JSAE 自動車技術会

カーライフニュース - JSAE 自動車技術会

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

公益社団法人自動車技術会(JSAE)は5月22日から24日までの3日間、横浜市のパシフィコ横浜においてて、「人とくるまのテクノロジー展 2024 YOKOHAMA」を開催する。モビリティの未来を支える技術や知識を共有する場として位置づけられているイベントだ。

31回目のリアル開催となる今回は、590社が1378小間に展開し、過去最大規模となる。内56社が初出展だ。今年の展示会は出展者が前年比約90社増え、展示スペースを「ノース」棟に拡・・・

ニュースを読む

自動車技術会(JSAE)は3月25日、「第12回モビリティデザインコンテスト」の表彰式をアルカディア市ヶ谷(東京都千代田区)で開催した。

本コンテストは、中高生にものづくりの魅力を伝え、自動車産業の発展に貢献する人材を育成することを目的としている。2023年11月から募集を開始し、「10年後の暮らしを楽しくする乗り物」をテーマに掲げた今回のコンテストには、全国から378件の応募があった。

審査には自動車・二輪メーカーのデザイナーやエ・・・

ニュースを読む

自動車技術会は、5月24〜26日に国内最大級の自動車技術展「自動車技術展:人とくるまのテクノロジー展 2023 YOKOHAMA」を開催する。会場はパシフィコ横浜(横浜市)、リアル開催は30回目となる。来場者数は約4万人の見込みだ。

今回は自動車部品メーカーや材料メーカー、自動車メーカー、開発ツール会社など、499社、1115小間が出展する(5月9日現在まとめ)。初出展は16社で、世界初公開の製品・技術が13件、日本初公開の製品・技術・・・

ニュースを読む

自動車業界で活動するエンジニアのための自動車技術展「人とくるまのテクノロジー展2023横浜」が5月24日から26日の3日間、パシフィコ横浜で開催される。

リアル開催が30回目となる今回は、初出展16社を含む499社が出展する。EV開発や安全、環境問題解決などに貢献する最新技術を紹介。出展内容には、「世界初」13件、「日本初」21件が含まれる。

また主催者企画展示では、「英知を集結しよう!カーボンニュートラル、その先の循環型社会へ」を・・・

ニュースを読む

自動運転AIチャレンジ2022、アドバンストコース最優秀賞は名大の学生

by レスポンス編集部 on 2023年03月07日(火) 16時45分

自動車技術会は、「第5回自動運転AIチャレンジ2022」(シミュレーション)を開催し、アドバンストコースの最優秀賞・経済産業省製造産業局長賞を、チーム「MizuhoAOKI」が受賞した。

「MizuhoAOKI」は名古屋大学大学院工学研究科モビリティシステムグループ鈴木研究室の学生である青木瑞穂さん。また、チャレンジコースの最優秀賞・経済産業省製造産業局長賞は「千葉工業大学・上田研自律移動チーム」が受賞した。

自動運転AIチャレンジ・・・

ニュースを読む

「“くるまからモビリティ”への技術展」が、11月21日から25日にオンラインで開催される。主催は自動車技術会。

様々な分野の技術とつながることで進化し、利便性や安全性を高めていく自動車。「“くるまからモビリティ”への技術展」は、従来の業界の枠組みにとらわれず、自動車以外の技術領域の「知」を学び連携を深め、将来のモビリティに必要な技術を共につくっていくことを目指し企画された。

出展社エリアでは、自動運転、コネクテッド、IoT、AI、電・・・

ニュースを読む

学生が小型フォーミュラマシンを持ち寄り、そこから生まれたものづくりのアイデアや技術を競い合う「学生フォーミュラ日本大会2022」(主催:自動車技術会)が9月6日から10日、エコパ(静岡県小笠山総合運動公園)で3年ぶりにリアルで開催された。

このイベントのルーツは1981年にアメリカで開催された「Formula SAE」で、日本では2003年からほぼ同じルールの下で開催されてきた。学生に対してものづくりの機会を与えることが目的で、大学や・・・

ニュースを読む

自動車技術会(自技会)、東京都市大学(都市大)、日産自動車の3者は8月27日・28日の2日間、「エコ1チャレンジカップ 2022 〜中・高校生による手作り電気自動車コンテスト〜」を開催する。

本コンテストは、規定のバッテリーを搭載した電気自動車(EV)によって電気エネルギーの効率的な活用を学び、「走る・曲がる・止まる」という自動車の基本性能を競うことに加え、エネルギーの尊さと技術の重要性を楽しみながら理解すること、また、その体験を通じ・・・

ニュースを読む

自動車の排気管、マフラー。自分だけのマフラーを作って、調節して音を変える。水素燃料電池で車を走らせる。2WDと4WDの違いを模型で知る。自動運転自動車をプログラムして走らせる。---これら全部、小学生が自分の手を動かして実際に楽しむプログラムだ。

自動車技術会は7月29〜30日の2日間、小学生を対象とした学習イベント「キッズエンジニア2022」をパシフィコ横浜で開催中だ。自動車関連企業や団体が様々な教育プログラムを企画・提供し、子ども・・・

ニュースを読む

公益社団法人自動車技術会は6月27日、自動運転AIチャレンジ2022(インテグレーション)決勝を東京大学生産技術研究所(柏キャンパス)にて開催した。2019年に第1回が同地で開催されて以来、第4回目となる本イベントは実に3年ぶりのリアル開催となった。

このイベントは自動走行モビリティを活用した走行競技として開催されるもので、CASE、MaaSと呼ばれる新たな技術領域において、今後の自動車業界を牽引する技術者の発掘育成を目的として実施さ・・・

ニュースを読む

EV充電スタンド検索
e燃費アワード2022-2023
e燃費アプリ

車レビュー

ゆきさん1979

初代のシエンタから、2代目登場と同時に乗り換え。エクステリアは賛否両論あ...[ 続きを見る ]

cap

燃費

車種名:ルノー キャプチャー(ハイブリッド)
投稿ユーザー:cap***** さん
総合評価:

20〜23km/L 冬と夏は燃費が下がるが予想よりは良かった 街なかで見...[ 続きを見る ]

水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2024 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針