物流2024年問題

カーライフニュース - 物流2024年問題

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

TOYO TIRE(トーヨータイヤ)が新しい小型トラック用のタイヤ「DELVEX M135」「NANOENERGY M151 EV」の2製品を発売した。2024年問題をはじめとした、近年の物流業界を取り巻く環境に対処する性能と機能を兼ね備えたタイヤだ。

物流業界の課題となる“2024年問題”への対応、タイヤの技術開発によって解決
報道関係者向けの記者発表では、近年のトラック・バス業界を取り巻く環境の変化の説明からスタートした。はじめに・・・

ニュースを読む

求人増加、物流業界に見るデジタル化の波…リクルート調査

by レスポンス編集部 on 2024年04月25日(木) 09時30分

物流業界において、物流企画関連求人や、「物流のデジタル化」に関わる求人が増加しているという。リクルートは、「物流業界の生産性向上」に関する求人と転職の動向についてまとめ、4月25日に発表した。


●物流の企画、デジタル化に関わる求人が増加
『リクルートエージェント』における求人数推移を見ると、物流企画関連の求人が2014年比で17.49倍、物流のデジタル化に関わる求人が14.76倍に増加した。これは、EC市場の拡大や、消費者ニーズの多・・・

ニュースを読む

今さらながらと、思った人も少なくないだろう。警察庁が、道路交通法の施行規則を改正し、トラックやバスなど大型や中型の車両についても、普通車と同じように、オートマチック車(AT)限定の免許で運転できるようにする新たな制度を導入する方針を固めたという。

きょうの各紙も「免許要件緩和、大型・中型車もAT限定免許」などと大きく取り上げているが、長距離輸送などを担うトラック業界などでは、ドライバーへの時間外労働の上限規制の適用で人手不足が深刻化す・・・

ニュースを読む

観光や路線バスの運転手が不足して、通常運行ができないで減便や廃止が相次いでいるという気の毒なニュースをよく耳にするが、バスを製造する自動車メーカーも共倒れを防ぐためには、やむを得ない苦肉の策なのだろうか。

三菱ふそうトラック・バスが、年内にもバス運転手の人材派遣を始めるという。同社が発表したもので、きょうの各紙にも「バス工場の従業員を運転手に、三菱ふそう検討」などと取り上げている。

自動車メーカーが人材派遣を手掛けるのは珍しいが、子・・・

ニュースを読む

いすゞ自動車、2030年商用モビリティ変革へ---中期経営計画『IX』策定

by レスポンス編集部 on 2024年04月03日(水) 15時37分

いすゞ自動車は、2030年にグローバル市場で「商用モビリティソリューションカンパニー」への変革をめざす中期経営計画「ISUZU Transformation - Growth to 2030(IX)」を策定、4月3日に発表した。


◆商品軸からソリューション軸へ
この計画では、「安心×斬新」な「運ぶ」を創造する新事業として、自動運転ソリューション、コネクテッドサービス、カーボンニュートラルソリューションの3領域を柱に設定。これらを将来・・・

ニュースを読む

2024年4月1日、高速道路での大型トラックの最高速度が、これまでの時速80kmから時速90kmになった。このところの警察庁は、新東名、常磐道、東北道での一部区間で普通車時速120kmの区間を設けるなど、これまでのがちがちの守りから一転、攻めの姿勢をみせている。

とはいえ、大きく重く、衝突時のエネルギーがある大型トラックが事故を起こせば、被害は大きくなる。乗用車や二輪車を走らせる一般ユーザーの我々にとって、最高速度が引き上げられるのは・・・

ニュースを読む

EV充電スタンド検索
e燃費アワード2022-2023
e燃費アプリ

車レビュー

よたろう

キャパシター交換

車種名:マツダ アテンザセダン (ディーゼル)
投稿ユーザー:よた***** さん
総合評価:

2013年9月初年度登録、走行距離8万キロのXDを2月に購入。買って1週...[ 続きを見る ]

運転志

くそtたれ(物理的)

車種名:ルノー トゥインゴ
投稿ユーザー:運転***** さん
総合評価:

車庫の支柱にエ■モンのガレージプロテクタ■コーナー用を張り付けるも…こり...[ 続きを見る ]

水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2024 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針