トヨタ紡織

カーライフニュース - トヨタ紡織

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

国内の主要自動車メーカー9社のインテリアデザイナーが集結した団体であるJAID(Japan Automotive Interior Designers)とアパレルの株式会社ワールドは、6月22日、ワールド北青山ビルにて異色のファッションショー&ミートアップパーティー「HORUMON NIGHT」を開催した。

イベントのメインコンテンツは廃材を使ったファッションショー。「HORUMON NIGHT」は“ホルモン=放るもん”から命名された・・・

ニュースを読む

トヨタ紡織は、5月22〜24日にパシフィコ横浜で開催される自動車技術展「人とくるまのテクノロジー展2024」に出展する。サステナブルな社会に貢献するという考えのもと、カーボンニュートラルやサーキュラーエコノミーの実現に向けた取り組みや製品・技術を紹介する。

主な展示品としては、温熱快適性と省エネルギーを両立した「サーマルコンフォートシート」がある。このシートは、背もたれと座面にシートヒーターやシートベンチレーションシステムを備え、首元・・・

ニュースを読む

自動車シートや内装部品の大手メーカーとして知られるトヨタ紡織は、ジャパンモビリティショー2023に出展し、同社が考える未来のモビリティライフをテーマとして自動運転を想定した近未来の移動空間や電動化対応製品などを展示した。

ブースの中央に展示されていたのは、自動運転シャトルのインテリアのコンセプト「MX221」だ。自動運転レベル4を想定したライドシェアモビリティのための車室空間の提案であり、担当者によると、このMX221はトヨタグループ・・・

ニュースを読む

トヨタ紡織は、10月25日から(一般公開は28日から)11月5日まで、東京臨海新都心の東京ビッグサイトを中心に開催される「ジャパンモビリティショー2023」にて、近未来の移動空間などを紹介する。

今回の展示テーマは「トヨタ紡織が考える未来のモビリティライフ」。自動運転を想定した近未来の移動空間や電動化対応製品などを展示する。

「MX221」は、自動運転レベル4を想定したライドシェアモビリティのための車室空間だ。シートのモジュールや構・・・

ニュースを読む

愛知県岡崎市の家具メーカー、コトブキ工芸はオリジナルブランド『iebito』より、同ブランドがトヨタ紡織とコラボした新商品の先行販売を7月14日より開始した。岡崎の町工場がトヨタ紡織と共創し、未来の子どもたちに環境資源を残すための取り組みに挑戦する。

◆熟練の職人と上質なシートのコラボ
「iebito」は、同ブランド人気シリーズの遊べるクッション『PLAYクッション』や、 PLAYクッションを車に見立てた『PLAYクッションKURUM・・・

ニュースを読む

トヨタ紡織は5月24日から26日に開催される自動車技術展「人とくるまのテクノロジー展2023」(パシフィコ横浜)に出展する。トヨタ紡織は「こころ豊かな暮らし」に貢献という考えのもと、インテリアスペースクリエイターとしてめざす空間やコア技術を紹介する。

初の出品となるのがMaaSライドシェア空間コンセプトシート「MX Prime」だ。自動運転レベル4を想定した、都市部ライドシェアモビリティのための車室空間「MX221」の最上位グレードシ・・・

ニュースを読む

トヨタ紡織は、5月24日から26日までパシフィコ横浜(横浜市西区)で開催される自動車技術展「人とくるまのテクノロジー展2023」に出展し、インテリアスペースクリエイターとして目指す空間やコア技術、カーボンニュートラルに向けた取り組みなどを紹介する。

初出展となる「MXプライム」は、自動運転レベル4を想定した都市部ライドシェアモビリティーのための車室空間「MX221」の最上位グレードシート。短時間で快適な仮眠に誘導するシステムのほか、パ・・・

ニュースを読む

トヨタ紡織は、4月18日から27日に開催される「上海モーターショー2023」に出展。都市部シェアモビリティのための車室空間を提案する。

7回目の出展となる今回は、「サスティナビリティ/これまでの100年、これからの100年」をコンセプトに、未来の自動運転を想定した車室空間をはじめ、安全、環境、快適の視点で開発に取り組んだ製品や技術を紹介する。

MaaSシェアライド空間コンセプト「MX221」は、自動運転レベル4を想定した都市部シェア・・・

ニュースを読む

トヨタ紡織がCES 2023で提案したのは、将来の自動運転を想定した車室空間だ。ブースでは「MaaS(Mobility as a Service)」社会に向けた車室空間ソリューションとして2タイプのコンセプトカーを披露した。

◆2030年の自動運転ライドシェアを想定した『MX221』
その一つが2030年の都市内走行を想定したレベル4の自動運転ライドシェアモビリティ『MX221』である。開発のキーワードは「Diversatility」・・・

ニュースを読む

トヨタ紡織は、昨年11月に発表されたトヨタ『プリウス』新型に、同社が開発したシートや内装品などが採用されたと発表した。

トヨタ紡織は、乗り心地性能をさらに向上させ、肩をそぎ落したシンプルな形状のエントリーシートに加え、今回、スポーティーシートを新たに開発。プリウス新型の低車高スタイルでスポーティーな車両コンセプトを実現するために、フレーム構造を変更し、低ヒップポイント(現行比−30mm)のシートとなっている。ショルダー部を張り出し、ス・・・

ニュースを読む

EV充電スタンド検索
e燃費アワード2023-2024
e燃費アプリ

車レビュー

えんちゃんとーちゃん

燃費計算するにあたり

車種名:トヨタ プリウスPHV
投稿ユーザー:えん***** さん
総合評価:

プラグインハイブリッドの場合、フル充電で「80km」は走行できるので、私...[ 続きを見る ]

2024ponchan

昨年初度登録の車です。

車種名:トヨタ パッソ
投稿ユーザー:202***** さん
総合評価:

燃費がいいですね。というのも、丸山モリブデンのプレミアムをエンジンオイル...[ 続きを見る ]

水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2024 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針