岡本幸一郎

カーライフニュース - 岡本幸一郎

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

◆インテリアの質感は上々、エンジンフィールは…


『マツダ3』を公道で初めてドライブした。まずはディーゼルのセダン。プロアクティブのツーリングセレクションというモデルゆえシートはファブリックとなるが、それでもインテリア全体の質感は高く、雰囲気は上々だ。

ところがエンジンフィールは、いささか期待したほどでなかったというのが正直なところ。アクセルを踏み増した直後にパッと前に出る感覚はあるのだが、そのあとが続かない。従来のアクセラに設定さ・・・

ニュースを読む

日産でもっとも長い歴史を誇るクルマであり、常に新しいものにチャレンジしてきたクルマでもある『スカイライン』が、現行のV37型になり5年半が経過したタイミングで、見た目も中身も多岐にわたる変更が加えられた。

多くの人にとって気になっているであろう、最大の注目点である「プロパイロット2.0」からまずお伝えすると、既存の「プロパイロット」に対して、同一車線内だけでなく複数車線において運転支援の機能を拡大しており、車線変更支援や一定の条件下で・・・

ニュースを読む

横浜ゴムでは中期経営計画において、オフロードタイヤについても市場環境の変化に対応した事業戦略を進めている。

横浜ゴムのオフロードタイヤブランドである「ジオランダー」には、スタンダードラインである同『M/T』、『A/T』、『H/T』、『SUV』に加えて、プレミアム層やコア層に向けた「Xシリーズ」の『X-CV』、『X-MT』といったラインアップがすでに揃っている。そこにこのほど加わった『X-AT』は、「A/T」と「M/T」の中間的な性格を・・・

ニュースを読む

◆本命のディーゼルが選択肢に加わった「エクリプスクロス」

『エクリプスクロス』は、日本では数少ないスタイリッシュなクーペフォルムをまとったSUVであり、三菱が誇る四輪制御技術による優れた走行性能を身に着けている。昨年3月の登場以来これまで何度か試乗する機会があったが、個人的にもこのスタイリングを気に入っているし、高い利便性と走りのよさにも好感を抱いていた。

そのエクリプスクロスに、2.2リットルクリーンディーゼルが追加された。エンジ・・・

ニュースを読む

ダイハツ工業は、新世代のプラットフォーム「DNGA(Daihatsu New Global Architecture)」を発表、軽自動車やコンパクトカーに順次採用することを明らかにした。その第一弾となるのが7月に登場する新型『タント』だ。

新型タントそのもののスペックや詳細は現時点では伏せられたままだが、プロトタイプ車両に試乗する機会を得た。今回はDNGAの走りにフォーカスし、モータージャーナリスト岡本幸一郎氏による新旧比較レポートを・・・

ニュースを読む

我々の生活を支えるトラックやバスが世に出るまでに、どのような過程を経て開発されているのか。今回は三菱ふそうがかねてより毎年冬に北海道で行なっている“雪中行軍”ならぬ寒冷地適合性の試験に同行するという非常に貴重な機会をいただいた。

三菱ふそうでは、近い将来に発売する車両の信頼耐久性能試験の一環として、寒冷地における各種試験のため、この時期に北海道まで自走で訪れている。詳しくはまだ書けないが、今回の主な目的は、新たに搭載が予定されている車・・・

ニュースを読む

夏タイヤの性能は申し分ないことを確認できたミシュランの『クロスクライメート』を、今度はいよいよ冬の北海道で試すことができた。場所は北海道北部の中央に位置する士別の寒冷地試験場だ。

◆アイス路面で比較、違いは歴然

当日はかなりの雪で、ときおり吹雪も。下は凍っていて、その上に柔らかい雪の乗った、条件としてはかなり厳しいコンディションでのテストとなった。

そんな中、まずはスノーとアイスの混在した路面のコースにおいて、日産『リーフ』でサマ・・・

ニュースを読む

◆欧州で消費者満足度96%のタイヤが日本上陸!

オールシーズンタイヤというのは、雪上もそれなりに走れるが、とかく夏性能、冬性能とも中途半端と認識されがちだ。ところが、ミシュランのクロスクライメートシリーズは、雪も走れる夏タイヤをコンセプトに掲げるとおり、夏タイヤをベースに開発された新商品だ。



夏タイヤの性能を落とすことなく雪上の走行を可能としたというタイヤであり、日本に先がけて2015年より導入されている欧州市場においても、消費・・・

ニュースを読む

◆4.2リットルV8から2.9リットルV6ツインターボへ

日本導入に先立ち、4代目となる新型『RS4アバント』をドイツのアウトバーンや田舎道でテストドライブすることができた。

実車を前にすると、ワイドボディに象徴される見るからに速そうな姿が目を引く。レッドはもちろん、グリーンもよく似合う。内外装のいたるところに配されたカーボンパーツも、よりそれを引き立てている。さらにはコクピットはもとより、ラゲッジスペースやエンジンルームなど外から・・・

ニュースを読む

◆同クラスで抜群の実用性

初代『TT』の登場からちょうど20年が経ち、3代目となる現行TTの登場から4年あまりが経過。本国でマイナーチェンジが報じられてほどないタイミングで、その最新のTTを駆り、マン島TTレースで実際に使われるマウンテンコースの約20kmにおよぶ区間を占有し、思いっきり走れるという願ってもない機会に恵まれた。

ちなみに、アウディがこのクルマに「Tourist Trophy(ツーリスト・トロフィー)」を意味する「TT・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2018-2019
ただしがe燃費を使ってみるようです
e燃費アプリ

車レビュー

ぬ

変なところで実用性がある軽トラック

車種名:ホンダ アクティ
投稿ユーザー:ぬ***** さん
総合評価:

平成12年式のHA7初期型です。主に農作業に使用しています。 燃費は大体...[ 続きを見る ]

CF4152

燃費(通算37回目)

車種名:ホンダ シャトル (ハイブリッド)
投稿ユーザー:CF4***** さん
総合評価:

給油(通算37回目)を10/6に行いました。前回の給油から464.4km...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2019 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針