プジョー

カーライフニュース - プジョー

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

プジョーのニュース

プジョー 3008 GT/5008 GT、12月より本体価格を15万円値上げ

by 纐纈敏也@DAYS on 2017年11月22日(水) 15時00分

プジョー・シトロエン・ジャポンは、プジョー「3008 GT BlueHDi」および「5008 GT BlueHDi」の車両本体価格を12月1日より引き上げると発表した。

3008 GT BlueHDiは429万円から444万円へ、5008 GT BlueHDiは454万円から469万へ、それぞれ15万円の引き上げとなる。

同社は原材料費をはじめとした製造原価の上昇を理由に、プジョー「3008」を9月1日より、「2008」(GTライン・・・

ニュースを読む

プジョー『5008』は『3008』のホイールベースと全長を延長した3列シートモデルだ。全長は190mm長い4640mm、ホイールベースは165mm長い4640mmとなっている。全幅は1840mmで同一だが、全高は20mm低く1630mmの設定で、スッキリしたスタイリングを実現している。

シートレイアウトは前から2、3,2名の7名定員。注目のサードシートは、身長173cmの私が乗ってもさほどの窮屈さを感じることはなかった。さすがにセカン・・・

ニュースを読む

プジョー・シトロエン・ジャポンは東京モーターショーのプジョーブースにて、同ブランドの4割近い販売比率を占める『308』のフェイスリフトを発表した。

全世界で76万台以上が生産されている308。日本へは2014年秋に導入され、また、2016年7月にディーゼルモデルが追加されたことから、プジョーラインナップ中もっとも高い38%という販売比率(2016年実績)を誇っている。その要因はデザイン、装備と価格のバランス、バリエーション豊富なエンジ・・・

ニュースを読む

プジョー世界販売、11%増の148万台…SUV牽引 2017年1-9月

by 森脇稔 on 2017年10月26日(木) 18時45分

プジョーは10月25日、2017年1〜9月の世界新車販売の結果を公表した。総販売台数は148万1100台。前年同期比は11.1%増と、2桁増を達成した。

2017年1〜9月の市場別実績は、欧州が乗用車とLCV(軽商用車)合計で、82万5400台を販売。前年同期比は1.4%増と、わずかに前年実績を上回る。

欧州以外の市場では、中国と東南アジアが16万1300台を販売。前年同期比は30.7%減と、大幅なマイナス。小型車に対する減税の縮小・・・

ニュースを読む

プジョー・シトロエン・ジャポンは25日、7シーターSUVのプジョー『5008』とともに、マイナーチェンジした『308』を東京モーターショーでアンベールした

プジョー5008は、SUVの『2008』、『3008』に続くトップレンジとなる車両で、「スタイリングと、ドライビングの喜びに妥協を一切することなく、新しいドライビングエクスペリエンスを約束する」と紹介するのはプジョー・シトロエン・ジャポン代表取締役社長のクリストフ・プレヴォ氏だ。
・・・

ニュースを読む

プレミアムSUVという位置づけではあるものの、ボディエンドまですっと伸びたストレートラインのデザインは、やはりミニバンを想像してしまう。3列目まで、トータル7つあるシートを見ると、その思いはなおさら強くなる。

でも、運転席と助手席のあいだは行き来ができないように、センターコンソールで分けられている。しかも簡単にはまたげないほどに、幅も高さもあるセンターコンソールである。2列目のシートは、ベンチシートのようにつながった平なものではなく、・・・

ニュースを読む

ユーティリティ性の高いスタイリングを持つ2列シートモデルである『3008』のホイールベースを延長、3列シートSUVとした『5008』が日本に到着した。

3008とボディサイズを比べてみると、全幅は1840mmで同一、全高は20mm低く1630mm、全長は190mm長い4640mm、ホイールベースは165mm延長され4640mmとなっている。この長くなった全長とホイールベースを生かして3列目のシートを追加。7名の乗車定員を実現している。・・・

ニュースを読む

VR(仮想現実)で家族が同乗しているイメージを頭に描きながら試乗してみた。すると、よかった。SUV、ミニバンといったカテゴリーを超えた、良質・上質な家族のためのグランドツアラーに思えたからだ。

試乗場所は四国・今治と広島・尾道とを結ぶ“瀬戸内しまなみ海道”をメインとしたコース。路面状態はよく、片側1車線ながらクルマの流れはゆったりとしたもので、風光明媚ななかで落ち着いたドライブが楽しめる。ここで『5008』は最良の面を発揮してくれた。・・・

ニュースを読む

プジョーは10月17日、『L500Rハイブリッド・ビジョン・グランツーリスモ』を発表した。10月19日に発売されるシミュレーションソフト『グランツーリスモSPORT』に収録される1台だ。

プジョーは1916年、レーシングカーの「L45」で、米国の有名レース、「インディ500」で優勝を果たす。それから100年。往時の名車へのオマージュとして誕生したのが、プジョー L500Rハイブリッド・ビジョン・グランツーリスモ。

クーペボディの全高・・・

ニュースを読む

プジョー・シトロエン・ジャポンは、プジョーのエントリーSUV『2008』に特別仕様車「クロスシティ」を設定し、10月10日より販売を開始した。

クロスシティは、街とオフロードの両方でドライビングを楽しめることをコンセプトとし、機能と装備を強化した特別仕様車。悪路走破性能を伸ばすグリップコントロールと16インチアロイホイール+オールシーズンタイヤ、専用アルカンタラ&TEPレザーシート(シートヒーター付き)などの上級装備を持ちながら、価格・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2016-2017
ただしがe燃費を使ってみるようです
e燃費アプリ

車レビュー

かのっさ

デミオの良いところ悪いところ

車種名:マツダ デミオ (ディーゼル)
投稿ユーザー:かの***** さん
総合評価:

デミオの良いところは、内装がライバルコンパクトカーに比べてプラスチック部...[ 続きを見る ]

キタのおやじ

2日間車に乗らず。翌日モーター走行...

車種名:トヨタ プリウス
投稿ユーザー:キタ***** さん
総合評価:

先日、出張で2日間車を放置。戻ってきていつもの通勤に使用。朝の通勤時の燃...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2017 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針