クーペ

カーライフニュース - クーペ

新型車や試乗記、ハイブリッドや電気自動車などエコカーの最新情報や分析コラムなどのニュース一覧です。

ポルシェは11月28日、初代『911ターボ』を現代的に解釈した「911ターボ・ゾンダーヴンシュ」(Porsche 911 Turbo Sonderwunsch)を、中東ドバイで開幕した「ポルシェ・フェスティバル」で初公開した。

ゾンダーヴンシュとは、スペシャルリクエストを意味する。「ポルシェ・エクスクルーシブ・マヌファクトゥール」事業部が、2021年から開始した新たなカスタマイズプログラムの名称だ。このワンオフモデルは、ゾンダーヴンシ・・・

ニュースを読む

『750S』はマクラーレンのラインナップにおいて、一部の限定車群を除けば最もハイパフォーマンスなスーパースポーツという位置づけのモデルとなる。前身は22年いっぱいまで生産されていた『720S』だ。その去就が注目されていた後継モデルは、激動の時代を戦うために熟成という手法を採った。いってみれば、造り続けて知り尽くした素材の旨味を徹底的に搾り取る作戦でもある。

◆進化のツートップは「軽量化」と「エアロダイナミクス」だが
720Sに対するコ・・・

ニュースを読む

メルセデスAMGの2ドアスポーツカー『GT(AMG GT)』に、新たなラインアップが登場するという。ダウンサイズしたエンジンと、よりシンプルなデザインを持つエントリーモデルにあたり、「GT 43」を名乗ると思われる。プロトタイプをスクープした。

◆直6搭載のエントリーモデルか?
今夏発表された新型AMG GTは、最高出力476psを発揮する「55 4MATIC+」と、最高出力585psを発揮する「63 4MATIC+」をラインナップ、・・・

ニュースを読む

フェラーリは現在、車内コードネーム「F250」と名付けられた新型スーパーカーを開発中だ。ブランド初のハイブリッドカーとして登場した『ラ・フェラーリ』の後継モデルと伝えられており、F1やルマンカーの技術を注ぎ込んだV6ハイブリッドを搭載すると予想されている。

フェラーリは先日、新型『SF90 XXストラダーレ』が、同社のフィロアーノ・トラックにて、公道走行可能なモデルの周回記録を打ち破ったことを明らかにしたが、新型ハイブリッドはその記録・・・

ニュースを読む

マセラティジャパンは11月21日に東京の築地本願寺にて、「マセラティ・グラントゥーリズモ・アジアパシフィック・プレミア」を開催し、新型マセラティ『グラントゥーリズモ』を披露した。

「The Other Just Travel(人生を彩る快適な旅)」をコンセプトとする新型グラントゥーリズモは、スポーツカー特有の高いパフォーマンスと、長距離走行に適した快適性を兼ね備える。さらに、パワフルな内燃機関モデルだけでなく、ブランド史上初の100%・・・

ニュースを読む

ポルシェは11月24日、4ドアスポーツカー『パナメーラ』(Porsche Panamera)の新型を中国上海でワールドプレミアした。

新型パナメーラは、特長的なラインやプロポーションを従来モデルから継承している。新型のボディサイズは全長5052mm、全幅1937mm、全高1423mm。フロントのナンバープレート上部にはエアインテークを追加し、駆動システムに必要な空気を取り込む。サイドビューのウィンドウラインは一新され、4ドアスポーツカ・・・

ニュースを読む

アウディの4ドアEVスポーツカー、『e-tron GT』改良新型と見られるプロトタイプをカメラが初めて捉えた。

e-tron GTは、ポルシェと共同開発したEV専用「J1」プラットフォームを採用し、タイカンと40%のコンポーネントを共有する兄弟モデルとして2021年に発売された。今年9月には、アウディスポーツ40周年を記念して、「アイス・レース・エディション」を欧州99台限定で発売することを発表しているが、いよいよ初の大幅改良が執行さ・・・

ニュースを読む

『ベストカー』12月10日号
発行:講談社ビーシー / 講談社
特別定価:510円(本体464円+税)

『ベストカー』12月10日号でBCスクープ班が「大正解!」と自賛しているのが、ジャパンモビリティショー2023で日産が発表した『ハイパーフォース』コンセプト。BCスクープ班が1年半前にスクープしていた次期『GT-R』そのものなのだ。

ビッグサイトでの取材をもとに、ハイパーフォースがGT-R予告であること、スクープ記事が次期GT-R・・・

ニュースを読む

SUBARUはジャパンモビリティショー2023に、BEVの時代になってもスバルらしい運転する楽しさを表現した『スポーツモビリティコンセプト』を出展。このモデルを手掛けたデザイナーにその思いについて話を聞いた。

◆制約のないことの楽しさと難しさ
----:初めに伺いたいのは、スバルスポーツモビリティコンプセントのデザインコンセプトです。

SUBARU商品企画本部デザイン部担当部長の戸叶大輔さん(以下敬称略):このモデルはBEVなのです・・・

ニュースを読む

トヨタは、ジャパンモビリティショー2023でコンセプトモデル『FT-Se』のデザインを一部公開。FT-SeはTOYOTA GAZOO Racingの思想に基づいた、高性能スポーツBEVモデル。FT-3eと主なコンポーネントを共有しつつ、操縦安定性や空力性能を追求。ワイド&ローのプロポーションや先進的なデザイン、フルデジタルコックピットなどが特徴で、ドライバーと共に成長するクルマを目指している。・・・

ニュースを読む

EV充電スタンド検索
e燃費アワード2022-2023
e燃費アプリ

車レビュー

ジーエスくん

高速道路と一般道路。

車種名:レクサス GS (ハイブリッド)
投稿ユーザー:ジー***** さん
総合評価:

高速道路で、リッター約22キロ、一般道路では、その半分近いリッター11キ...[ 続きを見る ]

龍希

中古ジムニーレビュー

車種名:スズキ ジムニー
投稿ユーザー:龍希***** さん
総合評価:

前オーナーが恐らくガチの人のようでタイヤはトーヨーのTRANPATHの1...[ 続きを見る ]

水素ステーション検索

トップへ

e燃費フッター

Copyright © 2000-2023 IID, Inc. All rights reserved. 会社概要 リリース情報 個人情報保護方針