ロータス エリーゼ

カーライフニュース - ロータス エリーゼ

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

ロータスカーズ(Lotus Cars)は7月14日、2008年以降に生産された『エリーゼ』と『エキシージV6』に後付けできるデジタルコックピットを英国本国で発表した。世界市場にも展開する予定だ。

このデジタルコックピットは、「デジタル・インストルメント・パック」と呼ばれる。GPSテクノロジーとラップパフォーマンスインジケーターが組み込まれており、サーキットを走行する顧客が、データを測定、表示、記録できる。

システムのソフトウェアには・・・

ニュースを読む

ロータスカーズ日本正規販売輸入総代理店のエルシーアイは、5月15日より全国の正規販売代理店において、ロータス『エリーゼ・クラシック・ヘリテージ エディション』の受注を開始した。

クラシックヘリテージエディションは、「エリーゼ・スポーツ220 II」をベースに、ロータスのレーシングヒストリーをテーマとした特別なボディカラーと内装を施した、全世界100台生産の限定モデルとなる。

エクステリアカラーは、ブラック/ゴールド、レッド/ホワイト・・・

ニュースを読む

ロータスカーズは5月6日、『エリーゼ』(Lotus Elise)の「クラシックヘリテージエディション」を欧州で発表した。4種類が設定され、合計で限定100台を生産する予定だ。

◆ロータスF1の黄金期のカラーリング

ロータスエリーゼのクラシックヘリテージエディションは、同社のモータースポーツの歴史に敬意を表して開発された。同社によると、モータースポーツの成功は、70年以上にわたってロータスの哲学の中心であり、エリーゼは、優れた「For・・・

ニュースを読む

富士スピードウェイでロータスを満喫 9月8日開催

by 丹羽圭@DAYS on 2019年09月01日(日) 14時00分

ロータス正規輸入総代理店のエルシーアイは、サーキットイベント「JAPAN LOTUS DAY 2019」を、9月8日に富士スピードウェイで開催する。

会場ではロータス最新のピュア エレクトリック ハイパーカー『エヴァイヤ』を国内で初披露するほか、レーシングコースでは「LOTUS CUP JAPAN」、「LOTUS 111CUP」、「ELISE SUPER TEC.」の3レースを開催する。

さらに、ロータスのヒストリックカーやケータハ・・・

ニュースを読む

エルシーアイは、ロータス『エリーゼ』に日本特別仕様車「ヘリテージ エディション」を設定し、30台限定で7月19日より受注を開始した。

ベースモデルは、最高出力220psを発生する1.8リットルスーパーチャージャーエンジンを904kgのボディに搭載する究極のライトウェイトスポーツ「エリーゼ スポーツ 220II」。特別色となる深みのあるホワイト「オールドオイングリッシュホワイト」のボディに、ヘリテージレッド/ヘリテージグリーン/ヘリテー・・・

ニュースを読む

ロータスカーズはパリモーターショー2018において、ロータス『エリーゼ スポーツ220』(Lotus Elise Sport 220)の最新モデルをワールドプレミアした。

エリーゼ スポーツ220の最新モデルでは、フロントとリアを設計変更。外観だけでなく、車両全体のダウンフォースのバランスも改善した。平らな底面と前輪の前方にラバーエレメントを取り付け、リアにはディフューザーウィングを追加。車体下のエアフローを変え、抗力の発生を抑えて安・・・

ニュースを読む

イギリスのバックヤードビルダーとしてスタートしたロータスは、ライトウエイトスポーツを得意とするメーカーとして有名だ。

その歴史は紆余曲折したものであるが、現在のロータスには、まるで創業者のコーリン・チャップマンが復活して作り上げたのではないかと思わせるほどにピュアなライトウエイトスポーツモデル、『エリーゼ』が存在する。

試乗した「スプリント220」は878kgのボディに、最高出力は220馬力、250Nmのトヨタ製1.8リットルスーパ・・・

ニュースを読む

『エリーゼ』は、ロータスが1996年から販売しているモデルで、現在のロータスのモデルラインアップのなかでもっともベーシックなモデルとなる。

アルミ製のフレームにFRPのボディを組み合わせるというロータスらしい、ハンドメイドセクションの多い作りも多くのファンに支持されている理由のひとつとなっている。そのアルミフレームの結合はリベットではなく、接着剤を用いるという手法が採られている。

エンジンとミッションはコクピット後方に搭載される純粋・・・

ニュースを読む

2月14日より17日まで、東京ビッグサイトで開催されている新機能材料展2018。NEDOブースには様々な研究中の先端素材や新しい加工法の技術紹介が行われている。

その奥にあった1台のシャーシ。どう見てもミッドシップのスポーツカー。それも、あの……。

「そうです、ベースはロータス『エリーゼ』のシャーシです。そのメインシャーシを熱可塑性樹脂のCFRPで製作して、重量を3分の2にすることに成功しました」。そう語るのは、名古屋大学ナショナル・・・

ニュースを読む

英国のロータスカーズは10月20日、『エリーゼ・カップ260』を発表した。

同車は「エリーゼ」の最速モデル、「エリーゼ・カップ250」をベースに、モータースポーツの最新技術を導入しながら、性能をさらに高めたモデル。世界限定30台が販売される。

エリーゼ カップ260では、カーボンファイバー製パーツの採用で、さらなる軽量化を追求。大型リアウイングやエンジンカバーなどをカーボンファイバー製とし、専用のブレーキディスクも装着される。これに・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2019-2020
ただしがe燃費を使ってみるようです
e燃費アプリ

車レビュー

GRポチ

トヨタのターボエンジンの実力

車種名:トヨタ ヤリス
投稿ユーザー:GRポ***** さん
総合評価:

ナラシ中の燃費 16.0キロ 661.2キロ走って 42.28L給油で満...[ 続きを見る ]

トトロ

燃費は上々

車種名:マツダ アクセラスポーツ (ディーゼル)
投稿ユーザー:トト***** さん
総合評価:

現在片道30キロの通勤で利用しています。通勤路は走りやすい農免道やバイパ...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2020 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針