山田清志

カーライフニュース - 山田清志

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

三菱自 加藤社長「ラリーの関与も検討していく」

by 山田清志 on 2021年06月24日(木) 09時54分

三菱自動車の加藤隆雄社長は6月23日に開催された定時株主総会で、商品戦略について触れ、三菱自動車らしいクルマづくりを強調。ラリーなどへの関与などさまざまな取り組みを進めていくことを明らかにした。

「当社は持続的な成長に向けて三菱自動車らしさの再定義を行った。その三菱自動車らしさとは環境とともに安全、安心、快適をお客さまに提供すること。具体的には、当社が強みを持つ電動化技術とオフロードの高い走破性を持ったSUVの技術、そして機能的で楽し・・・

ニュースを読む

日産自動車は6月15日、新型コンパクトカー『ノートオーラ』を今週発売すると発表した。販売価格は261万0300〜295万7900円で、クルマにこだわりを持つ年配者やクルマ好きの若い人がターゲットだという。

商品企画責任者である藤沢直樹チーフプロダクトスペシャリストによると、このクルマのコンセプトは「新次元の電気の走りと上質さをまとったプレミアムコンパクト」で、「今まで上質なクルマを乗り継いできた、こだわりの強いお客さまにも十分満足して・・・

ニュースを読む

電子情報技術産業協会(JEITA)は6月3日に会見を開き、東芝の綱川智会長兼社長がソニーグループの石塚茂樹副会長の後を受けて新会長に就任したと発表。併せて綱川新会長が会見を行い、「グリーン×デジタルは率先して取り組む事業の1丁目1番地」と強調した。

冒頭の挨拶で「もはや『ビフォーコロナ』の社会に戻れない」と述べた綱川新会長は、JEITAという業界団体がここ数年で大きく変化していることを強調した。というのも、2017年に会員制度に関する・・・

ニュースを読む

ソニーグループは5月26日、2021年度の経営方針説明会をオンラインで開催した。その中で電気自動車『VISION-S』について、吉田憲一郎会長兼社長は「今後もVISION-Sは探索領域として開発を進める」と述べた。

VISION-Sは、米国ラスベガスで開催された「CES2020」に初披露され、話題をさらったコンセプトカーだ。ソニーの車載向けCMOSイメージングセンサーやToFセンサーなど30個以上のセンサーを搭載。人工知能(AI)や通・・・

ニュースを読む

デンソーは5月26日、事業の取り組みや進捗を説明するイベント「デンソーダイアログデー2021」をオンラインで開催した。その中で、有馬浩二社長は「今年は新しいデンソーのスタートを切る年にしたい」と強調した。

冒頭挨拶に立った有馬社長は2020年を振り返り、「世の中の価値基準が大きく変わった1年だった」と述べ、「これまで価値があると思われていたものが、カーボンニュートラルという新しい物差しによって見直され、買っていただける製品や選んでいた・・・

ニュースを読む

トヨタ自動車のジェームス・カフナー執行役員は5月12日に行った2021年3月期連結決算の会見の第2部で、同社のカーボンニュートラルについて説明。「トヨタの技術革新の歴史はカーボンニュートラルへの歩みだった」と強調した。

というのも、トヨタは30年以上にわたりCO2排出量を削減し、カーボンニュートラルを実現するための技術革新と投資を行ってきたからだ。例えば、1996年に初の電気自動車(EV)となる『RAV4 EV』を開発して市場投入した・・・

ニュースを読む

パナソニックが5月10日に発表した2020年度(20年4月〜21年3月)連結決算は、売上高が6兆6987億円(前期比10.6%減)、営業利益が2586億円(同12.0%減)、当期純利益が1650億円(同26.9%減)だった。

その中でオートモーティブ部門は、売上高が10%減の1兆3394億円、営業利益が前期の466億円の赤字から575億円改善して109億円の黒字に転換した。「2020年度は当初公表値をマイナスで出していたが、プラスで着・・・

ニュースを読む

村田製作所の業績が絶好調だ。4月28日に発表した2021年3月期連結決算は、売上高が1兆6301億円(前期比6.3%増)、営業利益が3132億円(同23.7%増)、当期純利益が2370億円(同29.5%増)と増収増益を達成し、いずれも過去最高を更新した。

「リモートワークやオンライン教育を背景にPCの需要が好調に推移し、また、巣ごもり需要でゲーム機の需要も堅調に推移した。スマートフォン市場では5Gの立ち上がりを背景に旺盛な部品の取り込・・・

ニュースを読む

パナソニックは4月27日、歩行トレーニングロボットに関するオンライン説明会を開催し、その量産化技術を確立して、同ロボットを用いた「歩行トレーニング支援サービス」を介護・福祉施設、病院などを対象に同日より開始したと発表した。

「高齢化が加速する日本では、介護から介護予防を重視した施策への転換が進んでいる。その中では、できることは自分で、また適切な活動やトレーニングによって自立した日常生活を維持することが重要になってくる。そこで、われわれ・・・

ニュースを読む

ホンダの三部敏宏社長は4月23日、記者会見を行った。4月1日付で社長に就任した三部氏にとって初の会見で、ホンダが目指す姿と取り組みの方向性について説明した。

「ホンダは『環境』と『安全』に徹底的に取り組むとともに、将来に向けてモビリティ、パワーユニット、エネルギー、ロボティクスの領域で進化をリードすることを目指す。また、環境と安全の目標達成の地盤となる『既存事業の盤石化』の確実な達成に引き続き取り組む」

三部社長はまずこう話し、20・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2019-2020
e燃費アプリ

車レビュー

KP-61

愛犬用の車(130G)

車種名:トヨタ iQ
投稿ユーザー:KP-***** さん
総合評価:

3月に愛犬とのドライブ用にセカンドカーとして2014年型(2014年11...[ 続きを見る ]

4台目エスティマ

良い車

車種名:トヨタ エスティマ (ハイブリッド)
投稿ユーザー:4台***** さん
総合評価:

エスティマ・エミーナ、エスティマT、50系アエラス、4型ハイブリットと4...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2021 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針