豊田合成

カーライフニュース - 豊田合成

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

豊田合成は、車のフロントを彩る「LED発光エンブレム」を開発したと発表。本製品は、中国・東風汽車が電気自動車(EV)を中心に展開する新たな高級車ブランド「VOYAH」から2021年以降に発売される複数の車種に搭載される予定だ。

豊田合成は最大市場の中国を重点の一つに据えて、現地の顧客ニーズに応える高付加価値な製品を提供しており、今回、東風汽車の新たな挑戦を支える戦略パートナーの1社に選ばれた。東風汽車は7月に開催した新ブランド戦略発表・・・

ニュースを読む

豊田合成は、同社主力製品であるエアバッグ生地の廃材を活用した丈夫で汚れにくいエコバッグを製作し、イオンモール運営のショッピングモール「mozoワンダーシティ」(名古屋市西区)にて発売する。

豊田合成は、事業活動を通じて社会課題の解決に貢献するとともに持続的な成長を目指すSDGs経営に取り組んでいる。特に一連の生産活動における環境負荷の低減に注力しており、同社製品の主材料であるゴムや樹脂のリサイクルによる廃棄物の低減などを進めてきた。今・・・

ニュースを読む

豊田合成、新型コロナ減販影響で営業赤字98億円 2020年4-6月期決算

by 纐纈敏也@DAYS on 2020年08月04日(火) 14時30分

豊田合成は、2020年4〜6月期(第1四半期)の連結決算を発表。新型コロナウイルスによる減販影響により98億円の営業赤字となった。

売上収益は、中国における主要顧客の自動車生産台数の増加はあったものの、その他の地域全般で新型コロナウイルスによる減販影響等があり、前年同期比46.9%減の1112億と大幅な減収となった。利益については、緊急収益対策の実施に加え、昨年12月にドイツの生産子会社を連結から除外したことによる反動等はあったものの・・・

ニュースを読む

豊田合成とOssia、マイクロ波給電技術を共同開発---車内の快適性を向上

by レスポンス編集部 on 2020年08月01日(土) 11時15分

豊田合成は7月30日、車室内の快適性の向上や、スマートシティのインフラとしての活用などを視野に、次世代のワイヤレス給電であるマイクロ波給電の独自技術を持つ米国Ossiaと、共同開発する契約を締結したと発表した。

豊田合成はマイクロ波給電の応用拡大に向けた協業を円滑に進めるため、ベンチャー投資の専門組織を活用して2019年9月にOssiaに出資した。今回、両社は共同開発契約によってパートナーシップを深化させ、オープンイノベーションを加速・・・

ニュースを読む

豊田合成は7月22日、青色LEDの開発・生産で培った技術を活用し、水や空気などの殺菌に用いる「深紫外LED光源モジュール」を開発したと発表した。

深紫外LEDはウイルスや細菌の遺伝子情報を壊す波長の短い紫外線を発するLED。環境への影響が懸念される水銀ランプに替わる新たな殺菌用光源として期待されていることから、同社ではその普及を目指し、防水・放熱などの機能を備えたモジュールやユニットでの製品開発を進めてきた。

今回同社はバイオメディ・・・

ニュースを読む

豊田合成、エアバッグ生地を使って防護服を製造---医療機関に提供

by レスポンス編集部 on 2020年06月01日(月) 16時00分

豊田合成は5月29日、主力製品であるエアバッグの生地を使って製造した防護服200着を名古屋大学医学部附属病院などの医療機関に提供したと発表した。今後も順次、医療機関などの要望に応じて提供する。

同社では、医療資材不足の解決に貢献するため、主力製品であるエアバッグの生地を用いた防護服を生産した。エアバッグの生地は、ナイロンをシリコンでコーティングしており、空気を通さないため、防護服として活用でき、洗って繰り返し使用することも可能。

今・・・

ニュースを読む

豊田合成、新型コロナウイルスのPCR検査車両を東京都医師会に提供

by 纐纈敏也@DAYS on 2020年05月08日(金) 06時30分

豊田合成は、トヨタ自動車およびトヨタグループ各社と新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の診断や治療にあたる医療現場を支援する取り組み「ココロハコブプロジェクト」の一つとして、5月7日にPCR検査車両(1台)を東京都医師会に提供した。

検査車両は、現在新型コロナウイルスの医療現場最前線での検査課題解決に貢献していきたいとの想いから、日頃同社が「電気で動く次世代ゴムe-Rubber」の医療デバイス等を共同で開発しているネットワーク・・・

ニュースを読む

豊田合成は4月30日、2020年3月期(2019年4月〜2020年3月)の連結決算を発表。事業整理損失計上にコロナ禍の影響も加わり、営業利益は前期比51.0%減の178億円と大幅な減益となった。

売上高は、ドル安や元安による為替影響や年明け以降の新型コロナウイルス感染拡大による自動車生産台数の減少により、同3.3%減の8129億円となった。利益については、減販影響に加え、ドイツの生産子会社である豊田合成メテオール全株式を外部に譲渡し、・・・

ニュースを読む

豊田合成は4月8日、クラウドやエッジのデータを活用したサービスソリューションを提供するスタートアップのウフルに出資したと発表した。

ウフルは、IoT分野におけるサービスやソリューションの開発などで実績を持つスタートアップで、2006年設立。

豊田合成は中長期経営計画(2025事業計画)で「イノベーション・新モビリティへの挑戦」を活動の柱の1つに掲げており、コア技術を活かした新領域での事業化、CASE(コネクテッド・自動運転・シェアリ・・・

ニュースを読む

レクサス LM、豊田合成の超大型スピンドルグリルを採用

by 纐纈敏也@DAYS on 2020年03月26日(木) 19時30分

豊田合成は3月26日、同社の超大型スピンドルグリルが、トヨタ自動車が中国で発売を開始したレクサス『LM』に採用されたと発表した。

レクサス LMは、レクサスブランド初のミニバン。トヨタ『アルファード』をベースに、2列4人乗りと3列7人乗りレイアウトを設定する。大型の液晶ディスプレイや冷蔵庫など、様々な快適装備を採用。最上級の空間を提供する。

これまで同社は、樹脂の成形技術、めっきや塗装などの加飾技術を駆使し、レクサスブランドのフロン・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2019-2020
ただしがe燃費を使ってみるようです
e燃費アプリ

車レビュー

トトロ

燃費は上々

車種名:マツダ アクセラスポーツ (ディーゼル)
投稿ユーザー:トト***** さん
総合評価:

現在片道30キロの通勤で利用しています。通勤路は走りやすい農免道やバイパ...[ 続きを見る ]

カンノマン

デイズハイウエイスター(B21W 4WD)からデイズハイウエイスターシン...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2020 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針