EV

カーライフニュース - EV

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

ビー・エム・ダブリュー(BMWジャパン)は、MINI初のコンパクトSUV『クロスオーバー』をフルモデルチェンジし、2月23日より販売を開始すると発表した。納車開始は3月2日(ミニの日)を予定。

新型MINIクロスオーバーは、クリーンディーゼルエンジン搭載モデルのみで販売を開始。「クーパーDクロスオーバー」および「クーパーDクロスオーバー・オール4」は最高出力150psの2リットル4気筒ターボと8速ATの組み合わせで21.3km/リット・・・

ニュースを読む

キハ40形気動車の仕事を受け継ぐ電車が姿を現した。JR烏山線(栃木県)向け直流蓄電池電車「EV-E301系 ACCUM」2両基本編成3本が2月21日、製造元の総合車両製作所横浜事業所から宇都宮へと渡った。烏山線は3月4日のダイヤ改正で“架線なし電化”を遂げる。

EV-E301系 ACCUM(Energy storage Vehicle)は、リチウムイオン電池を搭載し、架線のない非電化区間で走行できる電車。烏山線には、量産に先行して2両・・・

ニュースを読む

ドイツに本拠を置くELEXTRAカーズは2月21日、スイスで3月に開催されるジュネーブモーターショー2017において、新型EVスーパーカー、『ELEXTRA』を初公開すると発表した。

ELEXTRAは4ドア、4シーター、4WDのEVスーパーカー。スイスで設計を行い、組み立ては、ドイツでハンドメイドで行う計画。独特の4ドアEVスポーツのデザインが異彩を放つ。

パフォーマンスは圧倒的。強力なモーターを搭載し、4WDのトラクション性能の効・・・

ニュースを読む

ドイツの自動車大手、ダイムラーは2月15日、メルセデスベンツの大型EVトラックの実地テストを行うと発表した。

この大型EVトラックは、メルセデスベンツ『アーバンeトラック』と命名。総重量は25トンという大型トラックとなる。ダイムラーによると、大型トラックのEVは世界初という。

二次電池は、リチウムイオンバッテリー。1回の充電で、最大200km走行できる性能を備えている。

ダイムラーは、メルセデスベンツアーバンeトラックの実地テスト・・・

ニュースを読む

日産 e-NV200、欧州商用EVベストセラーに…2016年

by 森脇稔 on 2017年02月20日(月) 16時33分

日産自動車は2月上旬、『e-NV200』が2016年、欧州商用EVのベストセラー車になったと発表した。

e-NV200は2016年、欧州全域で4319台を販売。前年比は7%増だった。

最量販市場は、英国。『リーフ』を含めて、日産のEVに対する需要は根強く、英国EV市場において、日産はほぼ50%のシェアを獲得する。e-NV200に関しては、2016年のシェアは82%以上。2014年の現地発売以来、シェアを倍増させている。

以下、ノル・・・

ニュースを読む

メルセデス、EVフルライン化へ…2025年までに10車種以上

by 森脇稔 on 2017年02月20日(月) 12時03分

ドイツの高級車、メルセデスベンツが、EVの車種ラインナップを一気に拡大させることが分かった。

これは2月上旬、メルセデスベンツを擁するダイムラーが、2016年通期決算の発表の場で明らかにしたもの。「2025年までに、10車種以上のピュアEVを発売する計画」と公表している。

このEV拡大計画と重要な関係があるのが、2016年に立ち上げた新ブランド、「EQ」。同ブランドは、電動パワートレーン車に特化しているのが特徴。EQの最初のコンセプ・・・

ニュースを読む

STマイクロ、EV充電の業界標準目指す団体に参加

by 森脇稔 on 2017年02月19日(日) 23時12分

STマイクロエレクトロニクスは1月末、EV用の充電技術の業界標準を目指す団体、「チャージング・インターフェース・イニシアチブ」に参加すると発表した。

チャージング・インターフェース・イニシアチブは、60を超えるグローバルなメンバーが参加する団体。2015年に設立され、本部をドイツ・ベルリンに置く。さまざまなEVに対応した充電技術の国際標準として、「CCS」(コンバインド・チャージング・システム。通称:コンボ)の確立と普及を目指している・・・

ニュースを読む

東京電力ホールディングスは、オープン・イノベーションWebページ「TEPCO CUUSOO」で電気自動車(EV)を活用した新しい事業・技術アイデアと、アイデアを自ら実証実験する提案を広く募集する「EV活用アイデアコンテスト」を開催する。

優秀なアイデア提案者に対しては、合計で最大10台のEVを最長3年間無料で貸し出す。

東京電力グループはこれまで、温室効果ガス排出抑制をはじめとした環境への取り組みの一環としてEVの普及を推進してきた・・・

ニュースを読む

ホンダは2月16日、スイスで3月に開催されるジュネーブモーターショー2017において、自動運転機能を備えたEVコミューターのコンセプトカー、『NeuV』を欧州初公開すると発表した。

NeuVには、人とのコミュニケーションを行うAI技術の「感情エンジンHANA」(Honda Automated Network Assistant)を搭載。感情エンジンは、ソフトバンクグループ傘下のcocoro SB株式会社が開発したAI技術。機械自らの感・・・

ニュースを読む

ZMPは2月16日、超小型EVをベースとした自動運転技術開発用実験車両「RoboCar MV2 2017」を販売開始した。

新製品は、2012年より同社が販売している1人乗り超小型EVベースの自動運転技術開発用車両「RoboCar MV2」の最新モデル。ユーザーのプログラムからステアリング、アクセル、ブレーキが制御でき、自動車/部品メーカー、研究機関における自動運転や運転支援技術の実車を用いた研究開発に活用できる。

新モデルでは、車・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2015-2016
ただしがe燃費を使ってみるようです
自動車保険一括見積もり

車レビュー

しずやん

燃費について

車種名:トヨタ カローラフィールダー (ハイブリッド)
投稿ユーザー:しず***** さん
総合評価:

2016年10月に納車しました。 スタイリング良くするためTRDをカスタ...[ 続きを見る ]

NenpiLog

H8/1996年式 L502S モ...

車種名:ダイハツ ミラ
投稿ユーザー:Nen***** さん
総合評価:

NAのJBエンジンはスペック通りの高回転型で低中速が弱く、中間加速の鈍さ...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2017 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針