河西啓介

カーライフニュース - 河西啓介

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

◆なぜボルボは快適なのか?

コロナウィルスの脅威がすさまじい。感染を恐れ公共交通機関での移動を控える人がいるいっぽうで、必然的にクルマでの移動を選ぶ人が増えている。とくに東海道新幹線利用者の激減と、東名高速の混雑ぶりが表すコントラストはわかりやすい。東日本大震災のときも然りだが、有事のさいには往々にして、自動車の「カプセル」としての安全性が見直される。

そんなことを思うとき、ふとボルボのエンジニアから聞いた話を思い出す。「スウェーデ・・・

ニュースを読む

◆アウディ初のSUVクーペ

日本市場への導入が始まったアウディ『Q8』に乗った。Q8はアウディが“SUVクーペ”と呼ぶ、SUVのユーティリティや悪路走破性を備えつつクーペを思わせるスタイリッシュなデザインに仕立られた、プレミアムかつ“ニッチ”なモデルだ。

SUVクーペは現在、プレミアムカーのセグメントではちょっとしたトレンドになっている。BMWでいえば「Xシリーズ」、メルセデスでいえば「GLクーペ」シリーズなどがそれだ。Q8はアウデ・・・

ニュースを読む

ボルボのエステートモデル『V60』に、PHEV(プラグインハイブリッド)モデルの「T6ツインエンジン」が追加された。

◆実質15万円プラスで買えるV60のPHEV


“プラグインハイブリッド”って、今ではわりと聞くようになったけど、じつはどういうモノかよくわかってない……。そんな人もいるだろう。簡単に言えば、内燃エンジンと電気モーターを積むハイブリッドカーで、なおかつ充電用の“プラグ(コンセント)”を備えているのがPHEVである。だ・・・

ニュースを読む

◆主婦ネットワークで囁かれる“ディーゼル”のウワサ

自動車の世界では「電動化」の流れが加速しているが、こと日本の輸入車マーケットにおいては、このところ「ディーゼル」が注目を集めている感がある。メルセデスは今年になって小さな『Aクラス』と大きな『Gクラス』の両方にディーゼルモデルを追加し、プジョーなどフランス勢も近年、ディーゼルの導入を積極的に行っている。

先日、僕の知人がメルセデスのディーゼルモデルを買った。聞けば、購入理由は奥さん・・・

ニュースを読む

◆スウェーデンの“いいとこ取り”

スウェーデンってどんな国? と聞かれたら、「社会福祉の制度が進んでる国だよね」と答える人は多いだろう。そう、スウェーデンをはじめとする北欧の国々は総じて社会福祉先進国だ。子育て、教育、高齢者のケアなどについての制度が手厚い。つまり基本的に“ちゃんとしている”国なのである

そのスウェーデンの国民車たるボルボは、やっぱり“ちゃんとした”クルマだ。1950年代に発売されたアマゾンは、世界初の3点式シート・・・

ニュースを読む

クルマの世界における「SUV」よろしく、オートバイの世界では「アドベンチャーモデル」が大流行りだ。オンロードがメインだが、オフも行けちゃうデュアルパーパスモデルのことで、その始祖となるのはBMWの『GS』である。

各二輪メーカーからGSの後を追うようなモデルが続々登場しているが、そんなアドベンチャー・ブームも第2ステージに入ったというか、近ごろでは「差別化」された個性派アドベンチャーが現れ始めている。

◆80年代的なちょいレトロデザ・・・

ニュースを読む

昨年、2018年夏に日本に導入されて以来、ずっと「乗ってみたい」と思っていたハスクバーナ『ヴィットピレン701』に試乗することができた。

スウェーデン発の「ハスクバーナ」は100年以上の歴史を持つ老舗メーカーだが、日本での認知度は決して高くない。長らくモトクロス、エンデューロ、モタードといったオフロード系モデルに特化していたことがその主たる理由だ。しかし経営をめぐる紆余曲折の末、2013年にオーストリアのKTM傘下に入ったことから、オ・・・

ニュースを読む

KTMのフラッグシップ・ネイキッドスポーツである『スーパーデュークR』をベースに、ハーフカウルを備え、エンジン特性や足回りをリセッティングしてグランドツアラー的キャラクターを与えられたのがこの『スーパーデュークGT』だ。

この日の試乗会でいちばん最初に乗ったバイクだったのだけれど、じつは走り出してすぐ「これが今日イチだな」と確信してしまった。それほど素晴らしいバイクだったのだ。


まず、エンジンがいい。1290のビッグVツインだが、・・・

ニュースを読む

2014年に登場した『スクランブラー』シリーズは、ドゥカティを“変えた”バイクだ。それまでのドゥカティは「速さ」を至上命題とするメーカーだった。だがスクランブラーはそのベクトルを変えた。「速さ」より「楽しさ」を追求したのだ。

その結果、スクランブラーは大ヒットモデルとなった。そしてドゥカティというブランドに対する何よりの貢献は、あらたなドゥカ乗りを増やしたことだ。これまで敷居の高さを感じていた多くのライダーが、スクランブラーに惹かれド・・・

ニュースを読む

◆70-90 年代のボルボ車をレストア

若い女子たちの間で、親の服を着る「おさがりコーデ」が流行っているという。年末の歌番組でアイドルグループのなんとか坂が、90年代風のダブダブな服を着て歌っているのを見たときは、「いったい何のコスプレ?」と思ったが、リアルに自分の父親、母親の服を借りて衣装にしていたのだそうだ。それってオシャレなのか? と思いつつ、流行りっていうのは“繰り返す”ものなんだなァ……、と妙に感心してみたり。

で、クルマ・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2019-2020
ただしがe燃費を使ってみるようです
e燃費アプリ

車レビュー

イ~さん

1年経過しての感想

車種名:トヨタ カムリ (ハイブリッド)
投稿ユーザー:イ~***** さん
総合評価:

購入して1年経過しての感想です。 まずスタイルについては好みの問題なので...[ 続きを見る ]

つね

すばらしい

車種名:ホンダ N-VAN
投稿ユーザー:つね***** さん
総合評価:

バイクを積むトランポとしても使ってます。 N-VANの前はハイエース ...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2020 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針