ヴァレオ

カーライフニュース - ヴァレオ (2ページ目)

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

フランスの大手自動車部品メーカーであるヴァレオは、人とくるまのテクノロジー展2019名古屋の特設会場で開催された企画展に出展。2020年より量産を開始する同社の第2世代LiDARである「SCALA2」を展示し、さらにその先のMEMS型の第3世代モデルにも触れた。

ヴァレオは自動運転関連や48Vの関連のテクノロジーで他社をリードしていることで知られるが、LiDARについてはレベル3自動運転を実現したアウディA8に搭載。世界で初めて量産車・・・

ニュースを読む

ヴァレオジャパンは、内閣府を中心に実施する「戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)第2期/自動運転(システムとサービスの拡張)」に加わり、東京臨海部における自動運転の実証実験に参加すると発表した。

プロジェクトは、自動運転を実用化し普及拡大していくことで、交通事故の低減、交通渋滞の削減、交通制約者のモビリティの確保、物流・移動サービスのドライバー不足の改善・コスト低減など、社会的課題の解決への貢献を目的に実施するもの。国内外自動・・・

ニュースを読む

市光工業は、5月22〜24日にパシフィコ横浜で開催される「人とくるまのテクノロジー展2019」において、自動運転時代のニーズに応えるライティングや新構造ドアミラーの最新技術を出展する。

同社は今回、自動運転時に車両がドライバーの代わりとなり、光で意思を表現するLED約400個を使用した「コミュニケーション ライティング」の実物大モックアップを展示する。自動運転時においては、ドライバーのアイコンタクトやジェスチャーといった意思伝達は存在・・・

ニュースを読む

ヴァレオは、5月22〜24日にパシフィコ横浜で開催される自動車技術展「人とくるまのテクノロジー展2019横浜」に7年連続で出展し、自動車業界で起きているモビリティ革命の中核である電動化、自動運転、デジタルモビリティに貢献する画期的なテクノロジーを披露する。

日本で初出展となる「幼児置き去り検知システム」は、先進的な生体検知センサーを使ったもの。バイアーイメージング社のレーダーセンサーによって、呼吸により車室内の生体を検知するため、毛布・・・

ニュースを読む

ヴァレオジャパンは5月22日よりパシフィコ横浜で開催される「人とくるまのテクノロジー展2019横浜」に先駆け、同イベントで展示予定の「幼児置き去り検知システム」のデモンストレーションを行った。

「幼児置き去り検知システム」はレーダーセンサーを用いて、座席にいる乗員を検知するシステム。温度や動きを測定することで、車内の子供の位置や状態を把握する仕組みだ。レーダーを用いることで、カメラでは見えない毛布やチャイルドシードのフードの中なども把・・・

ニュースを読む

第17回国際オートアフターマーケットEXPO2019(IAAE2019)に出展したPIAA。同社は「2011年よりフランスのヴァレオ社と協業を行っている」とのことで、展示スペースの大半はヴァレオの製品が占めていた。

世界基準の品質であるという国産車向けクラッチやエアコン、電装部品、そして輸入車用の部品などが、ずらりと並ぶPIAAブース。2017年よりヴァレオ社のアフターマーケット部門の日本拠点となったため、より魅力的な製品とシステムを・・・

ニュースを読む

ヴァレオ、日本国内に自動運転車の開発・評価施設を新設

by 丹羽圭@DAYS on 2019年01月22日(火) 17時00分

ヴァレオジャパンは1月22日、茨城県行方市(なめがたし)に自動運転車の開発・評価を行う「茨城先進運転支援システム開発評価センター」を新設すると発表した。

同センターは、ヴァレオでADAS(先進運転支援システム)を担う「コンフォート&ドライビングアシスタンスシステムズ」の開発センターとなる。ヴァレオジャパンはこれまで茨城県つくば市にある同社「つくばテクノセンター」で、自動駐車システムなど主として低速走行のテストを実施してきたが、日本のカ・・・

ニュースを読む

ヴァレオ(Valeo)は1月8日、米国ラスベガスで開幕したCES 2019において、モービルアイと提携を結び、モービルアイの数理安全モデルに基づく自動運転車の新たな安全規格を共同開発すると発表した。

モービルアイの数理安全モデルは、「RSS」(Responsibility-Sensitive Safety)と呼ばれる。RSSは、論理的に実証可能なルールと定義された回答を使用して、検証可能なモデル内で安全運転の人間の概念を数式化したもの・・・

ニュースを読む

ヴァレオ(Valeo)は1月7日、米国ラスベガスで1月8日に開幕するCES 2019において、最新の自動運転技術を初公開すると発表した。

最新の自動運転技術のひとつが、ヴァレオ「Drive4Uリモート」だ。これは、何らかの手助けが必要な事態が起きた際に、自動運転車を遠隔操作できるシステムとなる。

また、ヴァレオ「ボヤージュXR」も最新の自動運転技術のひとつだ。これは、走行中の自動運転車の乗員の存在を、動かない場所で仮想的に再現できる・・・

ニュースを読む

ヴァレオ、自動運転見据えたV2Xシステム発表へ…CES 2019

by 森脇稔 on 2019年01月08日(火) 17時30分

ヴァレオ(Valeo)は、米国ラスベガスで1月8日に開幕するCES 2019において、テレマティクスプラットフォームに統合されたV2X(車車間・路車間通信)システムを初公開すると発表した。

このシステムは、イスラエルに本拠を置くオートトーク社と共同開発された。オートトーク社は、V2X向けのコンピューターを手がけている。

CES 2019では、ヴァレオのテレマティクスプラットフォームをベースに、オートトーク社のV2X技術を統合したシス・・・

ニュースを読む

e燃費 サイト内検索
e燃費アワード2019-2020
ただしがe燃費を使ってみるようです
e燃費アプリ

車レビュー

ねばくん

CVTフルードを交換しました・・・

車種名:スズキ ランディ
投稿ユーザー:ねば***** さん
総合評価:

CVTフルードの交換が過去されていないことがわかり、 9年目の車検と合わ...[ 続きを見る ]

love-ski-hokkaido

燃費いいですよ

車種名:マツダ CX-5 (ディーゼル)
投稿ユーザー:lov***** さん
総合評価:

CX5の2.2Lディーゼル4WDです。 根室から札幌まで片道500kmを...[ 続きを見る ]

EV充電スタンド検索
水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2020 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針