シボレー(Chevrolet)

カーライフニュース - シボレー(Chevrolet)

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

GMのシボレー(Chevrolet)ブランドは8月26日、次期『ボルトEV』とその派生車種の『ボルトEUV』を、2021年から生産すると発表した。

ボルトEVは、シボレーブランドの小型の5ドアハッチバックEVだ。シボレーは、プラグインハイブリッド車(PHV)の『ボルト』もラインナップしており、ボルトEVの投入で、電動モデルのラインナップを強化した。

ボルトEVは、高性能なモーターを1個搭載する。最大出力は200hp、最大トルクは36・・・

ニュースを読む

ゼネラルモーターズ・ジャパン(GMジャパン)は27日、シボレー新型『コルベット』の国内における仕様および価格を決定。またコルベット史上初のハードトップを採用した「コルベット コンバーチブル」を日本市場に導入すると発表した。

日本市場へはコルベットブランド初の右ハンドルを導入するほか、クーペモデルには「2LT」および「3LT」の2トリムを用意する。価格はクーペ 2LTが1180万円、クーペ 3LTが1400万円、コンバーチブルが1550・・・

ニュースを読む

シボレー コルベット に2021年型、最高速312km/h…米国発表

by 森脇稔 on 2020年07月10日(金) 19時30分

GMのシボレーブランドは7月8日、新型『コルベット・スティングレイ』(Chevrolet Corvette Stingray)の2021年モデルを米国で発表した。

新型コルベット・スティングレイは、従来のフロントエンジンレイアウトをやめ、ミッドエンジンレイアウトを採用しているのが特長だ。8世代目、およそ65年の歴史を持つコルベットが、ミッドシップ化されるのは、歴代初となる。

◆3種類のレーシングストライプを新設定

2021年モデル・・・

ニュースを読む

シボレー コルベット 新型に2021年モデル、ティザー映像

by 森脇稔 on 2020年07月08日(水) 10時15分

GMのシボレーブランドは7月7日、新型『コルベット・スティングレイ』(Chevrolet Corvette Stingray)の2021年モデルのティザー映像を、公式ツイッターを通じて配信した。

新型コルベット・スティングレイは、従来のフロントエンジンレイアウトをやめ、ミッドエンジンレイアウトを採用しているのが特長だ。8世代目、およそ65年の歴史を持つコルベットが、ミッドシップ化されるのは、歴代初となる。

この新型コルベット・スティ・・・

ニュースを読む

ゼネラルモーターズジャパン(GMジャパン)は、車内の除菌・抗菌・消臭と、臭いの元や菌・ウイルスを持続的に抑制する新アフターサービス「パーマセーフ(PermaSafe)」を6月12日より全国のキャデラック・シボレー正規ディーラーネットワークで開始する。

パーマセーフは、米国で話題の除菌・抗菌剤。化学物質を一切使わず、特許を取得した「電気機械的」なプロセスによって、ウイルスや菌、バクテリアなどの病原体を除去し、悪臭やアレルギー物質を排除す・・・

ニュースを読む

シボレー カマロ、Apple CarPlay & Android Autoを継続採用 価格は改訂

by 纐纈敏也@DAYS on 2020年06月09日(火) 21時30分

ゼネラルモーターズジャパン(GMジャパン)は、シボレー『カマロ』およびラリーグリーンメタリックの限定モデル「カマロ・ヘリテージエディション」の一部仕様および価格を改訂し、8月下旬よりデリバリーを開始する。

今回、搭載予定だった通信車載ナビ「クラウドストリーミングナビ」に代わり、従来通りのApple CarPlay & Android Auto対応のインフォテイメントシステムに変更した。

また、カマロのボディカラー設定は当初5色の予定・・・

ニュースを読む

シボレー コルベット 新型、噂のPHEVバージョンをスクープ!?

by Spyder7編集部 on 2020年03月24日(火) 08時00分

日本でも正式発表となったばかりのアメリカンスポーツの代名詞、シボレー『コルベット』新型。そのプラグインハイブリッド版と思わしき謎のプロトタイプをカメラが捉えた。

なぜ謎かというと、シボレーはPHEV版の噂がでるとすぐにそれを否定していたからだ。捉えたプロトタイプは、後部にエミッションテストデバイスが取り付けられている。カメラマンによると、排気フローアナライザーツールを介して排気をおこなうリグ付き排気システムだという。

またオレンジ色・・・

ニュースを読む

GMは2月16日、アジア・オセアニア地域の事業を大幅に縮小すると発表した。

今回の発表では、オーストラリアとニュージーランドにおける販売、開発、エンジニアリング事業を縮小する、とし、2021年までに現地のホールデンブランドを廃止することも発表された。

また、タイのラヨーン工場を、中国の自動車メーカーの長城汽車に売却する。さらに2020年末までに、タイの国内市場からシボレーブランドを撤退させる。

その一方、日本などの規模が大きくない・・・

ニュースを読む

シボレー コルベット 70年代から現在まで[ヒストリー]

by 高木啓 on 2020年02月08日(土) 12時45分

シボレーは2019年7月にミッドシップエンジンを搭載した『コルベット・スティングレイ』クーペ新型を発表、さらに10月、コルベット史上初のハードトップ・コンバーチブルの「コルベット・スティングレイ・コンバーチブル」を発表した。

コルベットは1953年1月に登場した。ボディは、最初の10年間はコンバーチブルで、固定式屋根をもつクーペは1963年に第2世代として発表されている。

1953年のデビュー以降、1977年に50万台目、1992年・・・

ニュースを読む

シボレー コルベット 初代から60年代まで[ヒストリー]

by 高木啓 on 2020年02月07日(金) 12時45分

ゼネラルモーターズ・ジャパンは、米国を代表するハイパフォーマンス・スポーツカーのシボレー『コルベット・スティングレイ』を、1月10日に東京オートサロン2020で日本初公開し、同日より予約受付を開始した。

「コルベット」は、おそらく世界で最も長く同一名称で継続して生産されているスポーツカーだ。シボレー・コルベットは1953年1月17日に、ニューヨークで開催されたGMの“モトラマ”ショーでコンセプトカーとしてデビューし、6月30日から30・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2019-2020
ただしがe燃費を使ってみるようです
e燃費アプリ

車レビュー

love-ski-hokkaido

燃費いいですよ

車種名:マツダ CX-5 (ディーゼル)
投稿ユーザー:lov***** さん
総合評価:

CX5の2.2Lディーゼル4WDです。 根室から札幌まで片道500kmを...[ 続きを見る ]

kota

燃費モンスターです

車種名:トヨタ ヤリス (ハイブリッド)
投稿ユーザー:kot***** さん
総合評価:

納車後、1週間が経ってのレポートです。 毎日のように遠出して1000キロ...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2020 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針