シボレー(Chevrolet)

カーライフニュース - シボレー(Chevrolet)

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

シボレー コルベット 新型、コンバーチブルの設定が決定

by 森脇稔 on 2019年07月23日(火) 11時30分

GMのシボレーブランドは、新型『コルベット・スティングレイ』(Chevrolet Corvette Stingray)の発表プレゼンテーションにおいて、「コンバーチブル」を近い将来、設定すると発表した。

過去のコルベットには、オープン版のコンバーチブルが用意されてきた。例えば、先代モデルのルーフシステムは、走行中でも50km以下なら、開閉することができる設計とした。

また、先代モデルには、厚い三重構造の布地を採用して、防音効果を高め・・・

ニュースを読む

GMのシボレーブランドは7月19日、新型『コルベット・スティングレイ』(Chevrolet Corvette Stingray)の予約受注を米国で開始した、と発表した。

新型コルベット・スティングレイは、従来のフロントエンジンレイアウトから、ミッドエンジンレイアウトに変更した。8世代目、およそ65年の歴史を持つコルベットだが、ミッドシップ化は歴代初となる。

新型コルベット・スティングレイのミッドシップには、直噴6.2リットルV型8気・・・

ニュースを読む

GMのシボレーブランドは7月18日、新型『コルベット・スティングレイ』(Chevrolet Corvette Stingray)を米国で発表した。コルベットでは初めて右ハンドル仕様が生産され、日本市場に導入される予定だ。

コルベットは、米国を代表するスポーツカーだ。現行コルベットは7世代目モデルで2013年1月、米国で開催されたデトロイトモーターショー2013で発表された。このコルベットが6年半ぶりにモデルチェンジを行い、新型が7月1・・・

ニュースを読む

GMのシボレーブランドは、7月18日に初公開する予定の新型『コルベット』(Chevrolet Corvette)に、「スティングレイ」のサブネームを冠すると発表した。

コルベットは、米国を代表するスポーツカーだ。現行コルベットは7世代目モデルで2013年1月、米国で開催されたデトロイトモーターショー2013で発表された。このコルベットが6年半ぶりにモデルチェンジを行い、新型が7月18日に初公開される予定だ。新型コルベットは8世代目モデ・・・

ニュースを読む

GMのシボレーブランドは7月8日、新型『コルベット』(Chevrolet Corvette)にミッドエンジンレイアウトを採用すると公式に発表した。

コルベットは、米国を代表するスポーツカーだ。現行コルベットは7世代目モデル。2013年1月、米国で開催されたデトロイトモーターショー2013で発表された。

このコルベットが6年半ぶりにモデルチェンジを行い、新型が7月18日に初公開される予定だ。新型コルベットは8世代目モデルになる。

シ・・・

ニュースを読む

シボレー『コルベット』次期型プロトタイプが、ニュルブルクリンクでの高速テストに姿を見せた。

シボレーコルベットは、1954年に初代がデビューした伝統のアメリカンスポーツだ。「C8」世代となる次期型では、歴代ではじめてミッドシップレイアウトを採用することで話題となっている。

ニュルで捉えた最新プロトタイプは、現行モデルよりシャープな市販型ヘッドライトを装備。フィンを備えるメッシュのコーナーエアインテークや、アグレッシブなスプリッター、・・・

ニュースを読む

GMは6月28日、現行シボレー『コルベット』(Chevrolet Corvette)の最終モデルを米国コネチカット州で開催された自動車オークション「バレットジャクソン」に出品し、270万ドル(約2億9135万円)で落札された、と発表した。

このコルベットの最終モデルは、2019年型の『Z06』で、ブラックのボディカラーの1台だ。270万ドルの落札価格は、自動車メーカーが寄贈した車両としては、バレットジャクソン史上、最高値記録になるとい・・・

ニュースを読む

ホンダ(Honda)の米国部門、アメリカンホンダは6月18日、ホンダの米国進出60周年を記念して、進出当時にアメリカンホンダが使用していたシボレーのピックアップトラックをフルレストアした、と発表した。

◆1959年の米国進出当時は二輪車を販売

ホンダは1959年、米国市場に進出した。2019年は、ホンダの米国進出60周年となる。ホンダは米国現地法人として1959年、カリフォルニア州ロサンゼルスにアメリカンホンダを設立した。1959年・・・

ニュースを読む

シボレー トレイルブレイザーに初のHV? 次期型プロトをキャッチ

by Spyder7編集部 on 2019年06月08日(土) 15時00分

GMがシボレーブランドで販売するミッドサイズ・クロスオーバーSUV、『トレイルブレイザー』次世代モデル開発車両をカメラが初めて捉えた。

トレイルブレイザーは、『ブレイザー』の上位モデルとして誕生。2001年から2008年まで主に北米市場にて販売。ブレイザーと『タホ』の中間的サイズで日本でも人気となり、2012年に登場した2代目では、北米を除く世界各国へ投入、「コロラド」ピックアップをベースとし、フロントエンドを共有。パワートレインは2・・・

ニュースを読む

ゼネラルモーターズ・ジャパン(GMジャパン)は、シボレー『カマロ』にネオンカラーのスペシャルモデル「ショックエディション」を設定し、6月1日より35台限定で発売する。

限定車はネオンカラーの新色「ショック(SHOCK)」をボディカラーに採用し、カマロに刺激的で圧倒的なインパクトを付与。また、スタイリッシュに引き締めるブラックホイール(SSのみ)を装着するほか、質感の高さとコントラストを強調するジェットブラックのインテリアを採用し、カマ・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2018-2019
ただしがe燃費を使ってみるようです
e燃費アプリ

車レビュー

久保田

デミオ1.5D AT 10万Km燃...

車種名:マツダ デミオ (ディーゼル)
投稿ユーザー:久保***** さん
総合評価:

デミオ1.5D  10万Km燃費データー 走行距離      ...[ 続きを見る ]

ねばくん

燃費が悪化する条件が見えてきました...

車種名:スズキ ハスラー
投稿ユーザー:ねば***** さん
総合評価:

使用グレード:G 5MT あちらこちらの道路を走って、燃費悪化の条件が...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2019 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針