アルファロメオ

カーライフニュース - アルファロメオ

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

FCAジャパンは、アルファロメオ『ジュリア』に特別仕様車「モノクロームエディション」を設定し、5月22日より50台限定で発売する。

ベース車両は、最高出力200psを発生する2リットル直4ターボを搭載する「ジュリア2.0ターボ・スーパー」。ステアリングヒーターやプレミアムレザーシート、8ウェイパワーシート、アダプティブクルーズコントロールなど、充実した装備が特徴だ。モノクロームエディションは、ベース車の高い快適性に、エレガントでスポー・・・

ニュースを読む

FCA(フィアット・クライスラー・オートモービルズ)は5月7日、米国の高校生を対象にした「FCA US 2019 ドライブforデザインコンテスト」の結果を発表した。

このコンテストは、FCAの米国デザインスタジオが主催したもの。将来の自動車デザインを担う若い才能を発掘し、支援する目的で行われた。

コンテストのテーマは、究極の未来の自動車。FCA傘下のひとつのブランドの新型車をデザインし、ショールームに新たなレベルの興奮を与えること・・・

ニュースを読む

◆アルファロメオらしさを味わえるSUV

日本の自動車メーカーは規模も大きく、さまざまなカテゴリーの車種をそろえる。日産であれば、軽自動車の『デイズ』からスーパースポーツカーの『GT-R』まで価格も含めて幅広い。そうなると全車に共通する持ち味を与えにくい。

その点で欧州ブランドは規模が比較的小さく、デザインから運転感覚まで、統一された表現をしやすい。

それを強く感じさせたのがアルファロメオの『ステルヴィオ・ディーゼル』だ。クリーンデ・・・

ニュースを読む

FCAジャパンは、アルファロメオ『ジュリア』と『ステルヴィオ』の制動装置(ブレーキ制御システム)に不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。対象となるのは、2017年8月10日〜2019年3月20日に輸入された3274台。

ブレーキシステムモジュール(BSM)の制御プログラムが不適切なため、アダプティブクルーズコントロール(ACC)を使用した走行状態において、ブレーキペダルを踏んでも、ACCが解除されないこ・・・

ニュースを読む

FCAジャパンは、4月28日に開催される国内最大級のLGBTイベント「東京レインボープライド2019」に参加。アルファロメオとともにパレードに参加する人を募集している。

東京レインボープライドは、様々なコンテンツを通して「“性”と“生”の多様性」をアピールしてきた。今年のテーマは「I HAVE PRIDE」。イベント開催当初から様々なスタイルでサポートしてきたアルファロメオは、今年もLGBTへのメッセージを掲げ、「多様性」の素晴らしさ・・・

ニュースを読む

アルファロメオは4月10日、『ジュリエッタ』(Alfa Romeo Giulietta)の2019年モデルを購入した顧客向けに、個人車両をカーシェアに提供できるサービスを欧州で開始すると発表した。

ジュリエッタは、アルファロメオのCセグメント5ドアハッチバックだ。2019年モデルでは、最上級グレードの「ヴェローチェ」(Veloce)がスポーツ性を強化した。新デザインのバンパーとイエローのブレンボ製大容量ブレーキを採用。ドアミラーやドア・・・

ニュースを読む

FCAジャパンは4月13・14日に京都、元離宮二条城で開催されるビンテージカーの祭典「コンコルソデレガンツァ京都 2019」に昨年に引き続き協賛し、アルファロメオの最新モデルの特別展示および試乗会を同時開催する。

コンコルソデレガンツァ京都は、世界最高峰の芸術的ビンテージカーが一堂に集う特別展覧会だ。世界文化遺産・二条城の中でも通常非公開の「二の丸御殿中庭」「台所前庭」「台所」の中で、数々の世界的名車たちを観覧できる。

同展覧会は、・・・

ニュースを読む

FCAジャパンは、アルファロメオ『ジュリア』のフロントブレーキパイプに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。対象となるのは、2017年8月10日〜2018年1月9日に輸入された313台。

エンジンルーム内、右フロントブレーキパイプの取り回しが不適切なため、走行振動等によりエンジン冷却用ホースの固定バンドに干渉するものがある。そのため、パイプが損傷し、ブレーキフルードが漏れ、制動力が低下して、最悪の場合、・・・

ニュースを読む

アルファロメオ ステルヴィオ、早くも改良へ着手!300馬力発生か

by Spyder7編集部 on 2019年03月23日(土) 07時00分

アルファロメオのクロスオーバーSUV、『ステルヴィオ』、及び高性能『ステルヴィオ クアドリフォリオ』が初のフェイスリフトへ向け、開発に着手しているようだ。そのプロトタイプをカメラが初めて捉えた。

赤いボディの「クアドリフォリオ」はボンネット、フロント&リアバンパーがカモフラージュされているが、横に並ぶベースモデルは一切偽装がされていない。現行モデルから変化も見られないため、恐らくこれから本格的に手が加えられるのだろう。

対して、撮影・・・

ニュースを読む

◆大衆路線から高級路線へ

アルファロメオがFRパッケージング用に開発したプラットフォームがある。その名は「GIORGIO(ジョルジオ)」。手始めに『ジュリア』、そして今回の『ステルヴィオ』で使われるものだ。

アルファロメオは大衆車用FFパッケージングを長年使ってきたが、これにより高級路線へ舵を切った。「GIORGIO」はFRのスポーティで大人な乗り味を提供する。

で、そのパワートレーンのメインはご存知、2リットル直4ターボエンジン・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2018-2019
ただしがe燃費を使ってみるようです
e燃費アプリ

車レビュー

Dr.バスケ馬鹿

実燃費 27.2063492063...

車種名:ホンダ シャトル (ハイブリッド)
投稿ユーザー:Dr.***** さん
総合評価:

発表されて直ぐに買い、もう直ぐ4年になります。 暖かくなってきたので、や...[ 続きを見る ]

NV200

一人で使うにはいい車

車種名:日産 NV200バネットバン
投稿ユーザー:NV2***** さん
総合評価:

5万キロ乗りましたがMTで燃費計で14.4キロ/L 実際は13キロ台でし...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2019 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針