松田秀士

カーライフニュース - 松田秀士

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

◆S660に終止符…最後の特別仕様車をサーキットで試す

2022年3月でホンダ『S660』の生産が終了する。軽自動車でミッドシップの専用プラットフォームを設計。『ビート』の再来とまで言われ、唯一無二のホンダらしいクルマ造りで登場した本格的軽スポーツ。筆者自身、これまでにも数多く試乗し、また個人的に広報車もお借りして長いマイレージを刻んだ。思い出されるのは我が生まれ故郷・高知で開催されたデビュー試乗会。土佐湾を望む横浪黒潮ラインを軽自動・・・

ニュースを読む

◆ソフトウェアの変更で走りはどう変わるのか?

普通、アップデートというと何がしかのハードウェアである場合が多いけれども、今回はソフトウェアとのこと。それがどの程度『マツダ3』SKYACTIV-Xの走りを変えるのか注目するところ。

まず現行モデルのATで走り→アップデートモデルのATで走る。次に現行MT→アップデートMTと走行する、というパターンなので差は分かりやすい。コースは旧レースコースだったMINE(現マツダテストコース)のメイ・・・

ニュースを読む

◆明らかにドライビングがしやすくなった新型フィット

ステアリングの2本スポークはかつてのポルシェ『911』を思い起こす。とはいえ新型『フィット』のインテリアはとてもすっきりしているうえに暖かい印象。ドラポジを決めて真っ先に感じるのが、これまでとは違って明らかにドライビングがしやすくなっている。ステアリングの角度、テレスコピックの長さ、そしてシートの角度座り心地だ。

視界にもかなり配慮している。フロントのピラーを2本にして、後方をAピ・・・

ニュースを読む

◆小回りがきくボディサイズ



ベースは『マツダ3』です。SUVとして175mmに床下車高を上げ、逆にホイールベースは70mm短い2655mmとしています。道路や駐車場を選ばない小回りが利くボディサイズがもたらす運転のしやすさを追求しました。

ちなみに全長は65mm短い4395mmで4400mm切り。全幅は1795mmで1800mm以下。全高は175mmの地上高を確保しながら1540mmと立体駐車場の目安となる1550mmを切ってい・・・

ニュースを読む

ガソリンエンジンをディーゼルエンジンのように高圧縮比化。ふつうガソリンの高出力エンジンは11.0で高圧縮比といわれるけれどもSKYACTIV-Xでは16.3という値。どうしてこういうことをしているのか? というと、ガソリンと空気の混合気をうんと薄くして燃やすため。

薄くすればその分燃費が良くなりますね。しかし超希薄というくらいに薄くすると、もうプラグの火花では燃えなくなります。そこでディーゼルのように強烈に圧縮したことによる気体の熱上・・・

ニュースを読む

◆「ガソリン」と「ディーゼル」をたっぷりと試乗



新型『Aクラス』のディーゼルもガソリンもそれぞれ1週間ずつお借りして、たっぷりと試乗してみた。ディーゼルの技術は素晴らしい。環境面をしっかりと対策しながら力感はより進歩している。

特に低速域でのトルクがかなり盛られている。そのおかげでDCTの制御が追い付いていないのが気になった。段差などを歩くような速度で越えるときにアクセルの付きと加速が強すぎて、調整に神経を使う。

DCTのクラ・・・

ニュースを読む

ダンロップのミニバン専用タイヤ『エナセーブ RV504』の後継として、新商品『エナセーブ RV505』が発売される。

◆ダンロップの強い思いから誕生したエナセーブ RV505

新商品のRV505は「事故のない毎日を作りたい」というダンロップの強い思いから生まれた。ミニバンは背も重心も高い。さらに多人数乗車などによる重量変化や、横風を含めた様々な路面状況の影響を受けやすく、その結果ふらつきが多く事故につながる恐れがある。

これらに対・・・

ニュースを読む

環境問題などの影響からEVが注目されてきているが、それは遠い? 中国でのお話。現実的には、マンションなど集合住宅に住む人にとっては充電をどうするかがイチバンのテーマ。一部の集合住宅では、吊り下げ式の駐車施設に充電システムが導入されるようになったそうだが、まだまだ時間のかかる問題だろう。

そこでCO2排出量が低く低燃費なクリーンディーゼルがもう一度注目されている。排気ガス規制は年々厳しくなってきているが、クリーン度を増した新開発ディーゼ・・・

ニュースを読む

アウディ『A8』と『A7スポーツバック』。この2車種が新型(フルモデルチェンジ)となったのだが、共通した新機能とその試乗インプレッションを紹介しよう。ただし、ここではA8に特化する。

◆量産車初のレーザースキャナー搭載

まずその新機能。1つ目は、量産車で初めてレーザースキャナーを搭載したこと。レーザースキャナーはユニット内で鏡状の反射板がクルクルと回り、ミリ波レーダー(照射範囲35度)よりも広範囲(照射範囲145度)を照射認識するこ・・・

ニュースを読む

6月18日、ツインリンクもてぎを舞台に開催された「グローバルMX-5カップジャパン」第3戦。前回、レース前に行われた1時間のテスト走行をレポートした。そして、いよいよ今回はレースデーのレポートだ。

まず、今回は17日に30分×2回、合計1時間の前日走行があった。前回のテスト走行では55号車という練習用のマシンを使用しての走行だったが、今回はマシンが変わり57号車になる。同一の仕様性能を持つ『MX-5』だが、マシンそのものが別物だ。

・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アンケート
e燃費アワード2019-2020
e燃費アプリ

車レビュー

初ベンツ

車種名:メルセデスベンツ Cクラス (ステーションワゴン)
投稿ユーザー:e燃費 さん
総合評価:

前車からの乗り換えで、約1年半かけて探し続け、ようやくたどり着きました。...[ 続きを見る ]

yama

燃料

車種名:三菱自動車 eKワゴン
投稿ユーザー:yam***** さん
総合評価:

初めての燃料計測です。燃料18.65 古い車の3ATにして燃料まずまず。...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2021 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針