ボルボ

カーライフニュース - ボルボ

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

ボルボのニュース

ボルボ・トラックは11月29日、キャブを大幅に刷新し先進的な安全・環境機能を搭載した新型『ボルボFH』のセミトラクター4×2と6×4およびカーゴ6×2と6×4の販売を開始した。

今回のフルモデルチェンジでは、生産性と安全性、快適性をより高めることで高品質の輸送を実現し、人材不足が深刻化する物流業界にて、プロフェッショナルなドライバーの確保に貢献。また燃費・環境性能を高めることで日本の脱炭素化に寄与する。

新型ボルボFHは、インテリア・・・

ニュースを読む

ボルボトラックの日本国内主力中型トラックである『FH』・『FMX』がモデルチェンジされた。2021年のモデルの主な変更点は待望のリジッドモデルが追加されたことだ。他にもいくつかの変更点がある。

ボルボトラックはスウェーデンで1927年に創業されたベアリングメーカーを前身とする。創業翌年の1928年には自動車の製造販売も開始している。EUを中心に中型・大型トラックをグローバルで展開しているが、欧米ではこのクラスのトラックの多くがトラクタ・・・

ニュースを読む

ボルボカーズ(Volvo Cars)は11月23日、同社のベンチャーキャピタル投資部門のボルボカーズ・テックファンドを通じて、光学と画像技術のスタートアップ企業のスペクトラリクス社に出資した、と発表した。

この出資により、ボルボカーズは、自動車の安全性向上と車内での革新的なユーザー体験に貢献する可能性のある開発初期段階の有望な技術に、アクセスすることができるという。

イスラエルを拠点とするスペクトラリクス社は、航空宇宙技術の開発を背・・・

ニュースを読む

ボルボ XC40、B3パワートレーンを初導入…エントリー価格は399万円

by 纐纈敏也@DAYS on 2021年11月24日(水) 18時15分

ボルボ・カー・ジャパンは、コンパクトSUV『XC40』に新パワートレーンを導入するとともに、一部価格変更して11月24日より販売を開始する。

XC40は2018年3月、ボルボ初のコンパクトSUVとして導入。幅広い年齢層から支持され、2021年(1月〜10月)ではボルボブランドの国内最量販車種となっている。

今回新たに、全48Vハイブリッドモデルに新開発7速DCTを採用し、ドライバビリティと燃費の向上を図った。併せてB3パワートレーン・・・

ニュースを読む

ボルボカーズは11月17日、コンセプトカーのボルボ『コンセプト・リチャージ』(Volvo Concept Recharge)の新写真を公開した。『XC90』の後継車となる次世代EVの提案だ。

「リチャージ」は、ボルボカーズのEVに付される名称だ。市販モデルとしては、SUVの『XC40リチャージ』、そのSUVクーペ版の『C40リチャージ』がラインナップされている。

ボルボカーズは、急成長するプレミアムEV市場のリーダーになることを目指・・・

ニュースを読む

ボルボ・カー・ジャパンのマーティン・パーソン社長は11月18日の電気自動車(EV)『C40リチャージ』オンライン発表会で、「2025年には販売の35%、およそ年間9000台のEVを日本で販売し、日本におけるプレミアムEV販売のリーダーとなる」と述べた。

パーソン社長は「C40の発売はボルボの新たな歴史の幕開けであり、そして同時にボルボと新しいお客様との出会いの始まりとなる」とした上で、「ボルボの誇る安全思想の継承はもちろんのこと、EV・・・

ニュースを読む

ボルボが日本に初導入のEV『C40リチャージ』…価格は719万円

by 纐纈敏也@DAYS on 2021年11月18日(木) 15時00分

ボルボ・カー・ジャパンは11月18日、ボルボ日本国内初となるボルボの電気自動車(EV)『C40リチャージ ツイン』を発表した。価格は719万円。

ボルボ・カーズは、グローバルで販売するボルボ車のEV比率を2025年までに50%、2030年には100%とすることを計画している。C40リチャージはボルボ初のEV専用モデル。オンラインによる販売のみとなる、全く新しいボルボだ。

ボルボ・カー・ジャパンではまず、サブスクリプションキャンペーン・・・

ニュースを読む

ボルボ V40、キャップレス給油口から雨水侵入…1万5000台を再リコール

by 纐纈敏也@DAYS on 2021年11月16日(火) 17時00分

ボルボ・カー・ジャパンは11月16日、『V40』と『V40クロスカントリー』のキャップレス給油口に不具合があるとして国土交通省に再度リコール(回収・無償修理)を届け出た。対象となるのは、2015年6月16日から2019年1月8日に輸入された1万5345台。

キャップレス給油口の防水設計が不適切なため、大雨等により燃料装置内部へ雨水が浸入することがある。そのため、燃料装置が腐食し、走行中エンストやエンジン始動不良、または燃料漏れに至るお・・・

ニュースを読む

日本でも人気の高いボルボのプレミアムSUV『XC60』が9月1日、マイナーチェンジされた。その目玉が「Googleによる新インフォテイメントシステム」の採用だ。今までのシステムとはどう違うのか。そのインプレッションをお届けする。

◆Googleを介してクルマと日常をより近しい関係に

今回のマイナーチェンジでは、パワートレインをはじめ、プラットフォームは従来を継承した。一応、外観でリアのマフラーが外から見えないようになったことや、フロ・・・

ニュースを読む

2017-18年に輸入車としてVW『ゴルフ7』に続く2番目、輸入車SUVとしては初めて日本カーオブザイヤーを獲ったボルボ『XC60』が、マイナーチェンジを果たした。

SPA(スケーラブル・プロダクト・アーキテクチャ)というプラットフォームと、48VのMHEVを採り入れたガソリン2リットルターボのB5+アイシン製8速ATというパワートレインに、変更はない。かなり目を凝らさないとマイチェン済みの後期型であるとは見分けがつきにくい。それほど・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2020-2021
e燃費アプリ

車レビュー

ゴートシ

ゴトゴト異音

車種名:三菱自動車 アイ
投稿ユーザー:ゴー***** さん
総合評価:

今年中古で2006年グレードG2WDを購入し通勤で往復70キロ乗っており...[ 続きを見る ]

CF4152

給油(通算68回目)

車種名:ホンダ シャトル (ハイブリッド)
投稿ユーザー:CF4***** さん
総合評価:

給油(通算68回目)を11/28に行いました。前回の給油から562.4k...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2021 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針