EV

カーライフニュース - EV

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

シトロエンは7月9日、2名乗りの小型EVの『アミ』(Citroen AMI)をフランス本国で発売した。ディーラーとオンラインのいずれかで、購入することができる。

◆都市部の交通や環境問題に対するシトロエンの革新的な回答

シトロエンはブランド誕生から100年間、大胆さと創造性をもって、誰でもアクセスできるモビリティを追求してきた。そして101年目となる2020年、ブランドの完全電動化への流れに従い、新たなモビリティとして、アミを発表し・・・

ニュースを読む

日産自動車と山形県酒田市、山形日産自動車販売の3者は7月13日、電気自動車(EV)を活用した「災害連携協定」を締結した。

協定の内容は、酒田市が、EVの普及を通じて、地域の課題解決や環境負荷の低減に取り組むとともに、地震災害等による大規模停電が発生した際に、市が指定する避難所等にて、山形日産自動車販売より貸与される『日産リーフ』を電力源として活用することで、避難所の円滑な運営を行い、市民の安全確保に努めるというもの。

日産自動車は、・・・

ニュースを読む

BMWグループのMINIは、2020年上半期(1〜6月)の世界新車販売の結果を発表した。総販売台数は11万8862台。前年同期比は31.1%減と、引き続き前年実績を下回った。

上半期の車種別販売実績では、『カントリーマン』(日本名:MINI『クロスオーバー』)の電動モデルが好調だった。プラグインハイブリッド車(PHEV)のMINI『クーパーSE クロスオーバーALL4』は上半期、前年同期比4.1%増の8587台と堅調だった。

上半期・・・

ニュースを読む

ボルボカーズ(Volvo Cars)は7月9日、スマートフォンアプリの「Volvo on Call」に、プラグインハイブリッド車(PHV)のドライバー向け新機能を導入すると発表した。

ドライバーは、Volvo On Callアプリを使用することにより、自分の車両と直接やりとりすることができる。例えば、バルブの交換やウォッシャー液の補充が必要かどうか、確認できる。車両のロックおよびロック解除、燃料残量の確認、最寄りのガソリンスタンドの表・・・

ニュースを読む

マセラティは、7月15日に発表予定の『ギブリ』改良新型に、ブランド史上初となるハイブリッドモデルを設定する。その市販型プロトタイプの実車をカメラが捉えた。

ギブリは初代は1966年に2ドア・ファストバックとして誕生、1973年に生産終了となったが、1992年に『ギブリII』として復活し、1997年まで販売された。その後2013年に16年振りにEセグメント・4ドアサルーンとして復活。2017年にフェイスリフトを受けており、これが2度目の・・・

ニュースを読む

関西電力は7月10日、法人向けに、EV(電気自動車)リースおよびカーシェアリングシステム等を活用したモビリティサービスの提供を開始した。

EVリースサービスは、「EV」、「EV用充放電器」および「EV充放電管理システム」を、一元的にリースで提供するもの。複数台のEVの充電および放電を制御することで、事業所等の電力需要低減に貢献。停電時に特定負荷に対する電力供給を行うことで、BCP(事業継続計画)対策の1つとして利用できる。

カーシェ・・・

ニュースを読む

ベントレーの高級4ドアサルーン『フライングスパー』に初のPHEVモデルが設定されることが濃厚となった。

フライングスパーは、2012年まで『コンチネンタル・フライングスパー』として発売されていたが、2013年のフルモデルチェンジで『フライングスパー』と改められ、2019年からは第2世代へバトンタッチされている。

捉えたプロトタイプは、左側リアフェンダー上部に充電ポートが見てとれる。給油口は右側Cピラーの付近にあるため、PHEVモデル・・・

ニュースを読む

◆欧州Cセグメントとしては初のクーペSUV

6月中旬に先行して新型『C4』のBEV版「e-C4」(※)の画像とリリースを発表していたシトロエンが、今回も同じくオンラインながら、ガソリン、ディーゼルの「C4」を、パリ時間の6月30日14時より世界中に向けて公開した。(※:eの上にはトレマ「¨」が付く)

欧州Cセグメントとしては初めてとなるクーペSUVライクな独特のプロポーションのボディは、BEV、ガソリン、ディーゼルとも共通で全長43・・・

ニュースを読む

BMWの新型EV『iX3』、デジタルワールドプレミアへ 7月14日

by 森脇稔 on 2020年07月10日(金) 12時15分

BMWグループ(BMW Group)は7月9日、新型EVのBMW『iX3』を7月14日、デジタルワールドプレミアすると発表した。

◆第5世代のBMW「eDrive」テクノロジー

iX3は、BMWブランド初のEVのスポーツ・アクティビティ・ビークル(SAV)になる。EVパワートレインには、BMWグループにとって、第5世代のBMW「eDrive」テクノロジーが搭載される。

第5世代のBMW eDriveテクノロジーに使用されるすべての・・・

ニュースを読む

ブリヂストンは、同社が開発した環境性能と運動性能を両立するタイヤ技術「ENLITEN(エンライトン)」が、フォルクスワーゲンの電気自動車(EV)『ID.3』のタイヤに採用されると発表した。

エンライトンは、環境負荷を低減するとともにハンドリングなどの運動性能との両立を可能にするタイヤ技術。3次元形状革新サイプと新形状のパターン、接地形状最適化により、運動性能や摩耗性能を維持しながら約30%転がり抵抗を低減し、ガソリン車のCO2排出量を・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アンケート
e燃費アワード2019-2020
ただしがe燃費を使ってみるようです
e燃費アプリ

車レビュー

HOP

流行のSUVです

車種名:マツダ CX-5 (ディーゼル)
投稿ユーザー:HOP***** さん
総合評価:

CX-5ディーゼルに乗っております、愛車の自慢は4500cc相当のトルク...[ 続きを見る ]

久保田

【CX-30 1.8DT AWD の燃費】 カタログ燃費18.4km/ℓ...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2020 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針