている。しかし、軍用車事業部門は、ボルボグループの総売上高の約1.5%を占めるに過ぎな・・・

ニュースを読む

スウェーデンのボルボグループは10月16日、新世代のEVバス、ボルボ『7900エレクトリック』を発表した。

ボルボ7900エレクトリックは、低床構造で3つのドアを備えた2軸全長12mの都市向けEVバス。大幅に伸びた航続と、豊富な充電オプションが特徴になる。

バッテリーの蓄電容量は、150kWh、200kWh、250kWhの3種類を設定。地形や運転条件に応じて、最大200kmの航続を可能にする。

ボルボ7900エレクトリックは、オフ・・・

ニュースを読む

スケーラブル・プロダクツ・アーキテクチャと呼ばれる、ボルボの共通プラットフォームを使った60シリーズがついにデビューした。『XC60』である。

XC60は世界的に見るとボルボで最も売れているモデル、言わば看板車種である。それだけにモデルチェンジは気を使ったと思う。ただ、結論から行くとこのセグメントのモデルとしては最も気にされる高級感が漂い、見た目も作りもそのセグメントに相応しいものに進化したように思えた。

デザイン的には完全に『90・・・

ニュースを読む

ボルボ傘下のEVブランド「ポールスター」は、2019年に市販を予定しているブランド第1号車となる高級プラグインハイブリッド車『ポールスター1(ワン)』を17日に世界初公開した。世界各国から400人ものメディア関係者が詰めかけた中国・上海でのローンチイベント会場から、ポールスター1の姿、その詳細をお届けする。

ポールスター1は、2+2シートのレイアウトを持つオーセンティックな大型2ドアクーペだ。ボルボと共用する「SPA」アーキテクチャー・・・

ニュースを読む

ボルボカーズ傘下でEV専門メーカーとして独立した「ポールスター」が10月17日、市販第1号車となる高性能プラグインハイブリッド車(PHEV)『ポールスター1(ワン)』を中国・上海で世界初公開。さらにポールスター1に続く第2、第3のモデルの計画を明らかにした。

レーシングチームに端を発するポールスターは、2015年7月にボルボカーズの傘下に入り、近年ではボルボの高性能車やソフトウェア、パーツの開発を手がけていた。今年6月、ポールスターを・・・

ニュースを読む

ボルボカーズ傘下の高性能車開発メーカーとなったポールスターは10月17日、同社の第一号車、『ポールスター1』を発表した。

ポールスター1は、ボルボカーズから独立した電動高性能車ブランドに位置付けられるポールスターが、2019年の半ばから導入予定。プラグインハイブリッド(PHV)の高性能な2+2のグランドツアラークーペとなる。

ポールスター1は、ボルボカーズの新世代プラットフォーム、「SPA」(スケーラブル・パフォーマンス・アーキテク・・・

ニュースを読む

2008年の登場以来、ボルボの新しい顔として世界累計100万台を販売、現在もボルボの世界販売の3割を占める主力ミッドサイズSUV『XC60』が、2代目となって日本に上陸した。

プラットフォームを、デザイン性、安全性、パワートレインの拡張性に優れるSPA(スケーラブル・プロダクト・アーキテクチャー)に刷新。コンセプトモデル『XCクーペ』の意匠を継承しながら、深い“彫り”を際立たせ、よりダイナミックなエッジを特徴とするデザインに仕立てた。・・・

ニュースを読む

ボルボ・カー・ジャパンは、2代目となるミッドサイズSUV、新型『XC60』を10月16日より発売した。

新型XC60は、最新のテクノロジーを活用して、乗員のみならず、車外の人をも守る16種類以上の先進安全・運転支援機能「インテリセーフ」を標準装備。3つのステアリング・サポート機能が新たに標準搭載となった。

「ステアリング・サポート(衝突回避支援機能)」では、ブレーキ介入のみでは衝突を避けられない状況で、車両、サイクリスト、歩行者、大・・・

ニュースを読む

ボルボ・カー・ジャパンは10月16日、全面改良したミッドサイズSUV『XC60』を発売した。内外装を一新したほか、ステラリング操作を支援する新たな安全機能を標準装備したのが特徴。価格は599万〜884万円となっている。

ボルボ・カー・ジャパンの木村隆之社長は同日都内で開いた発表会で「エクステリアやインテリアもドイツ車や日本車にはない、北欧・スウェーデンらしさを表現したクルマに仕上がっている」と新型XC60を紹介。

その上で「安全はボ・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2016-2017
ただしがe燃費を使ってみるようです
e燃費アプリ

車レビュー

武人

満タン法

車種名:トヨタ SAI
投稿ユーザー:武人***** さん
総合評価:

15.75km/lでした。 最近寒く暖房つけたり遠出しなかったのであまり...[ 続きを見る ]

yt527

燃費

車種名:トヨタ ピクシス エポック
投稿ユーザー:yt5***** さん
総合評価:

新型が欲しかったけどH14年式ワゴンRが壊れてH28年7月のDグレード新...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2017 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針