ボルボ 商用車

カーライフニュース - ボルボ 商用車 (2ページ目)

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

ダイムラー・トラック(Daimler Truck)は12月15日、ボルボグループ、イベコ、シェル、OMVと協力し、欧州での水素燃料電池トラックの普及に向けて、「H2Accelerate」を設立すると発表した。

ダイムラー・トラックは、CO2ニュートラル化に向けた活動を加速している。ダイムラー・トラックは2020年9月、大型燃料電池トラックを公開し、今後の実用テストを経て、2020年代後半に量産開始することを目標に掲げている。

すでに・・・

ニュースを読む

ダイムラートラック(Daimler Truck)とボルボグループ(Volvo Group)は11月2日、燃料電池の量産に向けた合弁事業を設立することで最終合意に達した、と発表した。

両社は合弁事業を通して、大型車両やその他に適用する燃料電池システムの開発、生産と商用化を目指す。ダイムラートラックは現在の燃料電池業務をすべて、この合弁事業に集約する。ボルボグループは、この合弁に6億ユーロを出資する。

また、ボルボグループとダイムラーは・・・

ニュースを読む

いすゞ自動車、ボルボ・グループは10月30日、商用車分野での戦略提携に関する基本契約を正式に締結したと発表した。この提携は20年以上にわたる長期的な協業を目指すとともに、ボルボ・グループ傘下のUDトラックスをいすゞへ譲渡することも含まれている。

いすゞの片山正則社長は同日、オンラインを通じて行った共同会見で「いすゞとボルボ・グループは今後20年間以上の長期にわたり協業を進めていく。いすゞとボルボ・グループは得意な市場と商品が異なり事業・・・

ニュースを読む

ダイムラートラック(Daimler Truck)とボルボグループ(Volvo Group)は4月21日、燃料電池の量産に向けて合弁事業を設立することで合意した、と発表した。

両社は合弁事業を通して、大型車両やその他に適用する燃料電池システムの開発、生産と商用化を目指す。ダイムラートラックは現在の燃料電池業務をすべて、この合弁事業に集約する。ボルボグループは、この合弁に6億ユーロを出資する。

ボルボグループとダイムラーは、独立した企業・・・

ニュースを読む

気になるニュース・気になる内幕。今日の朝刊(朝日、読売、毎日、産経、東京、日経の各紙・東京本社発行最終版)から注目の自動車関連記事をピックアップし、その内幕を分析する新聞ウォッチ。…………

合併や提携の”歳末セール”ではないが、きょうの紙面にはそんな国内外のニュースが際立っている。

まず、トラック大手のいすゞ自動車が、スウェーデンの商用車大手ボルボと業務提携することで合意したと発表。自動運転や電動化などの次世代新技術の開発で協業する・・・

ニュースを読む

いすゞ、ボルボグループ保有のUDトラックス海外事業を譲受へ

by 纐纈敏也@DAYS on 2019年12月18日(水) 16時51分

いすゞ自動車とボルボ・グループは12月18日、商用車分野における戦略的提携に向けた覚書を締結した。ボルボ・グループが保有するUDトラックスおよびUDブランドの海外事業を、いすゞに譲渡するための手続きを開始する。

自動車業界は、100年に一度といわれる大変革期に直面しており、特に商用車分野では、物流業界におけるさまざまな課題や、世界各地の顧客の幅広いニーズに応えるために、先進技術への対応を含めた新たなソリューションの創出が求められている・・・

ニュースを読む

ボルボグループ(Volvo Group)は、10月18日にベルギーで開幕する世界最大のバスモーターショー、「バスワールドヨーロッパ2019」において、新型電動連節バスを初公開すると発表した。

この新型電動連節バスは、ボルボ『7900エレクトリックアーティキュレート』だ。最大150人の乗客を輸送することができる。同クラスのディーゼルエンジン搭載バスよりも、エネルギー消費80%少ないという。

長距離バスのボルボ『9700』も、バスワール・・・

ニュースを読む

ボルボグループ(Volvo Group)は10月3日、「つながる」トラック、バス、建設機械の世界販売台数が100万台を突破した、と発表した。

ボルボグループによると、つながる車両から収集したビッグデータは、アップタイムの向上、排出ガスや騒音の低減、運行の安全性の向上を通じて、生産性の改善に貢献しているという。

例えば、ボルボのコネクテッドバスは、低排出ゾーンや低騒音ゾーン、速度制限エリアといった交通規制を守るために、つながる車から得・・・

ニュースを読む

ボルボグループ(Volvo Group)は6月18日、エヌビディア(NVIDIA)と戦略的提携を結び、自動運転トラック向けのAIプラットフォームを共同開発すると発表した。

ボルボグループでは、公共輸送、貨物輸送、廃棄物処理とリサイクル収集、建設、鉱業、林業などの幅広い分野に、エヌビディアの技術を搭載する自動運転トラックを導入していく。

ボルボグループとエヌビディアは、車載AIコンピューティングのための「DRIVE AGX Pegas・・・

ニュースを読む

ボルボは、運転席のない自動運転EVトラックコンセプトカーの『ヴェラ』(Volvo Vera)が、スウェーデンで実際に荷物を自動運転で運ぶテストを開始すると発表した。

ヴェラは、次世代の3つの大きな技術となる自動運転、コネクティビティ、電動モビリティの利点を組み合わせて、輸送および物流業務における最適なソリューションを提案した1台だ。完全電動トラックとなっており、パワートレインとバッテリーは、ボルボの市販EVトラックと同じものを搭載する・・・

ニュースを読む

EV充電スタンド検索
e燃費アワード2021-2022
e燃費アプリ

車レビュー

CF4152

給油(通算77回目)

車種名:ホンダ シャトル (ハイブリッド)
投稿ユーザー:CF4***** さん
総合評価:

給油(通算77回目)を7/6に行いました。前回の給油から365.7km走...[ 続きを見る ]

のび

新車で購入16年4ヶ月、15万km...

車種名:ホンダ モビリオ
投稿ユーザー:のび***** さん
総合評価:

まだまだエンジン元気でシュンシュン回って燃費もよかったんですが、私もエア...[ 続きを見る ]

水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2022 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針