山田清志

カーライフニュース - 山田清志

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

パナソニックは5月20日、ソフト会社とのパートナーシップ強化に関するオンライン会見を開き、米ソフトウェア企業のブルーヨンダーの株式20%を取得すると発表した。取得金額は8億ドル(約860億円)だ。

ブルーヨンダーは世界最大のサプライチェーン・ソフトウェア専門企業として35年以上の歴史を有し、サプライチェーン計画から実行、物流、小売業務、eコマースまでバリューチェーンの最適化を進めている。その顧客数は世界中で3300社を超えると言われて・・・

ニュースを読む

パナソニックは5月18日、2019年度連結決算を発表した。売上高は7兆4906億円(前期比6.4%減)、営業利益は2938億円(同28.6%減)、当期純利益は2257億円(同20.6%減)だった。売上高営業利益率も3.9%と、ソニー(10%)に大きく差をつけられてしまった。

「売上高は事業ポートフォリオ改革、中国での投資需要低迷に加え、新型コロナウイルスの感染拡大の影響によって減収となった。営業利益と純利益は事業構造改革費用などにより・・・

ニュースを読む

ソフトバンク 孫社長「2020年度はゼロ配当もあり得る」

by 山田清志 on 2020年05月19日(火) 08時56分

ソフトバンクグループ(SBG)は5月18日、2019年度連結決算を発表した。孫正義会長兼社長はオンライン会見で「コロナ危機の中でより安全運転をする」と述べ、2020年度の配当についても安全運転に徹するそうで、「ゼロ配当もあり得る」と付け加えた。

2019年度の売上高は前期比1.5%増の6兆1850億円だったが、営業損益は1兆3646億円の赤字(前期は2兆736億円の黒字)、純損益は9615億円(同1兆4111億円の黒字)になった。SB・・・

ニュースを読む

トヨタ自動車は5月12日、2019年度の決算会見をオンラインで行った。その中で豊田章男社長は国内生産300万台体制について触れ、改めてそれを死守し続けることの重要性を強調した。

トヨタは1980年代から需要のあるところで生産するという方針で海外生産を加速してきたが、円高になってもこだわり続けてきたことがある。それは国内生産300万台体制を維持するということだ。歴代の社長はそれを事あるごとに強調してきた。

「超円高をはじめ、これまでど・・・

ニュースを読む

日本自動車工業会の豊田章男会長は4月10日、日本自動車部品工業会、日本自動車車体工業会、日本自動車機械器具工業会のトップ3人とともに、ネット中継による記者会見を行い、自動車業界全体で新型コロナウイルス危機を乗り切る決意を表明した。

「本日の内容にはこれから考えていくことなど、われわれの想いや宣言のようなものが含まれている。具体的に決まっていなくても思いを話すことで、一緒にやってみようと、手をあげてくれる方が出てくるかも知れない。危機的・・・

ニュースを読む

トヨタ自動車とNTTが3月24日、資本業務提携をすると発表した。出資額は相互に2000億円規模で、通信を活用した自動運転技術などを共同で開発する。これでトヨタは国内通信大手すべてと提携関係を結ぶことになり、未来の車社会実現に向けた“仲間づくり”が大きく前進した。

トヨタは2018年にソフトバンクグループと大規模な事業提携をして、共同で移動サービス会社を設立している。また、株主となっているKDDIとは通信分野で技術連携をしている。そして・・・

ニュースを読む

自工会の豊田会長がオンライン記者会見で訴えたこと

by 山田清志 on 2020年03月20日(金) 14時00分

日本自動車工業会の豊田章男会長が3月19日に行った定例記者会見は異例のものだった。新型コロナウイルスの感染防止のため、会見場に入れたのは各社1人でマスク着用。そのほかの報道陣はオンラインでの参加だった。もちろんオンライン会見は初めてのことだ。

その中で豊田会長は「先が見えない、何が正解か分からない今の状況においては、とにかく決断して実行していくしかない。1日も早い終息を願い、力を尽くしていきたい」と決意を述べるとともに「われわれ自身が・・・

ニュースを読む

トヨタ自動車は3月16日、ブロックチェーン(分散型ネットワーク)技術の活用についての説明会を開催した。新型コロナウイルスの拡大で多くの報道陣がオンラインでの参加となったが、トヨタグループが主体となって、実サービスに向けた実証実験を行っていくという。

トヨタは2019年4月、トヨタファイナンシャルサービスとブロックチェーン技術の可能性を追求するためにバーチャル組織「トヨタ・ブロックチェーン・ラボ」を立ち上げ、トヨタファイナンスやトヨタシ・・・

ニュースを読む

タウは2月19日、業界初のサービス「オンライン事故車査定システム」について説明会を開催し、3月初旬からサービスを開始すると発表した。これによって、これまで買い取り完了まで約2週間かかっていた日数を約半分の1週間に短縮できるという。

同社は日本で廃車となってしまうような事故車や自然災害などの被災車両を買い取り、修理して海外に販売するという専門商社で、昨年の台風19号時には、水害車両を約1万2000台を短期間で買い取り、ユーザーから感謝さ・・・

ニュースを読む

ホンダは2月14日、コンパクトカー『フィット』の新型車を発売する。4代目となる今回のフィットは2013年以来、約7年ぶりのフルモデルチェンジで、歴代フィットが築き上げた優れた性能・機能をベースに、数値では表現できない4つの“心地よさ”を盛り込んだ。

「振り返ってみると、2代目、3代目は室内空間をさらに広く、燃費を少しでも良くしようと機能的な価値をもっと伸ばそうと開発したが、付加価値という点ではそれほど大きく成長できていなかったのではな・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2019-2020
ただしがe燃費を使ってみるようです
e燃費アプリ

車レビュー

イ~さん

1年経過しての感想

車種名:トヨタ カムリ (ハイブリッド)
投稿ユーザー:イ~***** さん
総合評価:

購入して1年経過しての感想です。 まずスタイルについては好みの問題なので...[ 続きを見る ]

つね

すばらしい

車種名:ホンダ N-VAN
投稿ユーザー:つね***** さん
総合評価:

バイクを積むトランポとしても使ってます。 N-VANの前はハイエース ...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2020 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針