プジョー

カーライフニュース - プジョー

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

プジョーのニュース

プジョーは2月26日、新型電動SUV『e-5008』を3月に初公開すると発表した。内装のティーザー写真を公開している。

e-5008には、運転の楽しさを一段と高めるプジョーの最新技術「パノラマi-Cockpit」が搭載されている。このシステムには、ヘッドアップディスプレイと中央のタッチスクリーンを組み合わせた21インチのHDパノラマスクリーンが含まれる。

このスクリーンは浮遊感を強調するために、周囲のLED照明がスクリーンの下に配置・・・

ニュースを読む

プジョー(Peugeot)は2024年後半から順次、「ChatGPT」テクノロジーを乗用車と商用車の全車種に設定する。1月30日に発表した。まずは、5つの市場で展開する計画だ。

世界で最も良く知られた生成AI(人工知能)のChatGPTが、最新の「PEUGEOT i-Cockpit」に組み込まれる。音声アシスタント「OK PEUGEOT」を通じて、あらゆるタイプのテーマに関する質問やリクエストに答えることができるようになる。

この音・・・

ニュースを読む

プジョーのSUV『5008』 にEV、『e-5008』は2024年内に発表へ

by 森脇稔 on 2024年02月05日(月) 17時00分

プジョーは、SUV『5008』のEVバージョンの『e-5008』(Peugeot e-5008)を、2024年内に発表する。

初代5008は2009年6月、プジョーのMPVとして登場した。『3008』よりもひと回り大きい2/3列シートのMPVだ。2016年秋のパリモーターショー2016では、2世代目となる現行5008が発表された。プジョーは現行型をMPVではなく、SUVに位置付けている。

現行5008は、プジョーの新世代モジュラープ・・・

ニュースを読む

プジョー 408 のEV、『e-408』が年内にデビューへ

by 森脇稔 on 2024年02月01日(木) 17時00分

プジョーは1月30日、ミドルクラスモデルの「408」シリーズに2024年、EVバージョンの『e-408』(Peugeot e-408)を設定すると発表した。

現行408は3世代目モデルで、従来型のセダンからSUVの特長にダイナミックなファストバックを組み合わせたスタイルに生まれ変わった。プジョーの新しいデザイン言語を反映させたフロントマスクには、ボディ同色グリルに新しいプジョーエンブレムが配されている。

欧州向けの408のパワートレ・・・

ニュースを読む

プジョー 408、セレニウムグレーの特別仕様車を発売

by 纐纈敏也@DAYS on 2024年01月11日(木) 16時30分

ステランティスジャパンは、プジョーのファストバックモデル『408』に特別仕様車「408 GT セレニウムエディション」を設定し、1月11日より限定100台で販売を開始した。価格は505万0500円。

プジョー408は、2023年7月にデビューしたモデルで、セダンとクーペ、そしてSUVを融合したスタイリッシュなデザインが特徴。特に「i-Cockpit」をはじめとするプジョーならではの先進性が評価されている。

特別仕様車の最大の特長は新・・・

ニュースを読む

プジョーらしい創造力と躍動的な美しさがあふれんばかりの姿に、瞬間的にグッと視線が惹きつけられる、プジョー『408』。「解き放たれた新種」と謳われるそのプロポーションは、地上高が170mm確保されながら、全高は1500mmに抑えられる。

未来の猛獣を予見するようなフロントマスクといい、テールエンドにかけて流麗な弧を描くルーフラインといい、どこにもないファストバックスタイルとなっている。

停まっているのに、今にも動き出しそうな躍動感を伝・・・

ニュースを読む

プジョーは現在、フラッグシップ・クロスオーバーSUV『5008』次期型を開発中だが、次期型で初めて導入されるBEV(フルエレクトリック)バージョン『e-5008』のプロトタイプをカメラが捉えた。

初代5008は、2009年7月にMPVとしてグローバルデビュー。2016年にデビューした第2世代では、ボディタイプを大きく変え3列シートを備えるクロスオーバーSUVへと進化した。5008としては第3世代となるが、SUVボディを初代と考えれば、・・・

ニュースを読む

どうも人は新しいものに対して身構えるというか、素直に受け入れない傾向が歳と共に加速する印象が強い。

きっと若い時はむしろ新しいものを積極的に取り入れていたように記憶するが、そうした傾向は歳と共に減退する。読者は今自動車業界で進んでいる電動化に対してどのような感想をお持ちか聞いてみたいところだが、どうも私の場合は守旧派のようだ。

電動車の素晴らしさは認めつつも、積極的にはなれてない。今回プジョー『308』のディーゼルモデルをお借りして・・・

ニュースを読む

ステランティスジャパンは、プジョーのCセグメントハッチバック『308GT』に特別仕様車「308GTピュアテックエディション」を設定し、11月18日より160台限定で発売する。

プジョー308は、個性際立つデザイン、質感の高いインテリア、そして軽量ボディがもたらすダイナミックな走りを強みに、人気を博してきた。

特別仕様車ピュアテックエディションは、上位グレード「GT」の装備をベースとしつつ、これまでGTグレードのラインアップにはなかっ・・・

ニュースを読む

プジョー(Peugeot)は11月7日、EVミニバン『Eリフター』の改良新型を欧州で発表した。日本市場に導入されている『リフター』のEV版が、欧州で改良を受けた。日本向けのリフターに関しては、改良に関する発表はない。

改良新型Eリフターは、フロントマスクを一新した。フロントエンドは、よりダイナミックになり、新しいグリルとその中央にある新しいPEUGEOTエンブレムが特長だ。その周囲には、ブランドを象徴する3本爪のライトシグネチャーが配・・・

ニュースを読む

EV充電スタンド検索
e燃費アワード2022-2023
e燃費アプリ

車レビュー

ねばくん

バッテリー交換前と交換後の燃費につ...

車種名:スズキ ハスラー
投稿ユーザー:ねば***** さん
総合評価:

普段は燃費が24キロ/Lほど出ている車ですが 昨年12月ごろから20~2...[ 続きを見る ]

E燃費

都会はつらい

車種名:トヨタ パッソ
投稿ユーザー:E燃***** さん
総合評価:

大阪府内の慢性渋滞状況下では、正直リッター10KMいけば上出来ですわ。1...[ 続きを見る ]

水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2024 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針